忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

事実であるならば吐き気がするほど酷い話だ。自民党・渡辺美樹議員が経営していた飲食大手のワタミの管理職社員たちが開廷前の裁判所の入り口を社員で塞ぎ、入り口が開くと同時に傍聴席を占領したというのだ。これは明らかに原告側の傍聴者を傍聴席に座らせない為としか思えない。法律で決められていないことならばなにをやっても良いのだろうか?ワタミ社員たちはそれをYESと言うのかもしれないが世の中には法律で定めなくとも常識の範囲内で控えるべきことがある。それが節度というものだ。原告側の関係者の方々にも傍聴する権利がある。人数にモノを言わせてこのように原告関係者たちを排除するなんてことが許されて良いわけが無い。断じて無い!



ワタミが裁判で傍聴席を占領して原告側を追い出しにかかった!「ワタミ出て行け」と罵声が飛びかう事態に(netgeek)

渡辺美樹が経営する飲食大手のワタミが裁判にて原告側の傍聴者を追い出すために、裁判所の入り口を社員で塞ぎ、入り口が開くと同時に傍聴席を占領したと話題になっている。twitterでは複数の人物がワタミ側の不自然な行動を目撃したと証言しており、あまりにも卑怯な手口だと非難轟々で炎上している。

法の下の平等とは名ばかりで、ルールに制定されていないことなら何でもありと捉えているのだろうか。ワタミの悪質すぎるやり方に現場に居合わせた人は怒り心頭の様子だ。和民で正社員として仕事をしていて犠牲になった森美菜さん(当時26歳)もこれでは報われない。



ソース元に多数のツイートが掲載されている。それだけ多くの別アカウントが同時に同じような目撃証言をしているのでその状況報告は信頼に値する。まったくもって聞くに堪えない話だ。

勿論のことだがまだワタミ側の有罪が確定したわけではないし、被告であるワタミ側は抗弁する権利がある。その法廷闘争の結果としてワタミが無罪を勝ち取る可能性だってあるのだ。法廷闘争はあくまでも法廷内での証拠提出と原告・被告の両者の主張によって行われるべきことであって被告側が傍聴席に座る人間をコントロール下に置くなどとは言語道断だ。余りの卑劣さに驚いた。例えば組織犯罪を行っているヤクザやマフィアでもこんなことを法廷でやったことがあるだろうか?例え組織力があったとしてもさすがにこれは一線を越えた人としてどうかと思うやり方だ。まだ原告側が勝つとは限らない裁判なのだ。だからこそ亡くなられた森美菜さんのご遺族やご友人の方々は傍聴したいことだろう。原告側の裁判の行く末を見守りたい気持ちを踏みにじるような行為を被告側が行うなんて許されないことだ。

冒頭でも述べたが法律で禁止されていないからといって人としてやって良いことと悪いことがある。傍聴席を被告側が組織力にモノを言わせて占拠するなどワタミ社員たちは恥を知るべきだ。

政権政党である自民党はこの件についての見解を公式に発表するべきだ。自民党が公認した比例当選の参議院議員が関係している事案だ。逃げる、知らなかった、関知していないは絶対に許されない。安倍総理には是非ともこの件についてのコメントをいただきたいものだ。自民党総裁選の頃にはおくびにも出していなかった(当時の)ワタミ会長の擁立を政権与党の党首として内閣総理大臣に就任してから突然打ち出したその決定は安倍総理自らが行ったことだ。安倍総理にはこの件について述べる責任がある。

拍手[29回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ワタミ元会長の出廷だとか
リンク先の記載によるとこの日はワタミ元会長が証人として出廷だとか。遺族関係者や支援者の目が怖かったのかびびったのか、意外に小心者なのかも。

裁判を受ける権利は平等でなければならない。であれば傍聴席の配分、扱い平等であるべき。被告、原告、報道にそれぞれ適切な傍聴席数が割り振られるよう、裁判所でのルール化をすべき。こういうふざけたやり口を排除するために。
りょみパパ| | 2014/03/27(Thu)23:30:32| 編集
こうやって
なんでもルールや法律が必要になっていってしまうんですね・・・・・。

人間の当たり前の感性からいって遺族や故人を知る方々が傍聴席に座ることを阻むなんてどう考えてもおかしいです。

有罪・無罪はまだ分からないわけです。だからこそ原告関係各位としては裁判を見届けたいという思いが強いことでしょう。これでは有罪となっても無罪となっても原告側はどのような法廷でそれが決まったのかを見届けられなくなり裁判の結果がどうあっても後悔が残るでしょう。
ミジンコ| URL| 2014/03/27(Thu)23:55:18| 編集
無題
凪論さんを信じる信じないはありますけど
現場にいた凪論さんによると傍聴席の1/2程度がワタミ側で
原告側も座れる状況なのにワタミ側をわざわざ追い出したようですね
123| | 2014/03/29(Sat)05:21:15| 編集
↑その「凪論」についてなのですが・・・
今回の件で「凪論」が述べていることが本当なのかどうかは私には分かりません。但し、それが本当だとすると今現在、渡辺美樹議員がfacebookなどでこの件について反論している内容でそのようなことに一切触れていないことがどうにも解せません。いつも慎重で理性的な123さんが「凪論さんを信じる信じないはありますけど」と冒頭で書かれている点は私と同様に「解せない」部分があるのではないでしょうか?

さて、ちょうど「凪論」の話が出たので他の方々にもご覧いただきたいので一言述べたいと思います。この「凪論」というブログについてそりゃもう何年も「凪論に書かれていたのですか本当ですか?」といったメッセージがやってくるのです。そこでそのブログを見に行くのですが勿論私がそれが事実か否かについて全て確認できるわけではありません。そうは言っても本音を言いますと疑わしいと思える記述を何度も見かけました。同じく「二階堂」というブログについても過去にそりゃもう数え切れないほど意見を求められてきたのですが同様の感想でした。

凪論の管理人さんがそれこそ尋常ではない傍聴経験があることは理解しているのですがそれによって本当に客観性を持った状況分析ができているのか否か、私は疑ってみています。とても衝撃的な発言をされているので確かにインパクトはあるのですが客観性についての批判の声が非常に多いブログであり、私も以前に他の記事を読んだときも今回のワタミ訴訟の件でも凪論ブログの意見と比較して渡辺会長だけではなく同氏を批判・擁護する両者のツイートやコメントにも凪論ブログの発信していることが今の今まで見受けられないことがどうにも不思議でなりません。

「ここが変だよ凪論(仮)2」という記事をUPされた方がおられます。その記事自体についてもこれまた意見が別れるでしょうし私がどちらが正しいと言えるわけではないのですがその記事よりもコメント欄が興味深かったことを記憶しています。
http://d.hatena.ne.jp/arama000/20120314/1331695641
この記事のコメント欄での管理人と訪問者とのやり取りです。私はそこでのコメントのやり取りがとても最もなことを言っていると思えました。

傍聴マニアとも言える人々が現場での状況を伝えることによって被告・原告の両者のどちらにも与しない第3者の意見を発信することはとても貴重なことだとは思うのですが、あくまでもそれは客観性を担保できる目撃者に限ると※がつく話です。
ミジンコ| URL| 2014/03/29(Sat)09:15:15| 編集
つづき
最後に意見と人間性は別物だとは思うのでこれは今回の件とはまったく関係ないのですが私が凪論の管理人さんがおかしな人(信頼に値しない人)なのかな?と思ったエピソードです。
これが凪論の管理人さんのツイートです。ネットユーザーが多数集まったある討論会でのことのようです。
「横拳@dandyyokokenとブブカ@bubka0401は隣り合わせに座る。どちらも声だけは大きいが、言っていることはグダグダ。もう少し建設的な質問しろよ。」(←凪論の管理人さんの末尾201293155499376641のツイートです。なぜかそのURLを貼ると忍者ブログではメッセージが送信できません。なにかしらの禁止ワードがあるのかもしれません。)

これに対して名指しされた方がブログで反論しておられました。
「凪さん、俺と横拳さんが一緒に座ってたって知ってるってことは会場にいらしたんですよね。
影でコソコソと下らないツイートしてないで声でもかけてくださればよかったのに。
情け無い人ですね(嘲笑)
そういった意味でも残念な人ですね。凪さんって(爆)」
http://ameblo.jp/korea-one/entry-11249722293.html

↑これが決定打でした。会場でこそこそして挨拶すらもしなかった相手に対してツイートでミスリードするのは卑怯だと感じました。本当にグダグダだったのか、建設的ではない質問だったのかは攻撃された方のブログを見る限り「そうではなかったのでは?(凪論の管理人さんが事実を捻じ曲げているのでは?)」と思えたのです。

あー、やっと凪論について意見が言えてスッキリしました!本当に長年というと大袈裟でしょうが、そのブログと二階堂ブログというやつから発信される情報に関してはウンザリしているところがあったのです。過去にはきっこのブログというところが発信する情報に困らせられましたが、それらのブログに共通して感じるところは「この人たち実際の法廷闘争をやったことがないな」と思える【覚悟がないのに随分と風呂敷を広げて畳まない(←ここ重要!)】なぁという印象です。
ミジンコ| URL| 2014/03/29(Sat)09:18:39| 編集
虱論?
違うけどさほど違わないようなキモw


不思議なのがワタミ裁判に関するエントリ。
「先着順で傍聴席を上回る傍聴希望者が集まったため、私は傍聴することはできなかった。」とある一方で「私はこの現場にいたから事情を知っているが」と、傍聴席に入れなかったのに傍聴席内のトラブルをそれほど把握できるものだろうか?

また、傍聴席で原告側が騒いでワタミ側を追い出して、裁判所係官は放置しているのだろうか?

傍聴に来ていたワタミ関係者の人数は傍聴席の半分以下であったのに満席だったということは、原告側はワタミと同じかそれ以上の動員をしていた???そんな動員力あるんだろうか???

しかも最後のほうでは「原告支援者らが傍聴できない原因を・・・」 え?原告支援者らは入れたんじゃなかったの?入れなかった人いたの? それとも座席の残り半分からあぶれた?=ワタミ以上の動員力???ホントに???

で、原告側がワタミ側を傍聴席から追い出した。でも凪論さんはこのときも(入れたとは書いてないので)入れなかったんですよね?じゃあ傍聴席数を上回る動員をかけて占拠したのは原告側ってこと???


説明不足なのか私の理解力が足りないのか、いまいち凪氏の語る状況が得心できないんですよね。


それぞれの言い分がある程度正しいのだとしたら、こんな状況を推察。
ワタミ側は傍聴席の半数を動員、とはいえ早い者勝ちで最前列を占拠。原告側は抗議。→最前列の席の一部を譲って、ワタミ社員の一部が退出。
りょみパパ| | 2014/03/30(Sun)01:02:58| 編集
↑同じく頭の中で映像化すると・・・・
私も同じように凪論の管理人さんのその時に動線に無理があると感じまして混乱しました。結局、「あなたは法廷に入れたの入れなかったの?」と。それにもましてその場にいた人々の発言を詳細に記述されておられますが録音でもしていない限り同時発生的に起きたであろう罵声(?)、しかも結構長い発言をあそこまで覚えていられるものなのかなと。一応指摘しておきますと、法廷では録音も映像の記録も禁止です。当たり前ですが。金属探知機チェックでたまに記者などの録音ができる機器が発見されていますが「持ち込み」はOKです。スマホとかもありますし、いちいち没収はされません。ただし録音は絶対にダメです。こんなことは常識の問題ですが。

>説明不足なのか私の理解力が足りないのか

私は絵コンテを描いてそれを映像化することを仕事にもしていますが同じく凪論の管理人さんの文章では混乱しますよ。要は凪論の管理人さんの立ち位置と動きが再現できないのです。まるで瞬間移動のようで映像化できないのです。喧騒の最中に当事者たちを掻き分けて傍聴席の近くに行ったり俯瞰して見たりと「神様か!?」とツッコミを入れたくなるような動きです。

ワタミ側の主張した自然発生的に社員たちが法廷に集まり結果として大勢になったという件については、目撃者のボードまで用意して「点呼」を取っていたという証言の方を私は信じます。正直いって「点呼」にはひきます。社員たちに会社に忠誠心を見せるなとは言いませんがそれは歪んだ忠誠心だと考えます。

裁判の結果ではワタミ側の無罪だって有り得ると私は見ています。自殺と労働環境の因果関係を法廷でどこまで説得力のある主張をできるのか難しい面もあると思うからです。ワタミは法廷の外や傍聴云々で頑張るのではなく、もっと会社としてどのような対応を取るのかを明確に示すべきです。毎度毎度「なにか社会的に批判されることをやらかす⇒批判が起きる⇒それについての抗弁」ということの繰り返しの企業に見えます。元となっている「批判されるようなこと」には改善の意思すら見せないのはおかしいでしょう。「点呼」が事実ならば、法廷前で「点呼」など取っていて批判されないと思っていた社員たちがいたということです。記事でも触れていますが法律で禁止されていないからOKではなく、そんなことは常識の範疇でダメだと分かるでしょう?ということです。
ミジンコ| URL| 2014/03/30(Sun)07:49:51| 編集
 カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]