忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

この写真、安倍総理が写っている写真でもワーストワンだ。

先日、数分間の短い尺ではあったが政府が促進する日本からの留学生増加を目的とする番組を録画・視聴した。実のところ元留学生として留学番組だから見たかったというわけではなくて、元NBAプレーヤーである田臥選手が出演するというので見たかったのだ。彼がバラエティーのような番組に出ることはとても珍しくて興味があった。結果は酷いものだった。AKB48のメンバーたちが留学についてのインタビューを行い、田臥選手が答えるという内容ではあったのだが留学を希望している人々にはなんの参考にもならない内容だった。せめて留学に興味がある以前に勉強をちゃんとやってきた女の子たちではないと留学について実のある会話は成立しないだろうに。「留学なにそれ、おいしいの?」といったレベルの女の子たちではどうにもならないということだ。田臥選手が例の恋するフォーチュンクッキーのダンスをやらされていたことには腹が立った。断り辛い状況を作りそういうことを芸能人でもない一流アスリートに無理矢理やらせていることがあからさま過ぎて気分の良い映像では無かった。

その後、更にAKBのメンバーが下村文科相へインタビュー。下村大臣はご子息が留学をした経験があるそうでその成長ぶりを語っていた。これもはっきり言って留学のための参考にはほとんどならない内容だった。要は大人しい息子さんが留学後はハキハキするようになったということなのだが、それが留学のおかげなのか成長とともに大人として自然とそうなることなのかは言い切れないことであり、留学生を増やすための政府協賛の番組としてはまさに税金の無駄使いな番組だった。

なぜ留学のイメージとはほど遠いAKBなのだろうか?日本からの留学経験者や海外大学経験者の帰国子女の方がよほど具体的な内容を語れるであろうし番組も建設的な内容となったことだろう。そういう経歴のタレントたちは山ほどいるわけで、なぜ留学促進にAKB?という疑問は拭えない。

2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会の理事にAKB48の総合プロデューサーで作詞家の秋元康さん(55)を起用する方針が固まったのだそうな。オリンピックのときには60過ぎになるアイドルに特化したプロデューサーをオリンピック・パラリンピックの理事に起用する意味があるのだろうか?オリンピックとはそういうものなのだろうか?この人事には異議ありだ。

500億円もの予算をつぎ込んでいる海外に日本の良さを伝えるとかいうプロジェクト「クール・ジャパン計画」にもAKBだ。サンフランシスコだったかのバスの側面にAKBのチンチクリンな女の子たちの姿がプリントされている光景はめまいがした。政府がクール・ジャパンなどいう明後日の方向のことをやらずとも日本発で人気のアーティストたちは何組もいるし、「Kawaii(かわいい)」はパリでも人気のフレーズだ。民間の方がよほど成果を上げていることをわざわざ莫大な予算を使って行い、しかも推しているのがAKBグループとはまるで悪夢だ。

安倍総理が個人的に秋元康なるプロデューサーと懇意だからといって上記したようなことの連続では総理による政府の私物化であり民間との癒着と捉えられても仕方がないことだ。基本的に安倍総理がミーハーではあるとはずっと以前から感じてはいる。意外だったのは2度目の総理になってからもその姿勢を正そうともしていないところだ。安倍総理、浮かれ過ぎではないだろうか?もっと自分の足元を総理は見るべきだ。どんどん安倍総理を支えてくれていた優秀な人材たちが安倍総理に失望して去っていることに気がつくべきだ。そして寄っていくのはいつの世も権力の下での利権に与ろうとするセコい連中たちだ。握手会などというシステムを構築して楽曲の本来の人気とはまったく別のところでCDセールスを増加させ、莫大な利益を上げている人物が本当の名プロデューサーだと考えられるだろうか?購入者本人たちの意思だということを言い訳にして一人が何百枚もの同じCDを購入することが健全だろうか?そんなシステムを作り上げた張本人がプロデュースしているAKBというアイドルグループが先頭に立ち、留学生増加だって?クールジャパンだって?オリンピックだって?安倍総理!こんな記念写真を撮っているあなたは大嫌いだ。このブログを書いている人間が誰なのか政府関係各位どご存知の方々も少なからずいることだろう。これは当ブログ管理人であるミジンコの本心だ。こんな記念写真を撮っている安倍総理は軽率だと心から思う。本当は政府の関係各位も同じ思いの者たちは少なくないことだろう。そろそろ安倍総理を諌める時が来たということだ。これは断言できる。アベノミクスだって褒められたような成果は上げておらず、海外投資家たちの半数がアベノミクスは成功していないと挙手したあの竹中平蔵スピーチの場は皆さんご存知のはずだ。あの場にいた我々の焦燥感の一部でも安倍総理が感じておられるのか今は疑問だ。安倍総理が本当の味方たちの諫言を嫌い、そういう代えがたい者たちを排除するというのであればそれまでのこと。愚かなリーダーと化した安倍総理は放っておいてそれでも日本のために頑張ればいいだけのことだ。

拍手[47回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ショービズの成功者ではあると思う>秋元氏
古くはおにゃんこクラブ、現在はAKB、芸も美貌も素人に毛が生えた程度の女の子を集めて世のアフォどもから金を巻き上げる手腕は大したものだと。

かと思えば美空ひばりの「川の流れのように」なんて良い詞も書くから侮れない。好き嫌いは別にして、多才な人だなぁ、と。

でも政治に絡めて欲しくないのは激しく同意。秋元氏がアフォから巻き上げるのは個人の勝手で好きにすりゃ良いと思うが、税金をこいつらに使うんじゃねぇぇぇええっ!
りょみパパ| | 2014/03/14(Fri)00:37:16| 編集
 カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]