忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年も24時間テレビを1分も見なかった。別に視聴を避けていたわけでもなく単純に家にほとんどいなかったのと放送中に家にいたときは貯まりに貯まったレコーダーのハードディスクに保存されている番組を見ていたから。去年の番組すらも消化できていない。

森三中の人がマラソンをやるのは知っていた。ダイエットに成功したとかでほんの数ヶ月で88kgから71kgまで体重を落としたといった話も知っていた。全てネットの受け売り。24時間テレビが近づくとチャリティー番組であるのに出演者に高額なギャラが発生することや恒例のマラソン企画の胡散臭さなどネットでその話題を見ない日は無かった。これも毎年のことだ。

Google Mapを駆使した距離と歩行時の所要時間などについてのバッシングも山ほど見た。これも毎年のことのように思う。確かに24時間かけるほどの距離でもない。それに走る必要もないほど制限時間に恵まれている。問題は毎年ランナーがド素人であるだけではなくマラソンどころかウォーキングもおぼつかないような準備不足であるということ。ここで言う準備不足とは体作りのこと。今回のランナーはダイエットしたとはいえ太っている。正直言って、(ミジンコの場合、故障を避けるためにウォーキングに徹しているが)自分も含めて仕事をしながらせいぜい4日ほどでこなしている距離を24時間もかけて番組終了ギリギリに死にそうな形相でゴールしている毎年のランナーを見るにランナーの生命の危険すら感じている。あそこまでゴールでヘロヘロになってしまうランナーでは体力も技術もとても100km前後のランをやる準備ができていたとは思えない。その準備不足は本当に危険だ。

ごく単純な話なのだ。マラソンは身体をわざわざ壊すためにやるものではない。今回のランナーもまたしてもランナーとは言い難いほどの仕上がりだったのだと見ている。ダイエットに成功中とはいえ71kgはあの身長からして太り過ぎだ。とても長距離ランをできる体型ではない。

もっと身体作りと経験を積んでからでないと長距離マラソンなんてさせるべきじゃないのだ。24時間テレビは「愛は地球を救う」とか言っていなかっただろうか?言っていることとやらせていることが乖離している。一人でもまともなアスリートがその企画を監修していたら絶対にそんな無茶な企画はさせなかったことだろう。24時間もの時間的余裕があり休息を取りながらとはいえフルマラソンの2倍以上の距離を1日で走らせる、まぁ、実際は毎年のランナーは歩いているだけだがともかくずっとウォーキングだったとしてもその距離では肥満のランナー(ウォーカー)は必ず身体を壊す。足の皮がめくれたり、足の爪が割れたり、最悪なのは自身の体重によりヒザを壊すことだ。1度ヒザを壊したら今後の日常生活にも大きな問題が生じる。

実はミジンコも現在進行形で足の皮はえらいことになり爪も数ヶ所折れている。ヒザは壊していない。最近、疲労困憊の中、ノルマ(1日20km)をやっていたらフォームが悪かったらしく酷いことになっている。それでも1日でも止めるわけにはいかないので治しながら悪化させている。もう何年もそんな感じでやっている。止めれるものならば止めたいが今はそういうわけにもいかない。スニーカーは2週間もたない。それでも高性能なスニーカーでないともっと身体が故障する。お金がかかる。本当に苦労ばかりだ。長距離って本当に大変なのだ。常連さんたちはご存知のようにミジンコの脚の筋肉は普通じゃない。別に筋肉つけたいだとか思ったことも、そもそも地味な運動が好きなわけでもないけれど、毎日決めた距離を歩くということが余りにも辛いので足の筋肉が自己防衛のごとく変化していったというのが本当のところ。今だと数キロ程度だと歩いても走っても脚にはウォーミングアップにもなっていない感じすらする。そのくらい機械的に歩け筋肉痛にもならない。そんなミジンコでも24時間以内に88km(今回の森三中の人が歩いた距離と言われている)はきつい。できなくはない距離だが22kmごとに休憩数時間としても故障のリスクが高い。ちょっと度を超えた距離だからだ。マラソンのベテランランナーでも88kmは簡単なことではない。

24時間テレビがやっているようなド素人に急場しのぎのトレーニングをたった数ヶ月させたくらいでは先ず100km前後の「歩行/1日」で故障しないわけがない。地球を救うどころじゃない。一人の人間の身体をボロンボロンにさせる企画だ。ヒザを壊すとリハビリしようにも思ったようにできなくなり更に太り、その体重増加により更にヒザに負担がかかるという悪循環が始まる。要はまだ体重に問題がある人は過酷なチャレンジなんてするべきじゃないのだ。そりゃ24時間もあるんだからゴールはできるだろうが、そんな身体を壊すためにやるような無謀な企画で感動だとか涙だとかを狙うとは関係各位は鬼の集団か?体重71kgのまだまだメタボ体型の中年女性には無理をさせずに数キロをゆっくりとウォーキングさせるとか、プールで歩行させるとか本来選ぶべき選択肢があるはずだ。長距離マラソンでは決してない。

拍手[26回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
カノジョの今後の展開としては
見事にリバウンドして
それを自虐ネタにしていくと思われ。 (=_=)
青梅| | 2013/08/26(Mon)07:21:38| 編集
デブじゃなかったとしても
仮に71キロよりはるかに減量が成功していたとしても、まともに脚に筋肉がついていない人がそんなに走ったら(歩いたら)確実にヒザを壊すでしょうね。

多分、若いからヒザの痛みは数週間で消えると思いますが、そこで傷めた分は歳を取ってから確実に効いてきます。
ken_acr99  | | 2013/08/26(Mon)10:54:52| 編集
同じく
そういや今年も見なかったなぁ。。。
りょみpapa| | 2013/08/26(Mon)19:23:38| 編集
 カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]