忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

a-paradise-built-in-hell.jpgなんだか「風が吹くとき」について触れた記事もそうだけれど、Amazonのアフィリエイトをサイドバーにでも設置した方がいちいち記事にしないでも“今なにがオススメの本”なのか紹介できるんじゃないかと思ったりもするのだけれど、こんだけ長いことブログをやっていて、まだアフィのやり方がわかりませんえん・・・・・。たぶんアフィの説明書きを読めば理解できるとは思うんだけれど、読む気力がありまおんせん・・・・・。

忍者アドという忍者ブログ独自の広告収入システムがあって、ついこの間までそれで得た広告収入を被災地に寄付できる上に同額を運営会社のサムライファクトリーが寄付するという企画(例: 1,000円をブロガーが寄付すると更にサムライファクトリーが1,000円を寄付するので総額が2,000円となるチャリティー企画)があったのだけれど、このブログの場合は広告収入を得ていなかったので参加できず、若干の罪悪感。かといって自分としてはブログでなんらかの収入を得ようと考えたことがなくて、全額寄付だったら今はやるべきかなとか思ったりもするんだけれど、サイドのフレームに設置するパーツに関しては自分でも笑ってしまうほど腰が重いわ、痛いは・・・ううっ・・・・。

というわけで、本題。またしても記事で本の紹介。誤解なきようにしたいのだけれど、Amazonへのリンクを張ったからといって本当に純粋なリンクであってこちらには一銭も入りませぬ。いちいち穿った見方をするオバハン対策で言っているわけです、ええ。

この「災害ユートピア」に今の日本そのままの状況を分析した記述がありとても興味深い。
災害社会学者キャスリーン・ティアニー博士が提唱した行動心理で「エリートパニック」というものについての解説が非常に面白い。今、面白いというと不謹慎なのだろうか?しかしながら、本当にまさに今の日本で起きていることなので面白いと素直に思ってしまうのだ。

この本によると、エリートパニックとは「社会的混乱に対する恐怖、貧乏人やマイノリティや移民に対する恐怖、火事場泥棒や窃盗に対する強迫観念、すぐに致死的手段に訴える性向、噂をもとに起こすアクション」とある。アメリカ社会を基準に考えられている行動心理なので、ちょっと日本には当てはまらない部分もあるとは感じるが概ね納得がいく。つまり、エリートパニックとは、エリート層が起こす、まだ見ぬ脅威に対して過敏かつ過激に反応してしまう過剰防衛を指しているのだ。

ラトガース大学リー・クラーク教授の解説:
「エリートパニックがユニークなのは、それが一般の人々がパニックになると思って引き起こされている点です。ただ、彼らがパニックになることは、わたしたちがパニックになるより、ただ単にもっと重大です。なぜなら、彼らには権力があり、より大きな影響を与えられる地位にあるからです。彼らは立場を使って情報資源を操れるので、その手の内を明かさないでいることもできる。それは統治に対する非常に家父長的な姿勢です。」

エリート層、つまり権力を有している人々が勝手に一般の人々がパニックになると決めつけ、そのまだ起きていないパニックに対して恐怖し、結局はエリートたちの方がパニックになっているという笑えない状況が起きるというのだ。今、妙な情報の小出しをしたり、隠蔽を繰り返している政府関係者や東電幹部たちの行動がまさにそれじゃないか!
あの枝野の完全防備の恰好なんてまるでなにかのブラックユーモア劇場。あれだけ「安全宣言」をしていた人物が被災地であの恰好なのだ。本人以外は全員苦笑い。あれでは自分がパニック状態なことを自覚していないとさえ思える。

日本に住む人々は結構冷静に判断、行動できるというのに、政府や東電が勝手に人々がパニックになると決めつけることがおこがましい。ただ今なにが起きているのか、その事実を正確に伝えてくれさえすれば、後は各自の選択だろうに。最初から人々がパニックになると決めつけたかのような情報の出し方自体、国民を馬鹿にした話だ。大体、政府や東電がなんの権利があって世界の危機の情報統制をする権利があるというのだ。そんな権利があるわけない。

相手がパニックになったらどうしよう!どうしよう!とパニックになるなんて馬鹿げている。それを只今実践中なのが日本政府と東電。鏡を見ろっての!パニックになっているのはどっちだ?

拍手[27回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
よかったー
エリートじゃ無いから変なパニック起こして
一般人に迷惑をかけたりしなくって~

ホント! 枝野のあの姿見た時は吹いたっ!
おれママ| | 2011/04/19(Tue)07:51:54| 編集
どうでしょう?
>日本に住む人々は結構冷静に判断、行動が出来る


「結構」の例外的事例なのかも知れませんが、

2009年夏の衆院選。
2011年3月、東京はじめ全国で買いだめ、品不足。総統に怒られるw



世界と比較すれば日本人はかなり冷静だとは思いますが、熱しやすく冷めやすい気質も持ってるし、パニック耐性はどうだろうな? って気はします。

大震災でも略奪や暴動は起こらず避難所では整然と列に並び配給を受けて世界から驚嘆された日本人ですが、火事場泥棒みたいな窃盗や詐欺、流言飛語はありましたし。



だからってエリートパニックとかふざけんなコノヤロ(怒)、だいたい平時にエリートらしいこと出来てないくせにこの非常時にエリートパニックになんぞなってんじゃねえ!!とも思いますが。
りょみpapa| | 2011/04/19(Tue)08:59:17| 編集
一般の人々のパニックを怖れるのも
結局は自分のクビが心配で心配でしょうがないからですよね。
襟元に糸くず落としてやっただけで飛び上がりますよ。
ろうらん| | 2011/04/19(Tue)16:39:49| 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
 カレンダー
04 2018/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]