忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

すんごい忙しいんだけれど、どうにもやり切れない気持ちにもなったのでブログを更新。日本は戦争に巻き込まれるわきゃないと思っているかもしれないけれど、現在戦争中のアメリカに日本と同じくらい住んで仕事している身としては、別に日本だけが例外とは全く思えない。

地理的には友好国であるカナダとメキシコに上下に挟まれているアメリカに攻撃する手段はテロ攻撃のような手段が取られるであろうことから、アメリカに「侵攻」という不安はそれほど感じない。
では日本はどうだろう?日本が大嫌いになるように教育された国民が山ほどいる中国、韓国、北朝鮮が隣国。軍事大国ロシアは日本の漁船に平気で実弾を撃てる国だ。台湾くらいが日本に攻めてこない国だろうか?その台湾も随分と中国寄りになってしまったが・・・・・。

さて、日本の皆さんに嫌味を。よく安心していられるね?←これが率直な感想。

以前にこのブログにて、日本の自衛隊がクラスター爆弾を人道無視の大量破壊兵器とされて奪われた(使えなくなった)件についてミジンコは怒ったことがある。クラスター爆弾・・・・・なんともバックグランドが怪しげな市民団体とやらが猛抗議していた件だ。
要は陸上、日本の場合は恐らく浜辺だろうが、その浜辺を侵攻してくる歩兵や装甲車両を「面」で一網打尽にする爆弾がクラスター爆弾。確かに虐殺といった印象があるのかもしれないが、武器に良いも悪いもあるかバカヤロウ!って話だ。

ともかく一昨年だったか日本はクラスター爆弾禁止条約を批准した。益々、米軍頼りになったなと当時は思った。
日本の自衛隊から手足をもぎ取って、それでも命をかけて国土を守れとはなんという非情さ。俺が自衛隊員ならば絶望する。

今の日本は上陸されたらジ・エンドな状況だとミジンコは見ているのだが、そういう議論はいつものごとく一切マスコミは語らない。
戦時には海岸からだろうと空からだろうと、一隻、一機の撃ち漏らしもなく、全ての敵軍を撃退しなければならないというウルトラCを自衛隊はやらなければならないのだ。
上陸されてからも戦えばいいって?・・・・・・誰が?

自衛隊員たちが戦えばいいんだろうか?日本の自衛隊に無茶ぶりにもほどがある。手榴弾1個使うにも内閣の指示待ちになる軍隊がどうやって上陸してきた敵を倒すのだろう?自衛隊員たちに死ねと言っているようなものだ。100歩譲って死ぬことも職務に含まれるなんてドラマみたいな台詞を言ったところで、人を殺す訓練を受けている自衛隊員って日本に何名いるんだろうか?何十名?何百名?
一応はミジンコも調べて日本では最強と誉れ高い空挺部隊の訓練内容を勉強した。一部極秘扱いでミジンコが知らないこともあるんだろうが、人を殺す訓練をしている部隊とは思えないというのが率直な感想。むしろ彼等は人命救助のエキスパートたちだ。それこそがミジンコが自衛隊を誇りに思えるところだ。

そう自衛隊の存在は本当に日本人に温かく誇りに思える。そんな誇らしさの反面、日本人自身が自衛隊をがんじがらめにした上で他国の戦闘員たちが許されている装備も訓練も与えないまま、「さぁ、日本を守って」は酷い言い草だと強く主張したい。
世界中の軍隊を見ても、自衛隊ほど制約の多い軍隊は無い。なにしろ軍隊と呼んでもいけないらしい。

日本を虎視眈々と狙っている国が本当にこの世に存在しないのだろうか?そんなに平和な世界なのだろうか?
いつの世も楽観論者が他者を巻き込んで悲惨な結果を招き、そしてその楽観論者たちは「俺(私)はそんなことを言っていない!」「そんな意味では言っていない」と言い放つのは歴史が証明している。ちょうど今の日本のトップらしい鳩山由紀夫なんかがよく使うフレーズだ。

海兵隊が日本に必要と言うと、すぐにでも右翼だ、左翼だといった短絡的な議論に持ち込もうとする馬鹿がやって来る。
俺は(理想を言えば誰も死なないのが良いのだが)日本人が死んで欲しくないだけ。日本人を殺そうと侵略してきた兵士が日本人を殺す前に死んでくれた方が良いと考えている。こんなことは政治的な信条なんてものは吹っ飛ぶ、ごく単純な感情だ。
その為には先ずは日本が大嫌いな外国に睨みを効かせる友好国の軍隊、しかも世界最強の軍隊とくれば最高の環境だ。これをつい最近のことながら、鳩山由紀夫も勉強したらしい。

自衛隊では限界があることを米軍はやってのける。つまり戦争ができる軍隊ということ。日米地位協定や米海兵隊員によるレイプ事件など、そりゃもう許し難い過去はある。ミジンコだって怒っていることはある。それでも戦えない日本である以上、どうしても米軍は必要なのだ。これも政治的な主張云々の話にすることがナンセンスなのだ。社民党の常にクルクルパーなコメントしかしない党首じゃあるまいし、現実として日本から米軍が去ったときに大喜びする国があるということ。

日本には軍事ヲタが沢山おり、自衛隊に妙な幻想を抱いている節さえ感じる。むしろ自衛隊に勤めている人々の方が現実が見えていることだろう。
海兵隊が好き嫌いの問題じゃないんだ。今、そして自衛隊が強化(←ありとあらゆる邪魔が入る上に時間も十数年はかかる)されるなんて奇跡でも起きない限り今後も、米軍、そうその先遣を担う海兵隊がどうしても必要なのだ。恥を忍んで言えば、海兵隊に命をかけてもらって日本人が被害に遭うことを最小限、できれば0にしてもらいたいのだ。なんというズーズーしい主張だろうか。それでもこれが現実的な願いだ。

一応述べておくが、ミジンコは友人などに半ば冗談と受け取られているかもしれないが、日本が戦争になったら自分の所有する部隊と資金を使い尽くすまで日本人を守ると言い続けている。まぁ、焼け石に水程度かもしれないが、日本の法律を無視してでも日本人を逃がすことに取り組んでみたい。できればその後にできた日本政府がミジンコの罪を減刑してくれると有難いのだが・・・・・(ボソ
そんな日本の危機が来なければどんなに良いことだろう。しかしながら、その可能性どころか日本海に平気で潜水艦が侵入して、韓国の軍艦が北朝鮮の攻撃で撃沈されている今この時に、米海兵隊について首相を含めて初歩の初歩から議論を展開している日本という国にガッカリだ!

a7ac1d53.jpeg日本を守るという考えは(日本が嫌いなのに日本に滞在している外国人は知らんけど)日本に住む人々の総意のはずだ。
その手段として海兵隊があるわけで、なんだか日本が米軍に侵略されているかのごとき表現まで飛び出す今の日本は厚顔無恥だ。

余談だが、ミジンコはそりゃもう上から下まで海兵隊に友人・知人、こう言ってはなんだが本当の仲間がいる。海兵隊員は名誉除隊した後もずっと海兵隊員であるため、民間軍事会社に就職しようとも海兵隊員である誇りと自覚は忘れてはならないという規定がある。その為、ミジンコの部下になろうが仲間になろうが彼等は海兵隊員なのだ。彼等を野蛮な人間のように見るとか、沖縄への侵略者と見るだけではなく、日本を守ろうとしている兵士たちと見る目を持つことも日本人として必要だ。

左の画像は2003年11月1日の作戦で沢山の仲間を失った海兵隊員のタトゥー。戦死した仲間の階級と名前、そして「逝ってしまったが一生忘れない」と記されている。


いつかミジンコの名前もココに・・・ってオイ!。・゚・(ノД`)・゚・。

日本はそれほど平平凡凡としていられる状況下にはない。それを踏まえてからの海兵隊についての議論でないと海兵隊にも失礼な話だ。日本は守られているというのに。

拍手[36回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
こういう話になると・・・
「日本を侵略したって何のメリットも無いじゃん!日本は大丈夫だよ」
というヤツがいます・・・。
アホかと・・・。
歴史と地理を勉強すれば、日本に軍隊は必要だとわかるはずなんですがね・・・・・。

肉屋| | 2010/05/10(Mon)10:24:40| 編集
防衛力は必要だと思う
日米安保を軸にするか独自戦力を持つかは議論の余地は有るかも知れませんが、いずれにしても軍事力は必要。日本に戦争を仕掛けて恐らく国際的にも非難されながら日本を侵略するメリットが有るのか正直よく分かりませんが、損得関係なしに吠えかかってくる狂犬みたいな国がある以上は備えるべき。日本をウイグルやチベット、南沙諸島、尖閣諸島、ベトナム北部、……みたいな事にはさせたくないです。
特に最近の、日米政府の信頼関係の揺らぎに乗じるかのような中国海軍の活発な動きが気色悪くてたまりません。
自分ちの庭先を不審者がうろついている時に「セコム止めようか」なんて相談する人がどこにいるんだと……。


ミジさんに何かあったら私も「逝ってしまったが一生忘れない」って、自分のブログに書いときますね♪
りょみpapa| URL| 2010/05/10(Mon)12:43:40| 編集
他人の思想・良心の自由を尊重せず
自説を他人に押し付けようとする菜食主義者と非武装論者には、今すぐ免疫系を止めて死んだらどうと言わせていただきます。
wagonthe3rd| URL| 2010/05/10(Mon)18:09:20| 編集
私や私が愛する人たちを巻き込むな。
それが本物か、意味があるのか、己の尊厳と命をかけて確かめたことのない善を、何の根拠もなく、地球規模で有益な善であると信じて疑わず、危険を感じている人の当然ともいえる感覚を野蛮であるかのように非難し、その人からも身を守るための武器を取り上げ、危険にさらしている。

そんな、迷惑この上ない生き物。それが民主党と一部のプロ市民。

インデペンデンス・デイという映画で、宇宙人を平和を求める使者と信じてビルの上でお祭りやってた団体が、面白いくらいあっさり、ビルごと爆破されてました。

あれって日本のこれですかね。
もぐら| | 2010/05/10(Mon)18:22:00| 編集
今朝のスパモニで
「米海兵隊の役目は『在留米人救出』」「『抑止力』という言葉は『魔術』」
http://news.livedoor.com/article/detail/4760710/



 邦人救出と国土防衛の論点すり替え乙。
りょみpapa| URL| 2010/05/10(Mon)21:24:24| 編集
全く同感。
今日、テレビでルーピーの軍事面でのアドバイザー(?)と称する某大学客員教授が出ていて、

「海兵隊の訓練施設を日本国内・九州全土の自衛隊施設でローテーションすればいい。なぜなら、今、中国による軍事的脅威よりも北朝鮮の脅威の方が重大なので、沖縄よりもむしろ日本海側を重装備した方がいいから」

と言っていて、唖然としました。それを聞いた解説委員なのかコメンテーターなのかが、

「今、日本人で5月末に拘っている人はいないんですよね。言いだした鳩山首相が拘っているだけで。もうちょっと時間をかけても良いんじゃないですかね」

と。もう、アホかと。条約を何だと思っているのかと。

もうひとつ思うのは、沖縄の人の過剰な被害者意識と本土の人の過剰な同情。

上記ローテーション化の説明の中、全国の自衛隊施設が数十か所示されていたんですが、軍事施設という点では沖縄の米軍基地も日本の自衛隊基地も全く同じであって、それを日本全国で相互負担しているという事実については、全くスルー。しかも、沖縄県民が米軍基地を嫌がる理由は、航空機の音や、深夜訓練の音がうるさいだとかで、何も「米軍特有の」問題でもなんでも無い。

日本には、米軍基地だけでなく、自衛隊基地や原発など身近に欲しくは無い施設は山ほどあって、どこの県でも分けあっているのに、なぜ沖縄の米軍基地だけこんなに過剰な扱いを受けなければならないんでしょうかね。
イトウアイ| | 2010/05/10(Mon)22:27:04| 編集
学校では教わらない地理
沖縄の位置を地図で確認してみましょう。台湾と九州を結ぶ東シナ海から太平洋に抜ける海域のほぼ真ん中に浮かぶのが沖縄です。
wagonthe3rd| URL| 2010/05/11(Tue)04:37:24| 編集
↑↑イトウアイさん
他の米軍基地の事は知りませんし普天間基地の近くで数日過ごしただけの体験談ですが、あの騒音は確かに酷いです。
一方で九州や本州の自衛隊駐屯地の近くに住んだ事も有りますが、こちらは普段あまり気にならないレベル。自衛隊さんは地域のお祭りやイベントには人手を繰り出して協力してくれますし、災害時も頼りになるし、何だかんだで地域貢献も凄い。
普天間基地と同列に語るのはさすがに無理があると思いますよ。


だからこそ国は沖縄には地域振興や各種優遇措置で報い、心を砕いてきた訳で、それに応えて沖縄も(心からの歓迎では無いにせよ)基地を受け入れてきたはず。
一方的な被害者意識には私も違和感を感じます。
りょみpapa| URL| 2010/05/11(Tue)09:10:52| 編集
海兵隊?
海外に展開する米4軍のなかで、日本の防衛に直接関与してるのって空軍or海軍だと思うので、嘉手納があれば十分なんじゃないかという気がします。海兵隊が必要な事態になったらもうおしまいなんじゃないかと。

もちろん、抑止力という意味合いもあるんでしょうが、それこそ日本全国に100以上もの米軍の基地があれば、もういいんじゃないの?と思います。

また、その辺の政治的背景がよくわかりませんが、十分な面積がある空軍の嘉手納基地に海兵隊が居候するって案が検討されないのは何故? なんとなく人種が違っていてお互いやりにくいのかもしれませんが・・・

↑↑
自衛隊の基地と同列に考えるのはちょっと無理があると思います。親戚の家が自衛隊基地の直近にありますが、たまにヘリの離着陸の訓練がうるさいくらいで、事件の類は聞いたことがありません。品行方正とは言えないまでも日本語も通じるし、日本の法律も適応されますからね。
ken_acr99| URL| 2010/05/11(Tue)11:26:57| 編集
りょみpapaさん
ご指摘いただき、ありがとうございました。
テレビでも、あまりに住宅地と密接しているため、「世界一危険な」米軍基地であると紹介していました。もちろん、それゆえに騒音のとても酷いさまも報告されていました。

りょみpapaさんがお近くにお住まいだった自衛隊駐屯地が、陸上自衛隊なのか航空自衛隊なのかで、航空機による騒音の凄さも変わってくると思います。かくいう私の住んでいる都道府県も陸上自衛隊の駐屯地が、割と近くに2か所ありますが、別に凄い騒音に巡り合ったためしがありません。

仰るとおり、そういう意味で、自衛隊基地と米軍の海兵隊基地を同列に語ることは無理があるな、と思いました。

が、他方で、「これって運用上の問題なんじゃないの?」とも思い始めています。
ひとつに、騒音問題は、住宅地と自衛隊基地をそれ相応の距離をとれば済むんじゃないの?ということ。もうひとつは、(うろ覚えなのですが)自衛隊基地が殆ど全て国有地に建設されているのに対して、米軍基地は私有地の借り上げで賄っているということ。どちらにしても住民の立ち退きや施設地国有化などで、反対が起きてきそうな話ではありますが、ここまでこじれていく中に相当の贅肉がくっついていったような気がしてなりません。

また、多分、りょみpapaさんも違和感を持っておいでだとは思うんですが、自衛隊はお祭りやイベントの手伝いなんて本来はすべきじゃないですよね?これは、人件費という国税を投入した(有る意味でとても無駄な)PR活動の一環に過ぎず、それを米軍がやらないからといって、海兵隊と自衛隊との根本的な違いにはならないと思うんです。

世に言う「沖縄の負担」というのが、過剰な被害者意識から来る心理的負担なのか、対応策で緩和できる物理的負担なのか、いまひとつ峻別できていない気がしています。
イトウアイ| | 2010/05/11(Tue)14:58:41| 編集
↑軍はお祭りやイベントに出てくるもの
国民と苦楽を共にする軍隊がお祭りやイベントに出てこなくてどうするんですか。ニュージーランド軍は大きなイベントには必ず協力していますし、このミジンコさんのブログでも、過去多数そのような各国軍隊の国民との交流の写真が掲げられていたではないですか。
wagonthe3rd| URL| 2010/05/11(Tue)15:06:22| 編集
自衛隊の本来業務
自衛隊が平時に行うお祭りやイベントの支援活動、「単にPR活動であり本来やるべき業務ではない」とは私は思いません。無論、広報活動という意味合いも住民感情慰撫という下心w(?)もあるんでしょうが、普段から地域住民と交流し信頼関係の醸成に努めるのは自衛隊に限らず軍隊の本来業務だと思うんですよ。

……自衛隊にPRは要らない、って、事業仕分け第一弾の陸上自衛隊広報センター(りっくんランド)の議論を連想しちゃいましたw


今でこそ件数は少ないですが、自衛隊は訓練の一環として道路建設や学校用地造成などの公共事業を自治体から受託して実施してます。 また、組織や制度が違うので一概に比較出来ませんが、アメリカでは治水事業の一翼を陸軍工兵隊が担ってダムや堤防を造っていますね。軍隊をどう定義し統治機構のなかでどう位置付けるかによりますが、ドンパチやるばかりが軍隊の本来業務ではないと私は思ってます。

イトウアイさんおっしゃる通り運用で改善できる部分もあると思いますが、首相がパンドラの箱を開けちゃって議論百出、収集つかなくなっちゃいましたからね。。。
りょみpapa| URL| 2010/05/11(Tue)17:45:28| 編集
軍は
別に国民と距離を置く必要はないと思いますよ。どうしても軍隊というと戦争をする組織というイメージがあるのは否めませんが、私としては平和を望めば望むほど軍隊は人々を守る手段でもあると考えています。変に捉えられるリスクを敢えて犯して言いますと、「相手(まぁ、大抵はテロリストでしょう)を殺してでも、死なせたくない人々(ミジンコの場合は日々平和に暮らしたいと願う人々です)を守る」そんな考え方です。

そりゃ誰も死なないのがベストです。しかしならが、そういう論理が通じない組織もあるわけです。それが国(実は政府が言っているだけですが)の場合もあります。そんなときに「殺さないで!」が通じないことを散々目にしてきた私の結論が強くなろうということでした。非暴力主義を貫く人の横で武器を取りたいと考えた私の考えは誰も否定できないと思いますよ。

軍隊と国民が密接になればなるほど戦争が回避できるんじゃないかと思うのです。まぁ、こういうことを言っても9条どうのって騒いでいる団体などは全く受けつけてくれないんでしょうが・・・。
有事には武器を手に取る人々も本当は平和を切に願っていること、また平和を願うからこそ軍に所属している人たちがいることを伝えるためにも、軍と国民はもっと近い関係であって然るべきだと考えます。
ミジンコ| URL| 2010/05/11(Tue)18:38:08| 編集
ご説明ありがとうございます。
wagonthe3rdさん、りょみpapaさん、ミジンコさん、ご説明ありがとうございます。
私の完全な認識不足だったと思います。
確かに、「国民と苦楽を共にする軍隊がお祭りやイベントに出てこなくて」は苦楽も共にできませんし、「軍隊と国民が密接になればなるほど戦争が回避できる」というのは、言われてみれば全くその通りですね。

で、ミジンコさんの、「相手を殺してでも、死なせたくない人々を守る」を含めた全文も、実力行使以外の軍隊の機能をご教示くださったりょみpapaさんのお話も、全くよく解るお話で、本当に何の異論もありません。

が、それでも私は、なぜ沖縄県の人が海兵隊の基地を拒否したいのか、理由が解らないのです。
また、「日本を守る」「軍用施設」という意味で、また、騒音問題も起きかねないという意味で、
そして、自衛隊も米軍も地域の公共事業に参画する機能も持っているという意味で(在日米軍が日本でそれをやるかどうかは別として)、航空自衛隊の基地も、アメリカの海兵隊も一緒じゃないかと、思ってしまっているんです。

沖縄が米軍を拒否する理由、すなわち、米軍と自衛隊とを峻別する理由が、「地域との交流が無くてなんか怖い」であったとしたら、それこそ、米軍が自衛隊並みに地域のイベントやお祭りに参加すれば解消するのでは?と思ってしまうのですよ。

あくまでも強さを除けばの話ですが、沖縄が米軍だけをかくも強く拒否するほど、そんなに米軍と自衛隊は違うんですかね?
イトウアイ| | 2010/05/11(Tue)20:49:48| 編集
鳩が羽ばたけば羽ばたくほど
辺野古V字案が最も現実的な秀逸な「答え」であると感じてしまいます。。。

もう鳩は壊れたおもちゃのように「沖縄の負担を軽減」と言い続けるしか自分の存在価値はないと悟ったのでしょうね。

せめて1年は首相の座に居たいらしいし。。。
(いやはや、痛いよなあ。。。)
イラシ| URL| 2010/05/11(Tue)21:11:06| 編集
沖縄の拒否反応は
太平洋戦争末期に国内で唯一悲惨な地上戦を経験し戦後も長く米国占領下におかれた歴史的経緯を考えれば「自衛隊も米軍もそんなに違わないし、沖縄も本土も一緒でしょ?」とは、ちと乱暴すぎやしませんか?
りょみpapa| URL| 2010/05/12(Wed)01:10:40| 編集
辺野古V字案は
軍事的にも落とし所だと思っていました。それがなんでか白紙に戻ったのが今でも不思議でなりませんが、今はもう鳩山由紀夫の思考回路を分析する気力が湧かないと言いますか、今はただこれ以上事態を悪化させないでくれと願う状況になってきました。

イヤミを抜きで、この人が本当に日本の首相なの?と今更思うときがあるのです。いや本当にブラ下がり会見が毎日放送されているわけですが、あれ見て「へ?」とか「はい?」とテレビに向かって反応しちゃうときすらあるんですよ。もう認めたくもありませんが日本の首相の言動が突拍子も無さ過ぎて現実感が薄れていっているような・・・・。そんなことじゃいけないんですが。

最近の沖縄基地問題の議論でメジャートピックとなることに「抑止力について」「なんで海兵隊を分散するべきではないのか」「基地周辺に昔はあんなに住宅は無かった」「鳩山由紀夫の責任論」などがありますが、当たり前ですが議論をしたところで誰かが、もしくは日本人全員が我慢するところはして妥協するところはしないと、全く進まない話であるわけです。
先ずは「南沙諸島がどうなったのか」を国民全員が勉強してから、さぁ、どうしましょう?くらいのことを政府が推奨しても良いと思っています。
その上でも「米軍は出ていけー!」というのもひとつの意見ですしね。ただ米軍がまったくいなくなった後の日本のシュミレーションくらいは教えて欲しいところですが・・・・。凄い素っ頓狂なシュミレーションだった場合は素直に「バカヤロウ!」と言わせていただきます。

あと、こちらのコメント欄でもご意見をいただいておりますが、ミジンコも米軍基地の近くが生活圏だった経験がありますし、、、ってか、このブログを昔からご覧の方々には周知のことでしょうが、ミジンコは横須賀界隈の米兵たちととても仲良しと言いますか、昔はバスケ仲間です。基地負担は確かに沖縄が面積として75%もの負担を強いられているわけですが、かと言って沖縄の人々だけが日本の国民全体から犠牲を強いられているかのような意見には同意はできません。本当に基地負担は沖縄だけの問題ではありませんし、沖縄以外にも、先祖代々住んでいた地域に基地が後から来ている場合もありますので。しかもですね、基地と共存していると言っても良いほどの地域もあると思ってます(地元の人に「私は違う!」と言われればこちらは反論できませんが・・・・)。
えっと具体的に地域名を言ってしまえば、先程、名前を出した横須賀なんてどうでしょう?地域経済のことを抜き(抜きにしちゃいけない?w)に語ったとしても米軍と横須賀市民は上手くやっているように見受けられるのですが私の誤解でしょうか?

実は「基地出てけー!」と盛んに叫んでいる地元民以外の市民(←もちろんイヤミです)に大いに問題があるとも見ているんです。上手く収まりそうなこと、なんとか落とし所を見つけたことも、必死になって崩壊させてきた市民(←ええ、もっちろんイヤミです!)を注視してみるのも手かもしれません。マスコミは一切語りませんが、今や沖縄がそういう市民団体の総本山と化しているわけですから、意外にそのそこの住人ではないけれど市民と称する市民団体を排除すればもっと簡単に話が進むんじゃないかと見ています。
ミジンコ| URL| 2010/05/12(Wed)04:40:58| 編集
市民とは誰か?
↑仰るとおりだと思います。
市民が10万人集まったとか、徳之島の民意だ!とか、マスコミはよく「市民」とか「民意」とか言いますが、それって一体どこの誰だ?と思います。

大体、いきなり振って沸いた徳之島の市民がどこかでよく見かける黄色いプラカードや「NO BASE!」などと英語で書かれた立て看板などをあんなに手際よく作れるわけが無いだろうと、普通に疑問に思います。

名護市長選挙だって、ついこの間は推進派がギリギリで当選していたわけで、名護だって徳之島だって民意は拮抗しているに違いありません。

反対すればするほど見返りが得られる、そんなマッチポンプなプロ市民が絶対に裏で糸を引いているに違いないと思います。

鳩にはそれが見えないのか、そもそもそちら側の人間なのか。。。

この半年、本当に停滞しちゃったなあ、日本は。。。

最近本当に政治に興味がなくなってしまいました。。。選挙も行く気が無いです。。。
イラシ| URL| 2010/05/12(Wed)13:17:57| 編集
えっと・・・・
ミジンコさんのコメで具体的な地名が出てきたので、その横須賀の肉屋から(笑)
横須賀では、沖縄のような反対行動は少ないですね~。デモをやっていてもよその地域からの人が多いし。
横須賀では良い意味で基地を利用して共存しようとしています。
例えば地元の人たちと憲兵隊?の人達でパトロールやゴミ拾いをやってたりします。
後は自衛隊やアメリカ海軍の料理のレシピを使って「海軍カレー」「ネービーバーガー」「ネービーチーズケーキ」等のご当地グルメを発信しています。
まあ、横須賀でも米兵による事件や交通事故もありますが、だからといって
「目の前から消えろ!!」
というのも大人気ないですし。
あくまで一横須賀市民の意見ですが。
肉屋| | 2010/05/15(Sat)14:21:17| 編集
↑今度、肉屋さんのところで
肉を10t買います。・・・・い、いえ、多過ぎますか・・・・(-_-;)
実は肉屋さんからコメントがいただけると思ってました!w

いやはや、横須賀でトラブルが全くないとは思いませんけれど、結構上手くやっている面も多いと本当に思うのですよ。基地の形態や地元民と米軍が触れあう部分が違うという点を考慮しても、横須賀の人々と米軍は本当に上手くやっているなぁと。

どうにも前述した市民団体が気になります。沖縄の人々、徳之島の人々になにかを刷り込んでいる組織が事態を悪化させている気がしてなりません。
ミジンコ| URL| 2010/05/15(Sat)16:41:35| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]