忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

トヨタ車が急加速するという噂が全米を駆け抜けた。今もってアメリカ人の多くはトヨタ車は危険だというイメージを植えつけられたままだ。
ところが「トヨタ車が急加速する」という実験結果そのものがいい加減な検証による「はじめに結果ありき」のものだったとしたらどうだろう?
実際にそうだったのだ。


トヨタ、米で「電子系異常」に反証の公開実験(Yomiuri Online)

 【ニューヨーク=小谷野太郎】トヨタ自動車は8日、トヨタ車の電子制御システムの不具合で意図しない急加速が起きると指摘された問題を巡り、米カリフォルニア州で公開実験を行った。

 2月の米下院公聴会で、南イリノイ大のデービッド・ギルバート教授の「電子回路のショートなどでトヨタ車の急加速が起きることを確認した」との証言に反論するものだ。

 実験では、「実際には起こりえない」(トヨタ)配線をした場合のみエンジンの回転数が急上昇した。トヨタは、ギルバート教授の実験は意図的なものだったとの立場をとっている。

 実験には、トヨタが検証を依頼した調査会社「エクスポネント社」の技術者や、米スタンフォード大のクリスティン・ゲルデス教授(自動車工学)が同席した。

 アクセルペダルにつながる6本の配線のうち、エンジン制御装置に信号を送る2本を含む計3本をショートさせ、この信号用の2本の配線を一定の抵抗を加えてつなぐなどした場合に、エンジン回転数が急上昇した。つなぐ順序や電圧などが異なれば急加速は起こらなかった。

 ゲルデス教授は、第三者の立場で参加したことを強調したうえで、「誤った解釈で運転者に不安感を与えるのはいかがなものか。安全上の問題は、科学的な根拠と分析に基づいて行われるべきだ」と述べ、トヨタの主張を支持した。

 実験結果を踏まえトヨタは、「トヨタ車の電子制御システムに欠陥を示す証拠はない」と改めて主張している。



南イリノイ大学のデービッド・ギルバート教授の行った検証は検証と呼ぶにはあまりにも恣意的なものだったのだ。はっきり言ってなんの科学的根拠もないのにトヨタ車が危険だと結論づけたこの教授のいい加減さは追及されるべきだ。
実験と称してトヨタのイメージを大きく傷つけたわけで、トヨタはこの自社の製品が急加速するとされてしまった状況で被った被害をデービッド・ギルバート教授に賠償請求するべきだ。

アメリカ社会がなんでここまでの訴訟社会に至ったのか大きな理由がある。相手を訴追しないと自分の過失を認めたことになってしまう風潮があるからだ。今ここでトヨタが反証だけではなく訴追してギルバートなる胡散臭い学者を訴えないと、トヨタは彼の実験結果を放置、すならち認めたと勘違いするアメリカ人たちが出てくる。反証だけではアメリカでは足りない。相手を訴追してコテンパンにしてやっとのことでトヨタ車の安全性を理解するアホもいるのが現実だ。
ミジンコとしては残念なアメリカ社会の一面ではあるが、「沈黙=馬鹿」「相手を攻撃しない=相手の主張を認めたことになる」という現実がある。トヨタには是非にも数十億円規模の賠償請求をこのなにかしらの意図でトヨタ車を貶めたかったギルバート教授に叩きつけて欲しいものだ。

ギルバート教授を追求する過程で彼がどのような企業や政治家と親交があり、どこから研究費を得ていたのかなどが明らかになることも期待したい。
南イリノイ大学のレベル云々を語ってしまうと問題の焦点がズレてしまうのでなるべくは避けたいが、日本人の皆さんにはちょっとだけご説明したい。

反証に参加したスタンフォード大学教授>>>>>>[超えられない壁]>>>配線を変えて検証と称した南イリノイ大学教授

控えめに見てもこの位、科学者としての信用度が違う。
だからといってスタンフォード大教授が無名の南イリノイ大教授よりもなんでも正しいと言っているわけではない。
ただ、社会経験を積んだ皆さんならば、この差をごく自然にご理解いただけるかと。


米公聴会の証言、トヨタが公開実験で反論(日テレNEWS24)
一部抜粋:
トヨタは8日、第三者機関の専門家らを招き、「教授が行った実験手法は電子配線を意図的に変えており、ほかのメーカーでも起こりうる」と反論し、実際にトヨタ以外の車を使って急加速の状況を再現した。


まぁ、まさにトヨタの言うとおりなわけで、どのクルマでも配線を変えれば誤作動を起こす。むしろ配線を変えても誤作動を起こさないクルマなどあるわけないわけで、ギルバート教授はなぜに検証と称してトヨタ車の配線を変えてまで急加速するという結果を導き出したかったのか?トヨタにはそれを追求する権利がある。

拍手[46回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ハンパねぇっす
つまり、公聴会で証言した論出すミスもとい、ロンダ・スミスなるおばはんは、走行中に6本のケーブルから必要な3本を選び出し、ショートさせ、うち2本はさらに適当な値の抵抗をつなぐ、という早業をやってのけた、ってことですな。すげー。

しかし、「信号線に一定の抵抗を加えてつなぐ」って、つまりアクセルペダルを踏んだ状態を別の回路で作り出してるってことかな?
もしかして誤作動ですら無い様な気もするなぁ。
ken_acr99| URL| 2010/03/09(Tue)21:08:27| 編集
おそらく
最初のウサン臭い検証のときに事前に急加速する配線の組み合わせを解った上で検証と称した「急加速演出」を行った可能性が高いです。なので最初に結論ありきなわけです。
こういうことをやられて信用を落とされたトヨタはこのギルバート教授を徹底的に訴追するべきです。アメリカ社会では沈黙や抗戦の意思を示さないと事態が悪化します。このギルバート教授に多額の賠償命令が法廷から下されてはじめてトヨタを信用するドライバーたちだっているはずですから、ここはトヨタには毅然とした法廷での決着を期待したいところです。・・・でもあの社長、妙にソフトなんだよなぁ・・・(ボソ
ミジンコ| URL| 2010/03/09(Tue)21:17:44| 編集
無題
>相手を攻撃しない=相手の主張を認めたことになる

2chの論破厨ですかw
うっちぃ| | 2010/03/10(Wed)15:52:23| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
パイ   *HOME*   田中邦衛虫
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]