忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

従軍慰安婦問題を調べると必ず目に入る韓国人女性の名前がある。イ・ヨンスさん(写真左)という従軍慰安婦だったと自称する女性だ。年齢は86歳らしいのだがそれも確かかどうか判断しかねる。なにしろこの老人は従軍慰安婦だったとする時の自身の年齢についての証言が二転三転どころか10転20転はしているのだ。その証言の曖昧さ、矛盾点たるや、それを証言として議論する価値すらも感じさせないものなのだ。

そんなイ・ヨンスさんが毎度のことと言いたくなるほどの定例行事とはいえ、今度は安倍総理の訪米に合わせて米国ワシントンD.C.にて米マスコミ向けの記者会見を行い、安倍総理の従軍慰安婦への謝罪と演説会場の最前列での参加を求めた。リッパート大使の件で特に韓国人活動家たちへの神経を尖らせているアメリカのシークレットサービスが老人とはいえ、日米への敵意むき出しの女性を会場に入れるわけがない。この老人、過去にはアメリカ下院にて5分間と定められた発言時間を大幅にオーバーしてなんと1時間も喋り続けるという異常さを発揮している。 2007年、米下院でのアメリカ合衆国下院121号決議(従軍慰安婦問題の対日謝罪要求決議)に関する審議でのことだ。まさに審議破壊とも言える暴挙で、米下院議員でもなくアメリカの市民でもない人物が審議を中断させる卑劣な行為だった。

その下院の審議では、
ダナ・ローラバッカー議員
「日本は1994年以後、何回も総理発言を通じて慰安婦問題を謝った。一体いつまで謝りなさいというのか」「現在の日本が前の世代の過ちによって処罰されてはいけないだろう」
スティーブ・シャボット議員
「慰安婦の中で、283人がアジア女性基金からお金をもらっている」
と指摘している。つまり、米下院議員からすらも「賠償が行われた後、いつまで謝りなさいというのか?」と疑問視されたのだ。そんな下院議員たちの指摘に対してイ・ヨンスさんが行ったのが5分のはずの発言時間を1時間に勝手に延長しての絶叫。「日本のお金を全部かき集めてくれると言っても、私は受けないだろう」という彼女の発言は日本国内でも有名だ。

さて、過去幾度も行われているイさんのこういった会見を今回取り上げる最大の理由は彼女の証言の矛盾がアップデート(更新)されたからだ。なぜに過去に起きたこと、ましてや自分が被害者とする凄惨な事件の内容がここまで変化するのか?もう聞き飽きた感はあるが余りにも酷い矛盾であるし、こういった「知らない人、興味が無かった人たちは信じてしまうかもしれない」ということが我慢ならずに記事にした次第。以下が今回のイさんの証言だ。

イさんは、16才の時に慰安婦として連れて行かれ、台湾新竹の神風部隊の従軍慰安婦として3年間、その地で悲惨な体験をしたと語っている。「1943年10月、隣人に呼ばれて家の外に出た。汽車やトラック、船に乗せられてどこかに連れて行かれた。ほかの少女たちは、幼かった私に毛布をかけ、じっとしていれば何も起こらないと言って私を慰めた」「性関係を拒否すると、手首に電気ショックの拷問をするなど暴行や虐待を受けた」「米国の爆撃で慰安所が破壊された時、大量に出血して死ぬかと思ったが、それが流産だったことを後で知った」
等、記者会見では時折涙を拭きながら語っている。

1943年10月から3年間か・・・・。皆さんももうお察しかと存ずるが終戦後も延々と従軍慰安婦、ましてや神風特攻隊の慰安婦であったとイさんは明言しているのだ。実はこの時系列の食い違い、イさん証言では珍しくもない。ところがこの毎度変わる証言を韓国のみならず日本のマスコミまで取り上げては今まで散々日本叩きをしていたわけだ。

全て取り上げるには余りにも数が多いので一部だけにするがイさんのwikiの特に「証言」の項目をご覧いただけると その酷さはご理解いただけるはずだ。


イさんの証言(一部を抜粋):

  • 2002年6月26日の「しんぶん赤旗」では「14歳で銃剣をつき付けられて連れてこられた」「拒むと殴られ、電気による拷問を受けて死にかけた」と証言している。
  • 2004年12月4日に開催された『12・4全国同開催「消せない記憶」』では「1944年、16歳の時に「軍服みたいな服を着た男」に連行され、台湾へ。
  • 2006年10月13日、『上田知事の「従軍慰安婦」否定発言を問う県民連絡会』の集会後の記者会見では、「15歳韓国・大邱の家から軍人に拉致され、台湾まで連れ去られ、敗戦で解放されるまでの3年間も慰安婦をさせられた」と述べた。
  • 2007年2月23日、日朝協会主催の「イ・ヨンスさんのお話を聞く会」で「15歳のとき、小銃で脅され、大連から、台湾に連行され新竹海軍慰安所で特攻隊員の慰安婦とされた」と証言している。
  • 2007年3月1日、上田清司埼玉県知事と面談後の記者会見では「16歳のとき、台湾で特高隊員に口を塞がれて連れて行かれた」と述べている。
  • 2007年4月27日の「asahi.com」の記事では「私は15歳の時に拉致された。まわりの女性は誰も売春婦のようにはお金をもらっていなかった」と証言している。
  • 2007年4月28日にハーバード大学で行った講演では「16歳の時に強制連行され、2年間日本兵の慰安婦をさせられた」「日本兵に足をメッタ切りにされ、電気による拷問を受けた」と証言している。
  • 2007年6月14日に開催された『旧日本軍の性暴力被害者に謝罪と賠償を求める国会前スタンディング』で「15歳の時、両親のもとから連れ去られ、台湾の特攻隊の慰安所に送られた
  • 2007年に放送された韓国ESBテレビ「時代の肖像」で「1944年10月、夕方に家の外に出てからわけも分からないまま台湾にある日本軍慰安所までつれて行かれた
  • 2011年12月13日のニューヨークの韓人有権者センターとクィーンズボローコミュニティカレッジのホロコーストセンター(ナチスのユダヤ人虐殺記念館)が設けた記念講演で「15歳の時に台湾の神風部隊に連れて行かれあらゆる拷問に遭いほとんど死ぬところだった。
  • 2012年9月12日、日本軍「慰安婦」問題の解決を求める市民の会が主催した講演会で「15歳のときに、自宅で寝ていたところを日本軍によって連行されました。帰りたいと言うと「言うことをきかなければ殺す」と脅され、軍靴や棒で顔や体に暴力を受けました。各地を日本軍とともに転々とし、17歳で父母の元に帰るも、「また捕まるのではないかと思うと、顔を上げて歩けない。誰にも話せなかった」と証言した。
  • 2012年9月に慰安婦関連のイベントで招聘されたときに「1944年、16歳の時に台湾の新竹にある慰安所へ。生理の時も強姦された」

一部抜粋とはいえ、皆さんが全てを読むのも大変だろうと考え、強制連行されたとされる時点の年齢と拉致されたとされる場所などを赤字にした。年齢については高齢者ゆえの記憶違いかと言えなくもないのだろうが、率直な感想で言わせてもらうと14歳の時の経験と16歳の時の経験、ましてやレイプされたとされる時の年齢を間違うだろうか?こう言ってはなんだが皆さん、初体験の年齢を忘れたことがあるだろうか?そして拉致・連行されたとされる場所。韓国であったり台湾であったり無茶苦茶だ。しかも、「寝ているとき」であったり「家の外に出たとき」だったりと証言がコロコロ変わっている。そして今回の記者会見では「流産」という新しいキーワードが出た。当ブログの管理人が把握していないだけ(把握するのが非常に厳しいほどイさんの変化する証言は数多い)かもしれないが、米軍の爆撃によって重傷を負い流産したという証言は初耳だ。なぜ今までそんな悲惨な体験を語らないでいたのだろうか?散々、旧日本兵たちから酷い仕打ちを受けていたというその体験談を語っていた人物がなぜそのことだけは語らないでいたのだろうか?

従軍慰安婦証言にはジープが出てきたりヘリコプターが出てきたり、その時代には存在すらしなかった乗り物の数々が登場する。作り話がどんどんエスカレートしていき、その作り話の発案者の歯止めが利いていないということはよくあることだ。嘘に嘘を重ねると収拾がつかなくなるという典型だ。

先日、村上春樹氏の謝る側は謝り続けなければならないといった趣旨の発言に心底失望したばかりだ。そうだろうか?謝罪もして賠償もしたことに対して謝罪と賠償を際限なく?謝罪を求める側が許す気がまったく無いという時にも永久に謝り続け、賠償をし続けるべきだろうか?村上氏が加害者になった時に被害者に100回でも賠償金を支払えと言われても同じことが言えるだろうか?中国、韓国が求めている戦後補償には終わりがないのだ。それを踏まえての「謝り続けるべき論」を語るべきだ。どんな謝罪についても開き直ることは見苦しいが、何十年もその件を蒸し返させるたびに謝罪しなければならないのだろうか?はっきり言ってそれはおかしな見解だ。謝罪した者がまるで前を向いてはいけないかのような言い分で村上氏の発言は受け入れ難い。いったいいつまで日本はこんなことに付き合わされないといけないのだろうか?ましてや事実無根の嘘についてまで延々と謝罪と賠償?冗談じゃない。被害を受けたと自称する権利が認められて、しかも幾度もその矛盾が露呈しているというのに大声でそれらの矛盾を叫ぶことができる権利があるというのならば、その矛盾だらけの証言についての疑義を指摘し反論する権利だってあるはずだ。日本人にはその権利がある。

拍手[61回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
そろそろ
嘘はどこかで綻びが出るものですが、いくら何でもぼろぼろですやんw
「勘違い」とか「誤訳」で切り抜けられるレベルを遥かに超えてる。
しかもその一つは米議会というこれ以上オフィシャルな場所は無いってな場所で。
 ・・・・一般人が米議会で嘘吐いても罪に問われないんでしたっけ???




「歴史修正主義者が『慰安婦=嘘つき』とレッテル貼りのためにやらせている罠」とかいう陰謀論者がまた出てくるのかなぁ?wwww
りょみpapa| | 2015/04/27(Mon)18:29:30| 編集
補足するのも取り上げるべきことが多過ぎて・・・
とても全ての矛盾点を挙げられないのですが、記事中では書き切れなかったイさんの証言と行動のおかしな点を述べます。本当にキリがないのですが・・・・。

先ず、証言で数多く出てくる旧日本兵による暴行についてなのですが、足をズタズタに切り裂かれた等、死んでいてもおかしくないほどの重傷をイさんは何度も受けたと証言しています。それに今回の会見では米軍の爆撃によっても瀕死の重傷を負ったと述べています。

ではその傷跡はどうなっているんでしょうか?
そういう被害を受けた方々は傷跡を公開してアピールする場合が多々ありますが、イさんはなぜかご自身の傷跡を公開されません。トラウマだとか色々と理由は言えそうですが釈然としないと私は考えています。お顔などには一切傷がないようですがさすがにズタズタに切り裂かれたと証言する足の傷跡が跡形もなく消えているとは思えません。ここまで世界に延々とご自分の被害を訴えている方がなぜにその旧日本兵がやったとする暴行の後を証拠として公開しないのか不思議でなりません。写真くらいは公開することが自然ではないでしょうか?

更に言えば、イさんは過去のご自身の発言を覚えていない節があります。それは記事でも触れていますが、もっと突っ込んで言うと、過去のアーカイブが簡単に再読できるネットには余り詳しくないのだと思います。テレビや雑誌、新聞などでしか情報が伝達しなかった時代では過去のインタビューや会見での証言は余り掘り起こされなかったが故に矛盾点が指摘されにくいこともありました。例えば10年前と今の発言が異なっても、ネットが普及していなかった時代では、それを指摘するには膨大な時間とエネルギーが必要でした。ところが今や10年前の発言くらいならばネットで簡単に調べられます。その点を彼女は余り考慮していないでここ十数年発言している気がしてなりません。つまり適当な作り話がまだ通じると信じている節があります。記事中で触れた件だけでも余りにもその証言の信憑性が疑わしいことは皆さんも納得がいくことでしょう。拉致された場所、状況、拘束された期間が何種類もあり、その組み合わせも多種多様となっているのです。もうご本人でも選択肢が多過ぎてどのストーリーを主軸にするべきか分からなくなっているのではないでしょうか?

日本人はこんな女性に謝罪するべきでしょうか?甚だ疑問です。
ミジンコ| URL| 2015/04/28(Tue)00:29:21| 編集
それだ!
>つまり適当な作り話がまだ通じると信じている節があります。


世界を相手に嘘をつくにはあまりに矛盾だらけで杜撰過ぎて、その思考回路を理解できずにいましたが、そうか、自分が覚えてないんだから相手も憶えていないと高をくくっているだけか。お粗末過ぎるwwww


せめて基幹ストーリーくらい固めてから出て来いよと思ってたんですが、受けのいい話、反応のいエピソードを伝聞でも創作でも、ついつい自分の話として採り入れちゃうんでしょうね
りょみpapa| | 2015/04/28(Tue)00:52:21| 編集
 カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]