忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近、顔が怖い・・・・・と周囲に遠慮なく言われる。この数年で顔面の><←このシワが深くなって仕方がない。
><←これが分かるだろうか?あのゴルゴ13にもある顔面のクロスなのだけれど分かる?

最大の原因は加齢ではない。主な原因は民主党政権だったと思う。人に言わせるとミジンコの睨みは殺人的らしく、この3年数ヶ月、民主党に寝返ったファッキン【ピーーーー(自粛)ーーーーッ!】な奴等に「自分たちがなにをしたか分かっているんだろうな?」といったお茶目な台詞を添えて「2度目は無いからな」とかいう趣旨の言動を繰り返していたら、顔面の><がえらいことになっている・・・・・。普段はめっちゃ優しい人間なのに非常にこの顔の変化が辛い。

特に訓練直後に体重が何キロか落ちたときがマズい。まるで殺し屋フェイス。実際には蚊さえもやさしく両手で包んで外に逃がすほどなのに!本当は血が手につくのがイヤなだけだけれど・・・・・。
訓練後に巨大ブリトーをガン食いしてふっくらしてから人に会わないとドン引きされる。実際、もう数え切れないほど訓練直後に顔馴染みのホテルの従業員一同に「な、なにがあったんですか!!!???」といったリアクションをされている。

顔の><が深いことを見せないために眼鏡の着用が増えた。中学生からコンタクトをしているのだけれど緊張感を出す必要がない場所にいるときは大抵は眼鏡にするようになった。人に怖いと思われることが辛い・・・・・。

決定打だったのは吉祥寺で夜中(といっても0時前後)にスケボーをやっていた見た目がNYのギャングですか?ってな青年がスケボーを誤ってぶっ飛ばしてしまい通行人の女性集団につっこみそうだったところをミジンコの念力、もといそこまですることないだろフルパワー踏みつけで止めたときのこと。つい「あぶねぇだろ、このバカ!」とつい「バカ」とか言っちゃったものだから心の中で「ああぁぁん、本当はそこまで怒ってないから絡んでこないでお願い、帰ってガンダムのゲームしたいのぉぉぉ・・・・」と願っていたら、期待も虚しくその生ゴミ、もとい青年が「あ”っ?」とかいう「あ」に濁点つけた発声をしてミジンコ涙目。涙がないので相手にそれが伝わらなかっただろうけれど。

とりあえず顔を殴られたときに眼鏡をかけていると危ないので眼鏡を取るという作業が咄嗟にできた。交番が近くにあることを知っていたので逃げる気満々だった。眼鏡を外した瞬間にそのゴミクズ、もとい青年の態度が豹変。スケボーをちゃんと手渡ししたミジンコ。今後はバカをつけずに「危ないから気をつけなよ」と超イイヒトモードに。青年「はい」と返事。><の力で「あ”」が「はい」に変換。あのスケボーバカ、ミジンコのことなんだと思ったんだ!結構そういうことで傷つく。

先日、なんと普段の夜中は生体反応すら消え失せる東小金井駅近くでOL風の女性をナンパしていたバカども、もとい20代に見えた若者2名あり。終電から数分後の駅前から帰宅するであろう女性についてまわる若者2名。その10メートルほど後方を歩いていたミジンコ。進行方向が同じだっただけで別に後を尾けていたわけではない。ただし会話は丸聞こえ「これから飲みにいかないっすか?」「金曜っすよ、飲みにいきゃーしょーよー!」としつこい腐れゴキ2名。無視する女性。前後に人影なし。こういうときに警察官の巡回も民間の警備車両(小金井をしょっちゅう青いパトランプで巡回している)も現れない。本当に尾行していたわけではない。ただしウォーキングの速度を緩めることは死んでもできない。自分の死活問題なのだから。というわけでそのアホ2名とかわいそうな女性の3人に追いついてしまった・・・・・。
女性に「だいじょうぶ?」と声をかけた。防寒の意味も兼ねてマスクをしていたので声をかけた瞬間に自分の眼鏡に息がかかって曇ってしまった。寒い夜中なのだ。眼鏡をお使いの方ならば「アルアル!」なことだろう。

眼鏡を外した瞬間に場が凍ったのは分かった。ショックだったのはそのアホバカクソヤロウな若者2名だけでなく、被害者の女性まで凍っていることが分かったこと。お、俺は無実なのに!
ともかくクズマヌケシンデシマエコノヤロウな若者たちは去っていった。女性とそこから徒歩数分のジョナサンの近くまで一緒に帰った。去っていったアホバカシンデシマエクサレゲドーオマエラオボエトケヨな若者2名がナンパを諦めずに戻ってくるかもしれなかったのでしばらくは一緒に歩こうということなったからだ。ミジンコが眼鏡をかけたら女性は安心していた・・・ってそんなにかよ!(涙)

そういえば、あの鈍感わらびでさえミジンコの眼鏡を外した顔にはリアクションに困っていたような・・・・・。なにかフォローがあるのかと思っていたら「あ~~~・・・・」ってなリアクションだった。わらび、ぶっ飛ばす(八つ当たり その1)

こうやってつい最近の事例を挙げるだけでもミジンコは超イイヒトなんじゃないかと思うのだけど風邪にかかって今もってまだノドが痛い。神様アホなの?(八つ当たり その2)

拍手[27回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
ん~
すっごい怖そうな外見で実はいい人とか、ギャップのあるキャラを出すって、もてのポイントだそうですし。

世間様のお役にたっているようですし。

結果オーラいということでw(^^)b
hectickep| | 2012/12/21(Fri)21:47:43| 編集
さすが「リアルなまはげ」www
鬼みたいな顔してるのに正直な反応に傷つく繊細なハートをお持ちなんですねw
りょみパパ| | 2012/12/22(Sat)02:01:32| 編集
そんな時は
眉間にマッチ棒が何本挟まるかチャレンジ♪
で、そのままでいれば怖くない怖くないw
まんじゅ| | 2012/12/22(Sat)16:17:20| 編集
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]