忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まぁ、予想できなくもなかったが「最後の最後でそれかよ!」と思わずツッコミを入れずにはいられなかったフジテレビの池上彰氏の番組のラスト1分について。

皆さんはご覧になられただろうか?当ブログの管理人ミジンコは池上氏とフジテレビという悪い意味での強力タッグで韓国の特集をするというので録画をしておいた。スキップせずにテレビ番組を見ることが苦痛になってきた最近ではあるがなんとか頑張って視聴した。韓国のことについては今更ながらの情報ばかりで特段真新しいことは無かったが、余りそういう事実を知らないかもしれないシルバー世代などネットを余り利用していない視聴者がいたかもしれないので意味がまったく無い番組だったとは思わない。スタジオやゲストたちが度々VTRを見ては韓国の酷さにドン引きをしていたが、元々そういうことを知っていたゲストもいたであろうし、多少「今更!?」という痛い演出を感じたものの、ともかく遅ればせながらではあるがそういう韓国側の理不尽な日本叩きについてテレビ番組が取り上げることは意味がある。しかもフジテレビの場合、あっという間に終わったが日中韓のゲストを呼んではみんなで仲良く~といった番組をやっていたものの、番組自体は単に韓国、中国の現実無視のゴリ押し丸出しな不気味な演出があったり、とかく韓国側に立った局の姿勢が叩かれているわけでここ数年は日本のテレビ局というよりも韓国のテレビ局のような印象すら否めない放送局だ。その状況を踏まえて、フジテレビが韓国に多少なりとも疑問を呈する番組は放送局が保つべき中立性とバランスという意味でも必要だろう。

番組名は「池上彰スペシャル 知っているようで知らない韓国のナゾ」だった。まぁ、番組が勝手に「知っているようで知らない」と称しているだけのことでネットでいちいち韓国のことを調べなくとも"嫌でも目に入って来る韓国関連情報"でしか無かった。世界遺産で日本の史跡が選出されれば韓国が妨害に動き、日本の総理大臣とアメリカの大統領が会談をすればなぜか韓国がザワつき、日本と中国の指導者が笑顔で握手をするとこれまた韓国がザワザワと・・・・まるで韓国は日本へのストーカーだ。そもそも、日本、アメリカ、中国という世界を牽引する国家間のやり取りについて韓国がまるでこれ等の国家と対等のような振る舞いでいちいち日本に噛みつくこと自体がナンセンスだ。

とにもかくにもフジテレビ&池上氏としては視聴者が「知っているようで知らない」ということを前提に番組を放送したかったようだ。なんだかフジテレビの視聴率が総じて低迷している理由が分かる番組名だ。視聴者の多くは韓国の無茶苦茶な主張はもうウンザリするほど聞いているし、しかもリアルタイムでしょっちゅうそういう韓国発のウンザリ情報が耳に入って来るのだ。韓国の反日主義云々やその恩知らずかつ厚顔無恥な理由についての池上氏の解説は「知っているようで知らない」ではなく、「もう嫌というほど知ってる」だ。池上氏は一般常識レベルのことの解説でも馬鹿(もしくは馬鹿なふりした)ゲストがウンウンと頷くことに快感を覚える病気なのだろうから無理もないが番組構成はいつものごとく池上氏のドヤ顔を終始見ることになるものとなっていた。先日のこの件→(池上さんのスタンディングオベーションについての解説は的外れ) のように間違ったことをドヤ顔でレクチャーしていないだけ弁護にはなっていないだろうが「まだマシな番組」ではあった。

韓国国内での財閥の強大さに起因する格差社会、韓国がOECD(経済協力開発機構加盟国)の中で高齢者の貧困率が最も高いこと、日韓基本条約の後の韓国の理不尽な言動など、まぁ、これら全てが真新しい情報では無かったが放送して池上解説を行ったことは努力賞といったところか。掘り下げ方は浅かったがそれほど悪い構成では無かったように思う。問題はラストだ。エンディングにかかる番組の最後の最後で↓これだ。


最後に突然韓国からの恩を言い始めた池上氏。別に韓国の悪いところだけを取り上げろとは思わない。韓国特集であるのならばそういう韓国の良い面を捉えることも必要だろう。問題は構成だ。散々韓国の事実を取り上げてラストでは日本は韓国からこういう恩があるといった締め括り方は印象操作としてどうかと思う。まるで「散々悪いことをした不良少年がたった1回まともなことをやると良いヤツ扱いになる」という現象そのままを狙ったかのような構成はいただけない。

しかもこれは報道(というほどの司会者でも番組でもないが・・・・)という観点からもおかしい。もし東日本大震災のときの韓国の姿勢を取り上げるのであれば、災害救助隊の件だけを韓国の姿勢として取り上げることは余りにも視野が狭い。一側面だけしか見ずに多角的に見られないのであればそれは一個人の感想レベルでしかないということだ。東日本大震災のとき、日本人はどれだけ韓国から酷い罵詈雑言を投げつけられたのか、それは皆さんもご存知だろう。これこそ「知りたくなかったが知ってしまった」だ。
これはほんの一例だ→ ACLにて「日本の大地震をお祝い(し)ます」との横断幕
東日本大震災のときの韓国側の反応を取り上げるのであれば、ちゃんと少数派だった善意だけではなく明らかに多数派だった悪意ある韓国人たちのやり方も番組で取り上げるべきだった。それこそが中立的であり客観的だ。

番組が取り上げた韓国の救助隊の実態について述べることは控える。そこは節度を守りたいからだ。だが、その救助隊がどの程度機能したのか、災害救助犬が被災地でどんな行動を取ったのか、それを番組スタッフも池上氏も知らないとは言わせない。それでもこうやって番組のラストメッセージとして取り上げたということだ。ある意味、韓国が日本にしてくれた「良いこと」を探しに探したがこれしか見つからなかったとも考えられる。この救助隊についても韓国側からの恩着せがましい主張を幾度見たことか。そういう主張を見るたびに韓国側からの好意は受け取らないことが最善策なのだなと残念ながら再確認する。

元々が胡散臭い人物である池上氏とフジテレビの韓国特集ではあったが番組は終盤までは取り立てて酷いものでは無かった。ところが最後の最後でデカいのを一発やらかした感がある。心から「やっぱりか!」と感じた。残念ではあるが予想の範囲というべきか、悪い意味で池上氏もフジテレビも安定している。このラスト1分のために延々と韓国の実態を放送していたのであればそれはそれはご苦労なことだが狂っている。

拍手[48回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
節度がない私が言っちゃいますね♪
「韓国の救助隊員5名と犬2頭が現地入りしたが1頭が逃亡。被災地の邪魔だけして帰った」とのネットの噂。 親韓報道でお馴染み東京新聞(2013年4月10日)ではその韓国救助隊員にインタビューし、

『 救助犬の一頭がガラス片で右後ろ脚に深手を負い、離脱。「救助犬が逃げた」とのうわさが広まった。 無念だったのではと尋ねると、李さんは穏やかな口調で答えた。「一つのエピソードです。それよりも帰国後、 現地で救助犬の縫合手術をした日本人外科医から『傷は大丈夫か』と電話がきたのには驚きました。自分の手術に、最後まで責任を持ちたいという思いなのでしょう」 李さんも、この医師も。責任を果たそうとするプロたちの、なんと気高く美しいことか。』

・・・と美談化して「離脱」としてますが、噂に近い『エピソード』があったこと、現地で日本人外科医の治療を受けたことは事実。それで火消しのつもりか東京新聞w

(追記)NPO法人救助犬訓練士協会HP>アーカイブス>2011.03.12-17 「東日本大震災に対する出動報告書・同報告会要旨」のP24に同じ話が出ています。韓国救助隊、12日に現地入り。14日の活動初日に犬が右足を裂傷、同協会所属の玉川医師による縫合手術を受けた、と。逃亡云々は書かれていません。


韓国救助隊約100人規模で仙台入りし3月15日から活動を本格化、福島原発事故を受けて18日から19日にかけて新潟へ退避、その後帰国。【「韓国救助隊が仙台から撤収、国内の放射線被ばくへを懸念か」サーチナ2011-03-20 】 実働3日、成果なし。海外救助隊で真っ先に帰国したのも韓国ですw


「被災地一番乗り」についても、そこにだわった韓国や中台問題を抱える中国政府に配慮して当時の民主党政権が台湾救助隊の出発を待機させたとか、ニュージーランド地震で実績あるシンガポールのレスキューチームも震災翌日には派遣され韓国と同着だったとかいろいろ噂はありますが、確たるソースで確認できない話が多いので事実かどうかは断定できません。

そして、震災発生から一週間もたたない17日、韓国の金滉植国務総理は3月末に予定されている日本の教科書検定と関連し、今回の支援を考慮した「成熟した対応」を求めたが、思うような「日本側の対応」が得られなかったため韓国中がブチ切れて義援金の大半が『独島守護基金』やいわゆる『慰安婦』支援に流用。


韓国の支援、成果はともかく、非常に恩着せがましいのは事実。池上さんが言うように、それは忘れちゃいけませんねーw
りょみpapa| | 2015/06/07(Sun)11:47:15| 編集
↑被災地にて
救助チームが絶対にやってはいけない禁忌があります。それは現地の人的、物資の両方のリソースを消費することです。

この点から言っても韓国救助隊の行ったことがどういうことなのか議論の余地もないことでしょう。
問題なのはこの点を番組スタッフも池上氏も知らなかったはずがないということです。

現地への到着時刻に固執するような取扱いもかなり有名な台湾、シンガポールチームの足止めについてはまったく無視した番組内容で違和感を覚えました。この件も番組スタッフや池上氏が知らないとは思えません。

そもそも救助は競争ではありません。被災地から近い国の救助チームが早く到着したことには感謝しつつも1番乗り2番乗りなどについて語ること自体が全ての救助チームへの非礼にあたります。5番目に到着しようとも10番目であろうとも、それは被災地までの距離や国ごとの事情、法律に大きく関わってくることなので被災国が順位立てて語ることは失礼なことです。

この世界への非礼を韓国アゲに固執する余り番組は行っています。
ミジンコ| URL| 2015/06/08(Mon)00:01:17| 編集
 カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]