忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

調査捕鯨船に最初に押収されたナイフとは別にブーツにもナイフを隠し持っていたシーシェパードのピーター・ベスーン容疑者。
最初のボディチェックではそのナイフは発見できなかったとか。確かにブーツの中に仕込んだナイフは通常のチェックでは見逃すだろう。いったいそのナイフでなにをしようと企んでいたのか?そこが重要だ。

ベスーン容疑者が調査捕鯨船に侵入した以前にもシーシェパードメンバー2名が乗り込んできたことがある。その時にはその2名はズーズーしくも天ぷらまで要求して食べたとか。その2名への船内での監視もゆるかったようで、ベスーン容疑者は自分も同じような扱いをされると見ていたのではないだろうか?そこで最初に侵入用に使った調査捕鯨船の防護ネットを切り裂いたナイフは取り上げられるのは目に見えていたので、別のナイフを用意したということだろう。ん?そのナイフはナニに使おうとしていたんだ?調査捕鯨船内でそのナイフで誰かを殺傷してレイシストたちの狂った英雄にでもなろうと企んでいたのではないかとミジンコは見ている。異常な話だが有り得る話だ。人種差別主義者たちはいかに自分たちが蔑視する人種を傷つけたかをトロフィーのように仲間に誇示するのだから。

今回、調査捕鯨船の乗組員たちは幸いなことにベスーン容疑者に襲われなかった。ベスーン容疑者を海上保安庁の職員が即刻逮捕したことが幸いしたのだろう。シーシェパードの異常性をもっと日本人も認識するべきときが来ている。今もってシーシェパードも驚くべきことにシーシェパードに参加している日本の馬鹿女も「シーシェパードは誰も傷つけていない」と主張している。これだけ何度となく調査捕鯨船の乗組員たちが負傷しているのにだ。シーシェパードとはそんな団体なのだ。ベスーンが日本人の誰かを刺しても「今まで誰にも怪我をさせていない」と言うに違いない。そういう常軌を逸したテロ組織なのだ。

さて、その逮捕されたベスーン容疑者の妻が脅しとしか取れない発言をしている。
【日々是世界】船長逮捕に揺れるニュージーランド(msn 産経ニュース)
一部抜粋:
今月12日に、報道陣や抗議団体が集まる中、東京・晴海(はるみ)埠(ふ)頭(とう)に夫を乗せた第2昭南丸が接岸する模様が大々的に報じられると、シャロンさん(ベスーン容疑者の妻)は動揺し、不安を吐露した。

 「日本の捜査当局が彼を見せしめとして懲らしめるのが怖い

 夫婦には15歳と13歳の2人の娘がいる。シャロンさんは子供たちの精神的な影響を心配しつつ、「夫に実刑判決を出すのは賢明ではない。なぜなら、夫には多くの支援者がいるから」とも語る。


この夫にしてこの妻ありという印象。15歳と13歳の娘がいる夫婦がなにをしてんだか・・・・。

この奥さん、日本の警察を馬鹿にしてんのかと。捜査の段階でこらしめるもなにも日本としては粛々と犯罪者の逮捕、裁判、刑罰を行うだけのことだ。
大体、調査捕鯨船に無理矢理に乗り込んできたのはあんたの夫だってことを抜きにして抗議されてもな。日本人からしてみれば海賊に延々とストーキングされた挙句に家にまで押し入られた気分だ。

このベスーンの女房、言い分が余りにも独りよがりだ。「夫に実刑判決を出すのは賢明ではない。なぜなら、夫には多くの支援者がいるから」とは呆れ果てる。こんな言い分が通じるわけがないだろうに。この主張が通るのならば“支援者が沢山いる容疑者は減刑されるべき”ということなってしまう。支持者の数なんてものは刑罰には一切関係ない。これを言ってしまったら同じくテロリストのビン・ラディンにさえ実刑判決が出ないことになってしまう。ヤツには大量の支持者がいるのは事実なんだから。

で、このベスーンの妻が暗にほのめかしていることが気に入らない。これ、日本政府や日本人を脅迫している。
ベスーンの支持者たち、つまりはシーシェパード、オーストラリア、ニュージーランド、アメリカなどの人種差別主義者たちを怒らせるなよって言っているわけだ。言っていることが一人じゃ大した力も無いが背後の暴力を行使する団体をちらつかせて一般市民を脅すチンピラヤクザと手法が同じだ。ベスーンという男を夫に選んだ妻らしいっちゃらしいんだが、ベスーンが逮捕されるまでに至った経緯を1ミリでも理解していれば、ラク酸の瓶を投擲されたり船ごと体当たりされた調査捕鯨船の乗組員たちへ夫が振るった暴力に対しての謝罪の一言くらいはあるのが人としての当たり前の配慮だ。
それをあろうことか、「夫に実刑を食らわせたら仲間が黙っちゃいないぞ!」という趣旨のことを言ってしまうところが人として痛い。痛すぎる。

拍手[33回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
意外に知日派なのかも
「支援者が多いから実刑を科すな」って、それなんて小沢一郎?

……ってそんなわけないですかそうですかw



NZ外相のコメントが常識的かつ冷静なので、この一件ではSSもNZや豪の国民には支持されていないのかと思ってました。毎日変態新聞の記事が事実なら、一定の支持を得ているんですかね?
りょみpapa| URL| 2010/03/22(Mon)07:08:35| 編集
まぁ、彼の母国NZでも
豪州でもアメリカでも「アニマルプラネット」のシーシェパードのドキュメント(とは言い難い演出の捏造番組)の視聴率は高いそうなので、支持者が沢山いるというのが現実でしょう。

人種差別主義者の特徴としては“他者に人種差別だと指摘されると猛烈に反発するけれど、見えないところでは自分が優位な人種だと妄想している”わけなので、テレビのように他人には見られないところでは堂々とシーシェパードを支持する人ってのはいるのでしょう。そういう人間が外では「シーシェパードっておかしいよね」とか言ってしまう場合もあるかと。見えないところからの人種差別が一番やっかいではあります。
ミジンコ| URL| 2010/03/23(Tue)07:46:09| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]