忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋葉原で17名も殺傷した殺人鬼がさ、法廷で遺族や被害者に謝罪めいた言葉を述べたり、自分の性格や生い立ちを説明しているけれどさ、まぁ、弁護士の入れ知恵もあるだろうけれどさ、そんな狂った殺人鬼のことを分析したところで次の事件を防ぐことにつながるのだろうか?
そんな気が全然しない。

無差別大量殺人への抑止力を求めるのならば、あの秋葉原の殺人鬼を苦しめて苦しめて苦しめてから死刑にする方が次のヤツが犯行をためらうかもしれない。無差別通り魔になるようなヤツは被害妄想の結果としてなんの関係もない人々を巻き込んでいるだけのこと。そんなクズ中のクズの分析なんかが次に役立っているのならば何十年も前に通り魔は過去の犯罪となっているはず。

加藤被告とやらがネットの掲示版だとか母親のせいにしていることを知ったところでなんになるというのか?
これでは同じ境遇、同じ経験をした人々を侮辱しているようなものだ。母親から虐待を受けようが、ネット掲示板で馬鹿にされようが、加藤被告以外は誰も通り魔になっていない。

既に秋葉原の事件の模倣犯が出てしまっている。次の通り魔候補が震え上がるくらいの刑罰を加藤被告に宣告したほうがよほど抑止力になる。
加藤被告の場合は冤罪はないわけなのだから遠慮なく苦しめて殺せばいい。別にそれを公開しろとか、YouTubeにUPしろとは言っていない。ただ通り魔の末路は自殺するよりもよほど苦しい目に遭うと広く認知されていけば、人生を悲観した通り魔候補たちは真面目に生きていただけの善良な人々を殺してから自分が死のうとは思うまい。

所詮そういう連中なのだ通り魔なんてものは。加藤被告のように社会になにかメッセージをなんてことを後から言う卑怯者もいるにはいるが、実際には自分の人生がドンづまりだと悲観して誰かを巻き込んで死のうとしただけ。加藤被告には、秋葉原で犠牲になった人々よりも苦しい死に方を与えることこそが応報として妥当だろう。一生懸命に生きていた人々を理不尽な理屈で何人も殺した者が、獄中で散々考える時間を与えられ、更に反省を述べる機会まで与えられて、最期には一瞬で死ねる方法での死では、そりゃ今後も通り魔は出現するだろう。

今の日本の状況、特にマスコミの対応が酷いものなのだが、これでは大量殺人をすると自分のメッセージが全国放送されると告知しているようなもの。つい先日も航空機爆破テロを実行した者が税金で遊覧飛行をプレゼントされていたが、日本ってのはどこまで殺人者を優遇すれば気が済むのか?
通り魔殺人なんてしたら想像するのも恐ろしい刑罰が待っているとする。これはそんなに残酷なルールとは思えない。そんな恐ろしい刑罰に遭いたくなければ通り魔をしなければ良いのだ。

拍手[37回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
同意
「どうしてこんな事件が起きたのか」という、特に被害者や遺族が知りたい疑問を、公判を通じて解消しようという努力は必要かもしれませんが、犯人の助命延命に利用されるだけなら無意味。
残虐な犯人に対しても「残虐な刑罰は禁じるべき」って、理解不能です(冤罪の可能性がない場合)。


江戸時代の、犯罪への処罰と社会貢献を兼ねた金山などでの労働刑って、とても合理的ですよね。
りょみpapa| URL| 2010/07/28(Wed)11:58:20| 編集
無意味な死
というものがあるのかどうかわかりませんが、被害者関係者としては被害者の「無意味な死」を認めたくないのでしょう。それが社会的に意味のある死であって欲しいと願うから真実や真相が知りたいと思うのだと思います。

でも、多分、ある種の「病気」や「欠陥」を抱えた犯罪者を「抹消」し、そういう被害を出さない仕組みを作ることが社会的に意味のあることで、「治療」や「更正」ではない気がします。

ああ、なんて危険な発想でしょう!

でも、仮に仕組みが出来ても被害者関係者は納得できないんだろうなぁ。(お気の毒としか言いようがないです)
イラシ| URL| 2010/07/28(Wed)13:07:05| 編集
裁判所が原因究明の場と化しています
大量殺人の場合、罪を裁く場としての裁判ではなく、殺人動機の分析の場と化している感があります。被告の情状面ばかりにスポットライトを当てるのではなく、被害者たちの無念を被告に償わせる場であるべきです。

殺人事件の場合、無念にも亡くなった方々には発言する場も機会も与えられないのに、加害者が一方的に後付けの言い訳でしかない不幸な生い立ちを延々と語るってパターンが定番化してきたのでどしても苦言を呈したいのです。
どちらの権利を優先すべきか?ということです。

秋葉原の事件ではかろうじて生き延びた方々、すぐ傍にいた友人たちを無残に殺されてしまった方々などが今も苦しみ抜いています。そういった方々のインタビューは聞くに堪えない悲惨さです。加藤被告がベラベラと喋っている内容よりも、(亡くなった方々には不可能ですが)被害者たちの声を被告に叩きつけて罪を自覚させることが先でしょう。今の状況では加藤被告はなんとなく反省しているようにしか見えません。まだ被告は生きたいと願っていたのに殺された方々の無念を理解していないはずです。
ミジンコ| URL| 2010/07/29(Thu)00:05:02| 編集
同じく
私も最近の秋葉事件の裁判はもう殆ど意義が無くなって来てる気がします。とっとと判決出して終わらせろよと。

当時規制だ規制だ!と騒いでダガーナイフだかを規制してましたよね。

で、この度秋葉の模倣犯が出て車で乗り込んで包丁を所持してたらしいですね。次は包丁と車を規制するんでしょうか。

個人的には報道して犯人に秋葉事件の概要を伝えたマスコミを規制した方が良いと思ってますw
G| | 2010/07/29(Thu)01:54:07| 編集
確かに被害者の救済の為に行われているとは思えない
被害者には加害者を輪切りにしていい権利をあたえてもまだ公平とは思えないぐらい。
復讐で丸く収まるとは思わないですが
大きな犯罪になればなるほど犯罪者が守られる気がする
そういえば孫の代まで呪ってやる。って今は言わないのだろうか。
GB| URL| 2010/07/29(Thu)11:01:08| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]