忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以下はしんぶん赤旗の記事からの抜粋。集団的自衛権に反対することまでは否定しない。そういう権利が言論の自由が確保されているこの日本ではあるのだ。但し、嘘や事実無根のことを織り交ぜながら、まるで集団的自衛権を反対する人々が圧倒的多数のように伝えるその姿勢は卑怯だ。実際には各世論調査では集団的自衛権容認に賛成する国民の方が多数派であり、デモ参加者も主催者発表の数と実際の参加者数は大きく乖離している。ご参考→ 2,000人もいるかな?


初参加10代20代 みなぎる思い “行動しなきゃ” 「憲法守れ」官邸前抗議(しんぶん赤旗)

 集団的自衛権行使容認の「閣議決定」は許せない、と首相官邸前でおこなわれた抗議行動は6月30日、7月1日の2日間で10万人規模となりました。

(中略)

殺し殺されるのイヤ

楽器鳴らし踊りながら

 安倍政権が、集団的自衛権の行使を容認する閣議決定を強行した1日夜の首相官邸前。午後10時をすぎても、閣議決定の撤回を求める青年たちであふれていました。

 午後11時すぎ、それまでいくつかに分かれていたグループが一気に集結。同じコールにまとまり、「安倍は出てこい!」の大合唱です。

 踊りながらハンドマイクで「ファシストうせろ!」と声をあげる女性も。音響機器をかついだ学生たちは、ドラムとギターを鳴らしてコールをリード。9の字をかたどったグッズを掲げて「安倍聞いているか! 9条が怒っているぞ!」と叫ぶ男女もいました。

 同20分、コールがやみました。「これが民意です。デモにどんどん参加して、押し返そう。安倍首相をひきずりおろそう。みんなで、でかい声をだしていこう」という呼びかけに、指笛、拍手、歓声、「そうだ!」の声がわき起こりました。

(後略)



2日間で10万人もの規模のデモが行われていたのならば官邸前はパニック状態だったことだろう。しかしながら実際には交通規制すら行われていない。主催者発表の2,000人にも苦笑いしたが、10万人とは共産党は盛り過ぎだろう。

それにしても「楽器鳴らし踊りながら」って・・・・・。近所迷惑という概念はないのだろうか?以前にも国会前の大騒音抗議活動について、都内の一等地にだって住民はおり騒音によって困るどころか生活に支障をきたす人たちだっているのだから大音響は控えるべきだと唱えたのだが、こういうデモ参加者たちは一向に態度を改めない。まるで「大きな音=勝利」のような妄想を抱いているかのように毎度のデモで鼓膜が破れんばかりの大音響を出す。別に楽器を鳴らし踊らなくともデモの趣旨に沿った主張は可能なはずだ。なぜになにを叫んでいるのか分からないほどのボリュームで叫ぶ必要があるというのか?これではデモの目的が社会の脅威となることになっている。そんなデモにまともな人々が賛同するはずがない。そう、こういったデモは人々が無関心だから相手にされていないというよりも、関わらない方が良い危険な集団だと見なされているからほとんどの社会人から見ていないことにされているだけだ。当たり前だ。楽器をガンガン鳴らして踊りながらなにやら拡声器で叫んでいるヤツなんて近づくだけでも怖い。

しんぶん赤旗、つまり共産党としては10代20代の若者が大勢で共産党が反対している集団的自衛権について同じく反対しているという趣旨で今回の記事を公開したのだろうがまるで逆効果だ。先ずは10万人規模などという桁がひとつどころか3つは盛っている大嘘をついている時点で信用がおけない政党だと自己紹介しているようなものだ。そして10代20代のまだまだ未熟な若者たちがデモの場で「安倍は出てこい!」「ファシストうせろ!」「安倍聞いているか!9条が怒っているぞ!」などという自国の首相に対しての汚い言葉の数々も、共産党の主張に沿ったものならば、まるで良いことをしているかのように報じる共産党の浅薄さが露呈している記事だ。大体、まだ社会人にもなっていない若者たちが官邸前で「安倍は出てこい!」など叫んだら、その傲慢さと未熟さを諌めるのがまともな大人というものだ。共産党はそういう立場も弁えずに過激なことをいう愚か者を諌めるどころか賞賛して、次々と社会不適合な大人を輩出しようと頑張っているかのようだ。

たかだか10代20代でなにかを成したわけでもない若造たちも味方だと判断すると甘やかす政党なんて間違っている。例えそんな若造たちが味方であろうともデモの最中に品位の欠片もない暴言を叫んだら諌めるべきだ。最後に10代20代の若造が日本国の内閣総理大臣に意見を伝える際の言葉使いの正しい例を赤ペンで直しておいた。

「安倍は出てこい!」
「安倍総理、スケジュール上難しいとは存じますが可能であれば我々の意見を伝える面談の場を設けてください。宜しくお願い申し上げます。」

「ファシストうせろ!」
↑差別用語なので直しようがない。目上の人でもある安倍首相に「失せろ」と躊躇なく言えてしまう今までのこの若者の生き方に大きな問題がある。こんなことを発した瞬間に周囲にいるデモ参加者たちがその発言を諌めるべき。諌めないどころか煽るんだから最低最悪のデモということ。

「安倍聞いているか!9条が怒っているぞ!」
「安倍総理、聞こえていますか?憲法9条が怒って・・・・い、いえ、9条は人間じゃないので怒ったりはしません。ちょっと病院に行ってきます。」

拍手[41回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
10万人『規模』www
『規模』とか『世界最大級』と付ければかなり盛った大ざっぱな数字でも嘘じゃない、という姿勢なんでしょうか。

共産党は彼らの代表、少数派とはいえ国民の代表として国会に議席を持ち直接国会で論戦できる立場にあるのだから、機関誌の報道でチンピラどもの尻馬に乗っている場合じゃないだろうに。国会で内閣の姿勢を正せなかったのなら負けを認めるべき。
りょみpapa| | 2014/07/03(Thu)19:25:48| 編集
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]