忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日取り上げたSEALDsの渋谷での迷惑集会にてこんな一文を含む演説がなされたらしい。SEALDsのツイッターでは「かなうくん」と呼ばれている青年によるものだ。

「この国には、子どもの学費のために裏で自分の内臓を売り生活をくいつなぐ母親がいます。」

演説なので前後を取り上げないと趣旨とは異なった捉え方をしてしまう恐れもあるので確認したが演説全体、この取り上げた一節の前後の内容を考慮しても意味は赤字にしたとおりのままだ。つまり日本では自分たちの子供の学費を払えない保護者(女性)が裏で(裏社会と接点を持ってという意味か?)自身の臓器を売り生活費に充てている(←最初に学費と言っているのに・・・)というのだ。まぁ、日本語の不自由な部分は置いておいてもおおよその意味は分かった。彼は日本で貧困家庭の母親は臓器売買という違法行為の売り手となっているというのだ。

先に当ブログの管理人ミジンコの経歴を多少話すことにする。当ブログの管理人は財団を通じての慈善事業などにも取り組んでおり、その一環として日本だけではなく世界各地の児童虐待や人身売買行為について告発や証拠入手、捜査機関への証言や証拠提出にも携わっている。要はある場所で「こんな酷い人権侵害があります」と捜査機関に捜査を要請したり捜査の協力もするのだ。その多くは人身売買について。日本では聞いたことがないが海外では家政婦さんの身元を辿ると金銭どころかヤギや牛と交換されて知らない土地に来たなんてエピソードがあったり、巨大企業が販売している商品の生産過程の末端まで辿ると劣悪な環境で働く児童たちがいるなんてこともあるのだ。そういう労働者たちが実は売られてきているというケースが現代の人身売買としては相当に割合が高い。日本人にはピンと来ないかもしれないが、その人身売買なる犯罪は世界の3大凶悪かつ巨大な市場がある犯罪と呼ばれている。武器密売、麻薬密売、そして人身売買が巨大な犯罪組織ネットワークによって強固に支えられ、動くお金も莫大なのだ。こういう犯罪は悪が余りにも巨大故に一国の捜査機関ですらなかなか撲滅とまでは及ばないことは皆さんもご存知のことだろう。当ブログの管理人が元々は雇っていた警護をコスト削減という思いつきで民間警備会社(民間軍事会社)にしたのも要は捜査協力などしようものならばそりゃもう脅迫だのいやがらせだのの雨あられ。武器にしろ、麻薬にしろ、人身売買にしろ、それらの元締めは大抵どころか100%悪党たちなので一般人の手に負える相手ではないのだ。当ブログの管理人も一般人なのに・・・・という思いもあるがそれを認めてくれないクソッタレなF****(ピーーーッ!!!)なアホカスもいるので仕方がない。ともかくなんで先にこういうことを述べているのかといえば、強大な犯罪行為、それを動かす犯罪組織を真っ向から告発するような行為は大変危険なことなのだ。当ブログの管理人は何も「皆さん、一緒に戦いましょう!」とは死んでも言わないおっさんなのは誰にもリスクを取って欲しくないからだ。そういうことはその道のプロである捜査機関や軍や政府に任せれば良いことだ。

・・・・と長くなったが、要は一般人、ましてや平和な日本に生きる人々がわざわざ凶悪で巨大な犯罪組織に真っ向から挑むなんてことは見ていられない。冒頭で取り上げたSEALDsの学生は日本に臓器売買のネットワークがあると語り、その被害者たちも存在すると高らかに公の場で主張したのだ。つまり彼は何らかの臓器売買があったとする事実を確認、つまり証拠を掴んだ模様で渋谷のど真ん中で大音響でそれを宣言するとは命知らずにもほどがある。この「かなうくん」なる国際基督教大学4年生の小林君は一刻も早く警察に保護を求めるべきなのだ。臓器売買などを行える組織が仮にこの日本に実在するとして、そんな大規模な犯罪を言葉は悪いがビジネス化まで昇華させた犯罪集団は先ず間違いなく巨大な組織であろう。そこまでほぼ隠蔽不可能であろうリスキーな犯罪を今まで継続できていたというのならば、臓器移植を行える医療チーム、つまりは執刀医のみならず麻酔医、オペ看なども含めた数十人規模の移植手術を行う為の人員、その手術を行う手術室を提供する医療機関の協力は確実にあるはずでそんな医療関係者や病院がこの日本に存在するということになる。まるでチープな小説のようだが政府機関、つまり厚生労働省の官僚クラスの協力者がいないことには隠蔽なんてできるものだろうか?そして臓器の売り先と買い手を手配するブローカー、裏で目を光らせる怖いおっさんたちもいることだろう。もうこれは数百人規模の犯罪集団による犯罪ということだ。臓器をいったいいくらで売買しているのか想像が及ばないがそんな何百人もの集団がリスクを取ってまでやるほどの収益があるということになる。そんな犯罪の証拠を掴んでいるという学生が今まで無事だったことのほうが奇跡だ。是非とも彼を保護してその巨悪を叩き潰すべきだ。なんで「かなうくん」は警察に通報する前に渋谷で演説をしているのか!?なんでそんな犯罪の証拠を掴み、被害女性の存在も確認、つまり生き証人もいるというのに通報よりも優先して渋谷で演説をしているのか!?その軽率な行動はまったくもって理解できない。

医療関係者には常識ではあることなのだが臓器移植ともなるとそれはもう事前の準備から医療チームの確保など大変なことが山積しているのだ。端的にいえば移植手術が決まるとそれに携わる医師やオペ看たちはそのスケジュールに合わせて前後の予定を調整しなければならず、つまりは一定期間は優秀な医師もオペ看も数十人規模でその手術の為のほぼ専属となるということだ。手術を行う病院はそれを全面的にバックアップするわけでそれも大変なエネルギーを要する。違法の臓器売買であろうが病院ぐるみでなければ移植手術なんぞ到底不可能なのだ。この日本で医師もその医師直属の部下たちが何日間も何か謎のオペにかかりっきりになる状態が続いて病院側が不審に思わないなんてことが可能なはずがない。漫画やドラマじゃあるまいし、院長や理事会がそんな犯罪に加担するメリットなんてどこにあるというのか?そんな疑問ばかりのことではあるが、今まさにSEALDsのメンバーはそれがあると演説しSEALDsのツイッター・アカウントではその演説が公開されている。なんで警察に通報しないで先に演説、先にツイートなのか?その臓器を売ったという女性の身の安全すら危ぶまれる状況でツイートなんてしている場合じゃないだろうに!

SEALDsのいう臓器売買ビジネスについてそれが真実だと信じればここまで書いたように警察への通報が先だという結論に至る。至極当然のことだ。問題は彼等の言葉にまったく信憑性がないことだ。馬鹿げており、信頼性も限りなく低く、軽率な言動の繰り返し、そういう情けない若者だからこそこんな演説をしても許す許さない以前に「相手にされていない」なのだ。相手にされていない者たちだからといって何の証拠もないことを事実かのように吹聴することまで許されて良いはずもない。そりゃ臓器売買といえばセンセーショナルで注目を集めそうなことではあるが、なんの証拠もなしに「そんな気がする」といったレベルで演説するべきことではない。公共の場での演説で冗談だったでは済まされない。この日本で貧困家庭の母親が臓器を犯罪組織に売って生計を立てているというのだ。それが事実ならば重大な犯罪であり、児童保護としても人権保護の観点からいっても深刻な社会問題として警察のみならず政府がすぐにでも対応しなければならない大問題だ。「かのうくん」こと小林君、即刻、警察に保護を求めて被害女性たちの所在などの情報を提供するべきだ。渋谷で演説してしまってからもう2日経ってしまっている。急ぐべきだ。証拠もなくそんな演説をしたというのならばそれはそれで問題だ。すぐに演説を撤回して謝罪しないことにはいつまで経っても日本ではそんな凶悪犯罪が横行しているという嘘だけが残ることになる。それは許されない。通報にしろ、演説撤回ならびに謝罪にしろ、どちらかは必ず選択しなければならないことだ。

拍手[54回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
かいつまんで言うと
根拠もなくとんでもない嘘をさらっと吐いてんじゃねえぞゴルァ!


って事ですね?
りょみパパ| | 2015/10/20(Tue)23:47:26| 編集
「渋谷街宣での臓器売買等に言及する発言は誤り」 SEALDsが謝罪
「10月18日の渋谷街宣において、登壇者から、日本の貧困問題に関連して臓器売買等に言及する発言がありましたが、これは誤りでした。当人は、あるシンポジウムで出た話を勘違いしてしまい、事実確認をせずに発言してしまったとのことです。関連ツイートを削除し、謝罪いたします。」


ほほう、で、それはいつの何というシンポジウム?
そこで聞いた、どういう話を「日本の母親が貧困故に臓器売っている」という話に勘違いしたのかな?

という当然の疑問噴出で総ツッコまれ中。更なる説明が待たれるところ。
りょみパパ| URL| 2015/10/21(Wed)21:40:58| 編集
↑そのシンポジウムについて
詳しく知りたいですね。
嘘に嘘を重ねると最後には取り返しのつかないことになります。
そこをSEALDsの何でも安易に進める学生たちには知ってもらいたいですね。

今回の件では訂正ではなく謝罪一択にするべきでした。ありもしないことを嘘をつきましたと述べて謝罪することが最善です。シンポジウムのせいにしたことにより今後はそのシンポジウムの存在が追及されることとなりました。臓器売買シンジケートのことを知っている人物がシンポジウムで話したということで、その人がなぜにそれまで通報することもなくいたのかが大問題です。凶悪な犯罪の情報を入手したというのに通報せずにシンポジウムで話すのみなんてそんな不自然な行動は糾弾されて然るべきです。
ミジンコ| URL| 2015/10/21(Wed)22:18:24| 編集
ぱっと思いついたのは
これかなぁ?と(URL)

映画のフィクションとシンポジウムでの話の記憶が数年経て脳内変換された可能性・・?


まぁ言い訳にしても色々厳しいですけどね。
りょみパパ| URL| 2015/10/21(Wed)23:25:24| 編集
↑そのシンポジウムで取り上げられた「「闇の子どもたち」は
映画版を当ブログでも取り上げたのでご記憶の方々も多いことでしょう。
とにかく怪しいのはあの映画の根底に流れる「日本人は海外の貧困層にこんな酷いことをしているですよ!」と架空の小説を基にした映画でこのシンポジウムのように語り合うことです。

つまり、
架空の物語→「日本人は酷い!」→なぜか時が経ったりベースとなった小説や映画自体が風化すると、それが事実のように語り継がれる
この構図なのです。

なんだか従軍慰安婦強制連行捏造の件とその「架空の話→(時が経つと・・・)→事実だ!謝罪しろ!賠償しろ!」に似ていませんか?関わっている関係者たちの経歴や国籍まで類似点が多くて本当にうんざりします。
ミジンコ| URL| 2015/10/22(Thu)08:48:17| 編集
前日の反貧困シンポジウムだった可能性。
SEALDsが発表した訳ではないのですが、ネットユーザー達の調査の結果、反貧困大集会2015シンポジウム(10/17開催)(URL)が元ネタだった可能性、高そう。

渋谷の前日だし、シンポジウム登壇者の一人にSEALDs小林叶氏。

ここでキャバクラ・ユニオンの人が
「自分は中卒で悲しい思いをした。16歳で子供を産み、夫はお金を使い込み、臓器摘出した母にも頼れず、夫に子どもを預けてキャバクラで働いた。」と発言。



いやいやいや、「母親」「子供」「貧困」「臓器摘出」というパーツは揃っているけど、病気治療のための臓器摘出と臓器売買とは全然別の話じゃん。その違いも分からない理解力なの?勝手に脳内妄想で変換しちゃったの?それ『ねつ造』とどう違うの?


「それでも全ての臓器売買の存在を否定した訳ではない」と、浮浪者を養子縁組して「親族間臓器移植」をした事件のニュースURLを貼り付けるSEALDs。それも後出しの別の話やん。
りょみパパ| URL| 2015/10/23(Fri)12:21:56| 編集
↑おそらくそのシンポジウムでしょうね
いくつもの要素が重なっていますので十中八九そのシンポジウムでしょうね。

大学生が臓器摘出と臓器売買(移植先ありきの健康な臓器摘出)をごっちゃにして語るほど馬鹿とは思いたくはないのですが恐らくその可能性が高いでしょう。まったくもって酷い知能の大学生もいたものです。

不全と判断された臓器を摘出するオペと、移植に使う為の臓器を摘出するオペとでは体制も関わる人数もまったく別物です。大学生レベルでそれが分からないはずはないのですが、まぁ、実際いるんでしょうね、そういう学生が。本当に呆れます。

とにかくSEALDsの軽率な学生たちに厳に慎んでもらいたことは判断力がない故に誤解したことをさも事実のように語り、それを後から撤回だの謝罪だので済ませられると考えていることです。事はそんな簡単ではありません。渋谷で街頭演説をすればその内容はツイートなどでアッという間に世界に広まります。日本で重大な犯罪が起きているのに放置され人権が侵害されていると渋谷駅前で大声で叫んだわけです。それも集会でです。それが事実無根であったことを周知させることは途方もなく時間とエネルギーを要し、完璧に周知されるのは実際は難しいでしょう。つまり責任を取ることなんて完璧には無理なのですから演説をする前にその内容を精査するくらいのことはするべきです。ましてや巨大な犯罪シンジケートの存在について語るのであれば被害者に事実確認くらいしろっちゅーに!シンポジウムで聴いた程度で演説に組み込むなんて軽率過ぎます。
ミジンコ| URL| 2015/10/23(Fri)22:12:30| 編集
 カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]