忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日からもう数え切れないほどのお問い合わせをいただいている。日本人と思われる男性がイスラム国の構成員たちに拘束されたとの報があってからだ。言うまでもなくミジンコとは別人。そもそもミジンコはその男性の存在も存じ上げなかったし、その男性がCEOを務めるという日本の民間軍事会社についても初耳だった。

いちいちブログでは報告していないがイスラム国が支配する地域も含めてつい最近訪問していた。それなりの武装をした警護もつけて、つまり民間軍事会社の取締役として気持ちを切り替えての活動だ。勿論、営利が目的で運営している会社ではあるが、虐殺を少しでも食い止める一助になればという思いもあり、今年は延々とイスラム国とのにらめっこだ。顧客には政府機関も含まれており、どうしても国としては動けないときの情報収集と時間稼ぎくらいの貢献はしていると自負している。

先日そのイスラム国とのにらめっこから帰国したら、それまでのISISが日本ではイスラム国という名称で呼ばれるようになっていた。ボコ・ハラムについて書いた記事の後で本当はISISについても触れたかったのだが、時間に追われる毎日で書けないままだ。そんな中で邦人がISISに拘束されたとの報を知った。正直いって帰国直後に「イスラム国」と聞いてもピンと来なかった。それがISISの意味で使っていると分かるまでにしばらく時間を要した。ISISでは省略が多過ぎて分かり難いのだとは思うがどうにも違和感がある。それが表記として今後は正しいのであれば、当ブログでもイスラム国という呼び方を使わざるを得ないが、凶暴なテロ組織の名称をイスラム国と呼ぶことにはいささか抵抗がある。なにしろ本当のイスラム国、いわばイスラム教徒の多い国は平和を望み、誇り高い人々の住む国だ。テロ組織のイメージとはかけ離れている。日本ではイスラムというとイスラム過激派の印象が強いのではあろうが、本来のイスラム教徒は弱きを助け、絶対に揺るがない信念により、自分たちがどんな窮地に陥ると分かっていようとも困っている人々を見捨てない、そんな人々だ。

さて本題。拘束された男性は映像から察するにミジンコとは別世界の人間だ。この表現で伝わるだろうか?表現がとても難しい。その男性がどんな人物であろうとも、あくまでもテロ組織に拘束された被害者だ。映像から察するに暴行を受けているであろうし、拘束した側の組織が余りにも凶暴な集団であるので心から気の毒に思っているし無事の帰国を願っている。それでも・・・う~~~~ん、拘束された男性の名誉を傷つけるつもりはないのだが、う~~~~ん・・・・なのだ。恐らくミジンコがここまで言葉選びに困っていることで皆さんにはもう伝わっていることだろう。映像や写真から察するにその男性が民間軍事会社の現地オペレーションに参加しているような人物には到底思えなかったのだ。映像からは体型からしても語学力(英語力)からしても、到底、民間軍事会社で与えられたミッションをこなせるような人には思えなかった。とはいえ、事実としてその男性は本当に現地に行って拘束されているのだから、そういうことなのだろうが、本当に印象としては、う~~~~ん、え?この人が?なのだ。だからこそ深く同情している。こう言ってはなんだが傭兵に対しての思いというよりも、戦場には似つかわしくない日本人が拘束されたようにしか思えないので、今の状況に肉体的にも精神的にも耐えられるだろうかと気の毒に思い同情している。

酷い現実として日本人らしきツイッター・ユーザー数名がわざわざ英語にしてその男性が拘束されている写真をUPしたツイッター・ユーザー、つまりイスラム国のテロリスト宛てにその男性が民間軍事会社のCEOである旨などをリツイートしているのだ。やってしまったユーザーたちは今更になって言い訳やら後悔やらをしているらしいが、やってしまったことはイスラム過激派への幇助とも言えることだ。なんでわざわざテロリストにリツイートをするのか、もう余りの 迂闊さと愚かさが見るに堪えない。勿論、拘束された男性が一番迂闊ではある。民間軍事会社の人間はいかに身元を隠すのかが鍵になる。紛争地帯で拘束されて相手にすぐに身元が判明するようでは話にならない。長年、ミジンコが一切の写真などを公開しないのもそういう理由もある。facebookで自分の姿を晒す民間軍事会社の人間なんて正気の沙汰か?と思う。ちなみにミジンコの場合は、弟子によりこういう記事こういう記事で写真を公開されているが、これは弟子がテロ組織の末端構成員であり、組織にミジンコの情報を流し密かにミジンコの命を狙っているからだ。

民間軍事会社の傭兵が武装勢力に拘束されることなんて珍しい話ではないし、引き渡しの交渉に関しても政府レベルではなくて民間軍事会社が身代金交渉などを内々で進めてしまうこともあるくらいの話で、さすがに衝撃を受けるといった事態ではないというのが本当のところだ。ところが邦人誘拐となると話は別だ。日本人、しかもこういう表現もなんだが戦闘員として覚悟があったのかどうかも定かではない、とてもじゃないが傭兵には見えない人物の命が危険に晒されているとなると、さすがに同じ日本人として気持ちが揺れる。当人は帰国後に色々と迂闊だったと責められるではあろうが、それはそれとして命を奪われるようなことをしてきた人物ではないはずだ。邦人が無事に帰ってきて欲しいと願うのは人情というものだ。

国の軍隊に属する兵士たちや民間軍事会社の社員たち、つまり傭兵たちが戦死を含めた悲惨な結末を迎えることも悲劇だとは思うが覚悟を備えた者たちの死への過度の同情心は侮辱ともなりえる。確かに自分の立場で考えてみれば、人生かけてここまで訓練にエネルギーを割いて普段も延々と節制して生きて来たのだ。肉体だけではなく精神的にタフになる為にもウンザリするほどやれることはやってきた。ミジンコの部下たちはもっと凄い。政府軍の特殊部隊に所属し、選ばれた人間でしかこなせないような訓練と作戦に参加してきた兵士たちだ。彼等はそこまでやったからこそ、死に同情されることを嫌う。仲間の別れを悲しみこそすれ、極限まで鍛え上げた兵士の中の兵士たちには同情は要らぬお世話ということだ。自分が死んだらその晩はみんなで酒飲んで寝ろってことらしい。

対して今回拘束された男性。とても上記に記したような戦闘のプロたちの領域に踏み込んでいるような人物には見えない。これはミジンコが1分ほどの映像と数枚の写真だけで判断しているのだから、ミジンコが間違っているのかもしれない。むしろミジンコの判断が間違っているほうが良いのだ。大手の民間軍事会社からスカウトされるほどの傭兵ならば、あの男性がおかれているような状況からでも「耐える」という意味では肉体的にも精神的にも希望が持てる。もしただの一般人がイスラム国に拘束されているのだとしたら、それこそ、う~~~~ん・・・・なのだ。

こんな曖昧な表現をした後で説教じみたことを書くのもなんなのだが、実は常々感じていた日本人、特に軍事関係に興味が尽きない人々からの民間軍事会社への問い合わせが昨今急速に増えている件について触れたい。ずっと気になってはいたことなのだがこんな事件が起きるまではなかなか唐突に民間軍事会社のことなどに触れる機会が今まで無かった。ここ数年、本当に驚くべきほど命を失うリスクを分かっていないで「過酷な訓練」も「肉体の鍛錬」も「極限状態での心の備え」も全て無しで傭兵になりたがり屋さんたちが急増しているようなのだ。元自衛隊員でも民間軍事会社でちゃんと戦地に派遣されるほどの立場になるのは容易ではない。勿論、紛争地帯の警備員くらいならば、最初の契約書でサインした内容が雇った警備員が死んでも会社側のリスクがほとんどない等という悲惨な契約の場合は採用されるだろう。それは捨て駒のようなもので民間軍事会社としても戦力には数えていない採用だ。それでも数が欲しい民間軍事会社は採用することだろう。

民間軍事会社に登録すること、フランスの外人部隊に入隊することなど、日本人でそれに馴染み、ちゃんと任務をこなしている例も少なくはない。少なくはないのだが・・・・・が・・・・・なんちゃって傭兵とでも呼ぶべきだろうか、傭兵として登録をして任務にも就いているのだが必要な能力に達していないままの着任なんて困った人も少なくはないようだ。勿論、採用した方にも問題があるのだが、前述のようになにかあったときにも会社の責任が免責されるなんて恐るべき契約書が存在する以上、会社側のリスクがほとんどないなんてことも有り得るのだ。日本ではミリタリーオタクとでも言うべきなのだろうか?軍事関係のことに造詣が深く、軍関係者も驚くほどの知識を有している人が本当に傭兵の道を歩むというケースもあるようだ。好きこそものの上手なれとは言うものの、知識や趣味ではカバーできない部分が実際の戦闘にはある。肉体的にも厳しいがなによりも精神的に厳しい。その精神面については適性もあるので向かない人は確実にいる。平和な日本で生まれ育っているとその適性がある方がおかしいのだ。ミジンコはある意味そこらへんが日本人としてはおかしかったらしく、だからこそ今も生きているわけで、要は適性的に努力だなんだという以前に運が良かったということになる。

大手の民間軍事会社では社員(傭兵)を雇う際にそのキャリアを考慮してランク分けすることが一般的だ。例えば、S, A, B, Cのような4段階評価なんてものはよく見る。Sというのは特殊部隊出身者が多い。同じ特殊部隊でもチームによっても評価が変わるときがある。大抵の特殊部隊に救助活動や水中での活動などなにかしらの特化した専門任務が振り分けられていることがあり、訓練の効率化が図られている。基本は全チームが全ての任務をこなせるに越したことはないが、その体制を築くには訓練予算も隊員たちの肉体年齢の絶頂期の期間も限られているわけで、チームごとに特化することは致し方のない方針なのだろう。そういう特化したチーム特性の中でも荒事に特化したチーム、つまり暗殺や敵地に潜入しての破壊活動などに精通したチームの出身者はS評価になることが多い。怖い話ではあるが人殺しが上手い人材がSということだ。映画などによく登場するアメリカ軍のデルタフォースやシールズ出身者たち、またその二つの部隊よりも更に評価が高いイギリス軍のSASという部隊の出身者たちはどの民間軍事会社に再就職しても先ず間違いなくA以上の評価を受ける。Aがどの程度の評価かというと、例えば今最も危険地域だと認識されているシリアやイラクにそれらA評価の隊員が現地に着任すると、最初の月でも月収で300万円を超える。大体1日10万円ほどの給料ということだ。とても高い給料ではあるが、人を殺す可能性もあることと、自分も殺される可能性があることを考えればいったいいくらが妥当なのかは誰も言い切れないことだろう。

元自衛隊員だとスタートの時点ではどんなに評価が高くともBだろう。元レンジャー部隊員たちでもA評価は難しい。実戦経験の有無が重要視されるので、全員が実戦経験の無い自衛隊員はその点での評価はどうしても低くなる。但し、元自衛隊員の場合は、各民間軍事会社に在籍している先輩たちの評価がすこぶる高いことが多く、まあ指揮命令に従順であり組織的な動きに強いという確固たる評価があるので、実は元自衛隊員というバックグランドは結構歓迎される。

では、日本で一般人をやっていて民間軍事会社で傭兵をやりたいという人材の場合はどの辺りの評価になるのかといえばCにすら入れない。D以下ということになるがそもそも戦闘員としてのスキルが低過ぎて測定不能なのだ。そういう日本人たちは先ず間違いなく大手の民間軍事会社には登録できない。ところがこの世界は紛争、戦争が増加中であり、とにかく人数を確保したい民間軍事会社もあるのだ。そんなところには登録しないほうが良いのだが、そのC評価にさえならない日本人たち、つまり戦闘の素人たちは誰でも入れる民間軍事会社に登録する。そもそもそういう会社は民間軍事会社とは言えないほど杜撰であり、結局は下請けどころか孫請けのような傭兵派遣業者と化している。日本でも元傭兵という人たちは数多くいるが、大手の民間軍事会社に何年も登録して実際に任務にあたっていた人たちと、まさに渡り鳥のように点々と契約先を変えてきた人たちとでは、プロとアマチュアといった差が存在する。同じ日本人でも民間軍事会社に数年在籍してなんと数千万円もの貯金ができた人もいれば、貯金どころか現地で月収数万円なので現地では衣食住がなんとかなっても日本に帰国時には貯金がゼロなんていう元傭兵もいるのだ。そういうケースの方が日本人傭兵の場合は多数派だと見ている。戦闘員としての訓練の下地があまりにも異なるということだ。一応は傭兵という肩書きではあるものの、元特殊部隊員で民間軍事会社での高給取りとなった者たちとは、同じ職業とは思えないほどの格差だ。本来は素人お断りの世界なのだ。

本来は能力の限界まで挑戦した戦闘のプロたちが政府の軍に在籍した後に高収入に惹かれて入社する先が民間軍事会社なのだ。現実として民間軍事会社(PMC)を嫌悪している人々もいる。政府軍、つまり税金で成り立っている軍隊で散々スキル向上を果たしておいて後輩たちの指導にあたるのではなく、高収入に釣られてPMCに移る人間を良くは思わない向きはあるのだ。それは納税者からしてもそうであろうし、軍の同僚たちからしてもそうだ。反面、政府軍の階級ピラミッドは当然のことながら上に行くほど席が少なくなる。凄まじい訓練に耐えて実戦経験を積んだベテランの兵士でさえ、この表現もなんだが日本でのお局様扱いをされてしまうことも現実としてあるのだ。戦闘スキルが高くとも、コミュニケーション能力が乏しかったり、そもそも階級を上げようという気がない一生現場主義の者にとっての新たな居場所としてPMCは役立っている場合もある。ミジンコの直属の部下たちはアメリカ人が多く、退役後にアルコールや麻薬の依存症で廃人のような生活をしていた者たちもいる。特殊部隊に所属していたときは戦闘スキルを上げることこそが至上であり、そのことに人生を捧げていた人間たちから任務を奪うとまるで抜け殻のようになるのだ。そんなおっかない人間たちと仲良くすることは至難の業・・・・かと思ったらそうでもなく、普通に後ろからヒザカックンなどをして怒られている自分って・・・・。ともかく、民間軍事会社というところは、軍に所属したこともない人たちが安易に入る会社では決してないのだ。あくまでも戦闘スキルを持て余した人々が肉体の衰えの前に数年間の超高額なボーナス狙い、但し死ぬこともあるといった世間一般の職業とはまったく別の世界の仕事だ。

ミジンコは奥歯二つはセラミックの義歯を入れていない。長年の降下訓練による踏ん張りや格闘訓練でほとんどの歯が砕けてしまったので、金属を使うインプラントではなく、なるべくセラミックの歯を入れるようにしているのだが保険が効かないのが痛い、痛すぎる!それは置いておいて、奥歯のひとつには気休め程度の発信器、もうひとつは別のものを入れている。そのもうひとつは拘束された時に使うものだが幸い1度も使ったことがない。このもうひとつのものは傭兵や情報機関の諜報員ならば結構どこかに隠し持っているが、拘束された時は先ずは手足を縛られることも考慮して口腔に隠すことが多い。このもうひとつのものがなんなのかすぐにピンと来ない日本人は絶対に傭兵になんてならない方がいい。日本人の傭兵なりたがりの人たちは先ずは奥歯にスペースを作っておくべきだ。そのくらいの覚悟もなく、シリアやイラクやアフガニスタンに銃を携帯して赴くなんて止めた方がいい。

銃が好きだったり軍事関係のことが好きだったりすることは大いに結構な趣味だ。そこで留めておいて、平和な日本の出身者がわざわざ危険なところに行くことはない。行けば怪我もするし死ぬこともあるだろうに、そんな後戻りの難しい人生を選ぶなんて日本で生まれておいてわざわざ選ぶことはない。ちなみにミジンコは長年の活動で恨みつらみやら敵が増えすぎて後戻りできなくなったのだ。既に自分が民間軍事会社に関わっていることが明確な方が海外では安全だ。日本ではどちらにしろ安全だが、海外ではミジンコになにかあったとしたら報復があるということが明確になっているからこそミジンコは安全なのだ。わざわざ望んでなるような立場ではない。色々と面倒なのだ。日本人で銃が好きならばサバイバルゲームで友人たちを沢山作るのことも楽しそうであるし、精巧なモデルガンもいくらでも手に入る国なのだ。軍事関係の雑誌もいくつも発行されている。最近のゲームは驚くほど現実に近い。そんななんでもある日本で育った一般人がわざわざ殺し殺される世界に行くことは愚かな選択だ。「YOUは何しに日本へ?」で外国人たちが日本を満喫しているじゃないか。日本はそういう素晴らしい国なのだ。日本に留まって紛争地帯なんかで仕事はしない方がいいよ。

拍手[48回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
自決用の毒、ですね。>奥歯
万一のときに自決するための、何らかの薬物でしょう。
拷問の末に殺される前にという側面と、自白剤で情報を吐かされないように、という意味合いかと。ゴルゴ13や映画等で知ってましたが、現実に身の回りでは初めて聞きました。日本人でそこまで覚悟が出来ている人が何人いるでしょう?

イスラム過激派武装集団に通報する日本人がいたのは痛恨の極みかもしれませんが、そもそもネット上に自分の名前や肩書きや写真を置いていた本人の危機管理、プロ意識ってどうなのよと。報道カメラマンを名乗るならそんな名前と写真を英文サイトに残して置いていたら、多少は展開違っていたかも知れないのに。
りょみpapa| | 2014/08/19(Tue)12:15:04| 編集
↑実は・・・
正露丸です。虫歯に効きます( ̄ー+ ̄)
ミジンコ| URL| 2014/08/19(Tue)13:02:07| 編集
↑・・・・ぉぃ
「とてつもなくもの凄い人だとは知っていたけど、そこまでの覚悟をもって行動されていたとは・・・・」と改めて驚き感動しそして尊敬した私の気持ちと時間を返せ!wwwww
りょみpapa| | 2014/08/19(Tue)13:09:03| 編集
↑あんだとう!
ラッパのマークをディスってんすかーっ!プンスカー!ヽ( `皿´ )ノ
ミジンコ| URL| 2014/08/20(Wed)10:07:38| 編集
 カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]