忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本当はこの映画のレビューだけは書くことは無いと考えていたのだけれど“日本でまで”ヒットしているようなのでミジンコなりのレビューをば。

先ず第一に、映画監督のデヴィッド・フィンチャー並びに原作本の著者や脚本家などが、あたかも実話をベースにしたかのように熱心にアピールしていたが、それは真っ赤な嘘。映画の冒頭からエンディングまでほとんどが創作であって登場人物全員が今も劇中で描かれている立場とほぼ同じ状況であるにも関わらず、よくもまぁ、こういう映画を作ったものだと、映画製作陣のずーずーしさと、ヒット作を生み出すためならば実在する登場人物たちの今後の生活に支障が出るのであろうほどのことも平気でやってしまうモラルの低さに呆れた。

残念ながらというべきか、その過度の演出が功を奏したのか、アメリカでも「実話ベース」であるという大いなる誤解を利用しながらの大ヒット。批評家たちの評価もすこぶる良い。そして日本での公開から2日。大ヒットしている模様。
確かに映画自体は人間ドラマとして抜群に面白かった。主演のジェシー・アイゼンバーグはまるでマーク・ザッカーバーグそのものに見えたほど。喋り方の癖、話すスピード、コンピューターオタク丸出しなところなど、オスカー(最優秀主演男優賞)は彼だと思えるほど。

問題は返す返すも出てくるエピソード、エピソードが事実とは大きく異なるところ。なんでミジンコがそこまでわかるんだと言われてしまえばそれまでなのだが、本当に違うものは違うとしか言いようがない。相当な悪意を持って製作された映画だと言わざるを得ないのだ。なにしろ監督のフィンチャーは「自分が19歳のときのことを映画化されたくなんかない」と言っているくせにこういう映画を作る男なのだ。そう、この映画の監督は、人が嫌がることも平気でできるわけだ。

更に突っ込みたい。結局のところ、原作本の著者も脚本家もまともにfacebook創業に関わった重要人物たちの誰一人にも直接取材ができていないのだ。


wikipedia「ソーシャル・ネットワーク」から引用:
facebook側の反応
映画を作成するにあたり、脚本を担当したソーキンは実際にマーク・ザッカーバーグに取材を申し込んだが断られた。ソーキンは後に「最終的には映画の客観性を保つ意味ではそれで良かった」と述懐している。
また、書籍の著者であるベン・メズリックも、ザッカーバーグだけでなく当時を最もよく知る人物としてエドゥアルド・サヴェリンに取材を申し込んだが、双方ともに拒絶された。
上記のような経緯により完成した映画・書籍はfacebook側の協力は得ずに作られており、サヴェリンの視点に偏っている部分が多く見受けられる。ただし、サヴェリンは映画完成後に極秘裡にプライベートで視聴をした。ザッカーバーグも全米公開後に映画館を借りきりfacebook社員全員と共に見た。その後にザッカーバーグが行ったスタンフォード大学での講演にて、社会的地位を得るためにfacebookを立ち上げたように描かれている点が事実と異なるとコメントした。一方で、「映画の中でキャストが着ているシャツやフリースは、実際僕が着ているものと同じだよ」と、衣裳に関しては評価した。また、自身を演じたアイゼンバーグの演技についても「中々良かった」とコメントした模様。(facebookの社員であるアイゼンバーグの従兄弟からアイゼンバーグが又聞きしたところによる)

つまり当事者たちからの取材を断られ続けた挙句に映画を完成させたものだから、映画製作に参考としたのはマーク・ザッカーバーグや他の関係者たちの過去のブログでの発言など“誰でも知っている情報のみ”で実話をベースにしたと称する映画を完成させたわけだ。

それでも映画は大ヒット。確かに時間を忘れるほど面白い。困った作品だ。映画としては本当によくできているのだが素直に評価ができない。

シリコンバレーの新興企業がどのようにスタートアップして、注目企業となった場合はどのくらい猛スピードで成長するのかを少しは垣間見れるので、今後更に増えるであろう日本からシリコンバレーの企業に参加しようという人々には良い刺激になる作品かもしれない。マーク・ザッカーバーグを演じるアイゼンバーグの会話を全て聴き取ってすぐに返事ができると思った方はなんとかなるかも。確かに早口ではあるのだけれど、あんな感じで会話が進むのがシリコンバレー流だとは思う。字幕版だとどうなっているんだろう?たぶん喋っていることの半分も字幕に再現できないと思うのだけれど・・・・・。

日本での宣伝でもやけに「裏切り」という部分を強調していたけれど、シリコンバレーのベンチャー企業で創業メンバーのままで進む企業なんて極僅かだということは言っておきたい。それを仲違いだとか裏切りだと評するのは非常に安易な発想だ。創業メンバー同士の訴訟合戦は確かに見ていて愉快なものではないがそれを回避してIPO(上場)まで目指すことのなんと難しいことか。確かに映画化すれば面白い題材だったとは思うが当事者たちには当事者たちにしかわからないであろう思いがあるはずだ。ああ、本当は色々と言いたいことはあるのだけれど上手く言えない自分がもどかしい。

ああ、フィンチャーの「ベンジャミン・バトン」は死ぬほどつまらなかった!!!・・・・・ちょっとだけスッキリ。

拍手[9回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
なるほど……
製作陣のモラルと視点の偏りを抜きにすれば、映画としては良い出来なんですね。

しかしfacebook側が今までのところ公式コメントも出さず静観(?)しているのは大人な対応ですね。名誉毀損で巨額訴訟を起こしても不思議じゃないと思うんですが。。。(って今後やるのかも知れませんが)
りょみpapa| | 2011/01/17(Mon)06:59:33| 編集
映画は好きです~
映画は本当に好きですが・・・
映画館に足を運んでまで見たいと思えるモノが少ないのも現状で・・・
(好みの問題もありますがw)

歴史モノなど本人が逝っちゃってる場合は仕方が無いかもしれないけど
本人がご存命な場合のこういった映画では
面白ければ良かろう的な(娯楽だから仕方ないのかな?)感じがして見る気が起こりません。
ホント・・・ご本人はよく静観していらっしゃると思いますね!
おれママ| | 2011/01/17(Mon)12:46:26| 編集
ゴールデングローブ
とっちゃいましたね。DVDで借りて観ますわ。
pinkshark06| | 2011/01/18(Tue)04:51:44| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]