忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

音楽ライターの宇野維正氏のツイートを見て改めてひとつ勉強させていただいた。ツイートの内容ゆえか炎上という残念な状況に陥っているようだが、非常に考えさせられる内容だ。



「息子があれだけ楽しみにしていた「妖怪ウォッチ」のエンディング。今年に入ってAKBのクソみたいな曲になった途端、死んだ目をして歌の途中でチャンネルを変えるようになった息子の姿を毎週見てると、マジで電通と秋元さんにムカついてくるな。いや、ほんとマジで」 言葉は乱暴ではあるが言いたいことは痛いほど伝わって来る。その息子さんが見なくなったというエンディングが↓これ。


まぁ、正直いってなんじゃこりゃ?というのが率直な感想。大人気の妖怪ウオッチに無理矢理にでもAKBグループを絡めてのこの作り。折角大ヒットした前作・妖怪体操からの「子供たち(視聴者たち)が一緒に楽しめるエンディング」を引き継ぐわけでもなく、まさに「台無し」にしている。なんだ、ウニャニャって?こんなの子供でも恥ずかしいだろうに。歌詞としてはアイドルたちのスキャンダルについての愚痴になっているが、この歌詞を書いている張本人がそんな愚痴が出る体制を作っている筆頭なのだから悪い冗談だ。

前作のエンディングを改めて見てみるとヒットする理由がよく分かる。


なんで妖怪体操のような子供が真似して楽しめるような路線をわざわざぶち壊してアイドルの登場なのだろうか?本当に理解に苦しむ。

炎上しているツイートへのリツイートの数々も見るに堪えない。要はAKBのファンであろう者たちが怒り狂っているわけなのだが、どう見ても妖怪ウオッチを見るような年齢の者たちではなく、もういい歳した大人のようだ。

「子供がガッカリしている」ということは、こと妖怪ウオッチのような広く親しまれている国を代表するアニメについて議論するには重要なテーマだと考える。子供が楽しむべき領域にまで侵食していく「おっさんたちが主要な消費者であるアイドルグループ」を問題視することはごく自然なことだ。要は線引きは必要だということだ。こういう子供を持つ親であり音楽業界や広告業界に精通しているジャーナリストが感じた違和感を示したツイートがアイドルヲタクと称されるいわば「子供ではない大人の集団」によって袋叩きに遭うような状況は異常だ。

ちなみに当ブログの管理人であるミジンコが海外の友人から教わった妖怪体操の振り付け動画はまなこさんによる超有名なもの。海外での評価も高い人気も頷けるダンスだ。


大振りなダンスが若々しくて大好き。この動画を見ると元気を貰える。

拍手[22回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
一応、擁護しておきますと
エンディングが「ようかい第一体操」でなくなったのは昨年夏です。宇野氏のご子息は前作「ダン・ダンドゥビ・ズバー!」by Dream5+ブリー隊長(※URL参照)も気に入ってたのかな?正直、ようかい体操第一に比べるとちょっと微妙でしたが。


ニャーケービーは前々から話の筋にぶっ込まれていた架空のアイドルグループで、妖怪界の住人たちに大人気。ジバニャンも大ファンでファン倶楽部会員番号一桁。そのことで、妖怪としては格上の古典妖怪からも一目おかれているという設定。ニャーケービーのコンサート会場が事件の現場にもなったり、今までもちょこちょこストーリーに絡んでましたので、エンディングになってもさほどゴリ押し感は私は感じてませんでした。

前作エンディングのビリー隊長もそうですが昨年末の映画にはドリフやスターウォーズのパロディをぶっ込んでましたし、元々がパロディ、コラボ、何でもありのアニメなので、ウチの娘は今のエンディングも違和感なく受け止めているようです。

・・・・ぶっちゃけ、ようかい体操第一は子供たちにとって『だいぶ前に流行り過ぎててもうお腹いっぱい』な存在なんですw
りょみpapa| URL| 2015/03/08(Sun)00:22:31| 編集
↑そういったお子さんの態度については
色々なものがあることが自然だと思うのですが、こういうツイートに対して明らかに年齢のいった(敢えて断定しますが)AKBファンと思われる(これも敢えて断定しますが)中年男性の集団がブロックされるまで延々とそのツイートに集中砲火を浴びせて黙らせるというのかいかがなものかと思います。

例の握手会での襲撃事件のときもそうでしたが、ひたすら盲目的にAKBが好きだからAKBの普及に邪魔な存在には猛烈な攻撃を加えるファンたちには呆れ果てております。

前作のことは存じております。Dream5が外れた瞬間に音楽業界的には「え?」となったので私も聞き及んでおりました。そしてこの歌詞の曲が入ってきたので呆れました。AKBも人気が上り坂とは言えない状況でなりふり構っていられないんでしょうが、歌詞がアイドルのスキャンダルへの愚痴とはまさに作詞者に対して「おまえが言うな!」です。
ミジンコ| URL| 2015/03/08(Sun)10:36:08| 編集
訂正
ムスメ、ニャーケービーのエンディングを受け容れていた訳ではなく、単に「興味がない」だけでしたw 
「ニャーケービーもAKBも全然興味ないしどうでもいいけど、歌の後にある『間違い探し』が見たいから待っているだけ」だそうでw

ちなみにようかい体操第一は4番の歌詞がアレ(♪どうしてうんちは臭いんだ?)なので嫌いだけど、アニメ番組エンディングだとそこまで行かないからセーフだったそうでw


ニャーケービーが番組のメインターゲットである子供に受けてないし歌詞も相応しくないのは同意ですし、父親目線で子供の楽しみを奪った相手に嫌悪感を示すのも凄く分かりますw

でもあのエンディング、新規ファン開拓を狙ったものでもなさそうですし、AKBファンにとってはファンに対する裏切りとも開き直りとも取れる歌詞で、一体誰得なんですかね?
りょみpapa| | 2015/03/08(Sun)22:08:34| 編集
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]