忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

このブログをご覧の方々のほとんどは社会人。そんな社会人の皆さんの誰もがご存知のことをブログで語るのもなんだか恥ずかしい気もするけれど、一応、本当に一応、社会常識を皆さんと一緒に再確認したく記事をUPする所存。

えっと、なにかしらのミスをやらかしてしまった場合、当然、先ず最初に取るべき行動は「謝る」、これですな。これ以外は有り得ない。ごくたまに「開き直る」という選択肢を取るDQNは今回は無視。
まぁ、当然のことながら謝罪から入りますわな。

その際に「~~~だとは知らなかった」とか「~~~だとは思わなかった」なんて言い訳は愚の骨頂。謝罪を受ける相手にはそんなことは関係なし。過程ではなくミスしてしまった結果を謝罪する、これ社会人の基本中の基本・・・・ですよね?

さて、もうこのブログに取り上げられる常連中の常連、鳩山由紀夫。「海兵隊が抑止力になっているとは思っていなかった」といった趣旨の弁明をしたのは皆さんもご存知のことかと。正直、これを聞いたときにはひっくり返るかと・・・・・。
自分が沖縄県民だったら興奮し過ぎて倒れてたかもしれない、そんな発言だった。
要は鳩山由紀夫は、海兵隊、基地問題、沖縄県民の苦難の歴史などを勉強する前に延々と国民に約束をしたり、「県外!」と叫んでいたわけだ。どんだけ無責任になればそういうことができるのか知りたいくらいだ。鳩山由紀夫は、約束を破ることにアレルギーさえありそうな日本人には珍しいタイプだと思う。しれ~~~っと嘘をつき、しかも自分では嘘だと自覚していないのだから、本当に珍しいタイプだとつくづく感じる。

ミジンコ自身、自分の人生に照らし合わせてみると、例えば紛争地帯に関わったのも、最初はただの簡単な約束、要は「この地を忘れない」といったことを言ったのがはじまり。それを世界各地でしているものだから、こんな人生に・・・・・がああぁぁぁっ!忙しい!
自分がホワイトバンドを着けて簡単に外したいい加減な人間たちのように生きられればどんだけラクか・・・いや、それは恥ずかしくて切腹モノだ。だから今の自分のままがいいや。

まぁ、半ば望んでやっていることとはいえ、無報酬での中小企業の再建や飲食店のサポートなども手弁当でやっているわけで収支は永久に赤字。それでも自分で偉そうにいうのもなんだが「約束は破ったことがない」、これは自信を持って言える。最初に「ちょっと手伝う」程度の約束をして、その後何年にも渡って手助けをする。「手伝う」と一度言ったのだから再建されるまでは手伝っている。約束というものはそういうものなのだと思う。だから逆に自分の限界を超える量だと感じたときには「手伝う」の提案をしないときもある。相手に気の毒だとは思うが、他の約束が反故になる上にその相手との約束まで破ってしまう可能性は極力無くしたい。

そんな遠回り&かなり不器用ではあるが誇りにはできる生き方をずっとしていきたいミジンコ。
なので鳩山由紀夫の暴力的なまでの能天気な約束には怒りよりもビックリするときさえある。こんなにも簡単に約束とは破られるものなのかと。この前、ちょっと考えてみた。そういえば米国滞在が長い自分は交渉の席で一度でも「トラストミー」と言っただろうかと。そういえば無いのだ(苦笑)
約束を破るつもりで生きているわけではないし、破った記憶もないのだが、よくよく考えてみると「トラストミー」は無い。そういう思わせぶりな言葉が嫌いということもある。

知らなかった、思わなかったで済むことなんて大人の社会ではないはずなのだ。自分の事情で「知らない」だけのことであって、そんな甘えたことは言えるはずもない。

鳩山由紀夫、後々にこう考えるのではないかと見ている。もしかしたら、あの性格なんで公で発言するかもしれない。

「子ども手当てで日本財政が破綻してその当時の子供たちの未来が閉ざされるとは思わなかった

「高速道路の無料化には財源が必要だとは知らなかった

「トラストミーを言ったあとに約束を破ってはいけないとは知らなかった

「自分が内閣総理大臣ができないとは思わなかった

こんなことをいつか言い出すんじゃないかと思えるほどだ。言われたときにはもう手遅れ、日本は致命的なダメージを受けた後だ。
鳩山由紀夫のお勉強の時間に日本人が付き合っていくわけにはいかない。
日本を崩壊させてたまるかってんだ!

拍手[35回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
>自分が内閣総理大臣ができないとは思わなかった

フィギュアスケートでたとえるなら、天才的才能を持った沢山の選手がスピンをくるくる回ってるのを観て、簡単な技だと思ってた子どもみたいなものでしょうね。「自分にもできるかも~」「こんな技大したことない」みたいな。
小説を読んで「自分にも書けるかも」と思い、読むに値しない糞みたいなもの書いて、他人に読ませようとする(しかも誉められようとする)素人とか。
けれど実際にやってみて、心技体がどんだけ要るかわかるという……。
首相(内閣総理大臣)って、はからずもなるものではなく、「首相でなければできないことのために、どす黒い孤独を生きる覚悟で」就任するものだとおもいます。麻生元首相がそう言ってました。

ちなみに、歴代の(今も国民に名を覚えられてるだろう)内閣総理大臣です↓

伊藤博文 大隈重信 原敬 犬養毅 近衞文麿 東條英機 吉田茂 佐藤榮作 田中角榮 中曾根康弘 橋本龍太郎 小泉純一郎 麻生太郎


……濃い。でも、自分が言い出した政策に対して「知らなかったポ~」とは死んでも言わなそうな人ばかりですね。
もぐら| | 2010/05/07(Fri)04:19:43| 編集
選んだ国民も
「民主党がここまでひどいとは思わなかった」
「政権担当能力がないとは知らなかった」
……とか思っているであろうかつて民主党を投票した人達が謝罪しているのを聞いたことがない。

「騙された」「裏切られた」って被害者面している人をみると「投票する前に気付けよ」って思う。
りょみpapa| URL| 2010/05/07(Fri)07:28:04| 編集
↑提灯マスゴミも
そこに含めてやってくれませんか?
「報じた内容をこんなに国民が信じるとは思わなかった」
「切り捨ててた情報がこんなに重要だったとは思わなかった」
「民主党のマニフェストの根拠(裏づけ)を検討する必要性があったとは思わなかった」

民主党もマスゴミも投票した人も、
現実を見ずに何も疑わず妄想の中で生きてるようにしか見えません。
ぱぱいやん| | 2010/05/07(Fri)07:59:32| 編集
モグラさんのコメントで・・・
>小説を読んで「自分にも書けるかも」と思い・・・
耳が痛い(泣) いや、高校で文芸部に入っていて結構色々書いていたもので・・・。
中途で「自己慢だな~」と思いましたので、今は書いてませんが。
そういえば自分は小学生位の時、
「野党だって色々良い事を言っているんだから、一回政権を担当させてみれば良いんだよ。それか当番制で」
なんてとんでもない事をマジで思ってました。
・・・・、高校位で自分の青さに気づきました(笑)
今回の政権交代、つくづく高校生で自分の青さに気づいて良かったなと思います。
肉屋| | 2010/05/07(Fri)10:12:27| 編集
↑↑提灯マスゴミは
「騙された、知らなかった」などとほざく様ならジャーナリスト失格。

分かってて有権者をミスリードしたのなら社会への背信行為。

いずれにしても廃業して詫びるべき。
りょみpapa| URL| 2010/05/07(Fri)12:15:44| 編集
肉屋さん……
自作の小説、詩、歌、脚本・・・などの創作物の類。中高生までなら「若気の至り」ってことで自分を赦してあげましょうよ?


以前、実家で数十年ぶりにその類を発見して悶絶死しそうになったトラウマが……(爆)
りょみpapa| URL| 2010/05/07(Fri)12:24:07| 編集
肉屋さん、りょみpapaさん……
もぐらもそれです……。
自分に経験があるから、身の程知らずにもできると思ったまま首相になっちまった男が、本当に痛いなと……。

中学から高校にかけて、書いてた日記なんて、詩だのなんだの色々書いてて、読むのも捨てるのも恐ろしく、死ぬ前にどげんかせんといかん物ベスト3に入っています。


P.S しかも日記に名前つけてました
・゜゜・(/□\*)・゜゜・
もぐら| | 2010/05/07(Fri)15:37:31| 編集
私も・・・
学生のころ、小説家に憧れ、小説を書いたり、
好きだった女の子に自作の詩を書いて送った
手紙等があったり・・今思うとこっぱずかしいw
あ~でもよかった、このブログの常連さんに
同志がいてw
あ、ちなみに結婚前にそういった恥ずかしい
遺物は焼却しておりますw

・・あ、でも文通体験はブログでUPしちまって
いるな・・しまったw
まんじゅ| | 2010/05/07(Fri)17:25:13| 編集
原動力は何だろう?
アメリカからは受け入れ不可能と言われ、地元からは受け入れを拒否されているにもかかわらず、徳之島に固執するのは何ででしょう?

きっと最後まで、沖縄県民への無責任で押し付けがましい「勝手愛」で押し通すんだろうなあ。。。

付き合ってらんないや
イラシ| URL| 2010/05/07(Fri)22:16:57| 編集
小沢が徳之島を買ってる。
何度もコメントしてしまい申し訳ありません。
なぜ徳之島に固執するのかというコメントがありましたので、出しゃばりとは思いつつ、情報を残させていただきます。ご容赦ください。

2010/2/24の時点で、徳之島のある場所を小沢が買いあさっていたという噂がありました。その買いあさっていた場所が、今回の基地候補です。
下記アドレスはその情報を入手したローカルチャンネルのスクープ報道です。

http://www.youtube.com/watch?v=VgA0S84RUr0&feature=player_embedded#!

ただし、この情報は他のマスコミ新聞社も知っています。マスコミ系の会社に勤める知人が、全く同じことを、購入した土地の金額まで知っていたからです。要するに全くのスクープではなく、同業大手他社が何のつもりか報道せずにいるものを、この番組がつたえたというだけ(?)です。


沖縄の負担軽減とか言ってますが、実際のところ、民主党の合言葉は「小沢さまがお儲けになる」だそうです。
もぐら| | 2010/05/07(Fri)23:05:16| 編集
お、小沢・・・・・。
まったく大手マスコミの行動も国家というよりかは国民への反逆ですな。

小沢一郎という男の本質、また鳩山由紀夫を含めた臆病者たちがなんでこうも基地問題を滅茶苦茶にかき回したのかが見えてきましたね。
ミジンコ| URL| 2010/05/08(Sat)01:41:58| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]