忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

なんだかなぁ・・・というのが率直な感想。

人種差別をされたと主張する人に根掘り葉掘りその差別について詮索する行為自体が差別を助長する行為のように思えるが故になかなかそこは追及し辛い。だからこその「なんだかなぁ・・・」なのだ。

こちらがミス・ユニバース日本代表に選出された宮本エリアナさん。


彼女が日本代表に選出されたときにその容姿について少なからずの反対意見を見かけた。海外でも複数の企業に在籍している当ブログの管理人ミジンコとしては人の混血具合なんて気にもならない事柄であり、そういうネガティブな意見よりも「へ~日本も国際化が進んでいるんだねぇ」といった感想だった。アメリカ人の父と日本人の母を持つ彼女の容姿はハーフやダブルと称されるもののそれであり、生粋のアジア系とは言い難い。まぁ、人種がどう見えようが端正な容姿であることは間違いない。

以前にミス・インターナショナルのグランプリ受賞者の日本人女性がアメリカのラジオ番組に出演した際の不用意な従軍慰安婦についての日本批判を問題視したことがある。当時の記事→ ミス・インターナショナル・グランプリの吉松育美さんの言動が残念だ
海外に渡ってその現地の雰囲気に呑まれての安易な日本ディスカントは日本人として厳に慎むべきことだと考えるからだ。国や現地メディアには各々の思惑があり、例えば日本を叩きたいときには日本人に言わせた方がより説得力を持ち効果的だと考える卑劣な輩もいるのだ。そんな卑怯な連中の手のひらの上で踊らされ、母国日本に不利益な状況を作るなんて馬鹿げているということだ。

さて、この大前提を踏まえて今回のミス・ユニバース日本代表の言葉を取り上げたい。



  ミス・ユニバース日本代表の宮本さん「人種問題伝えたい」(Yahoo!ニュース 西日本新聞)
 佐世保市出身の宮本エリアナさん(20)がミス・ユニバース日本代表に選ばれ、6日、県庁で中村法道知事を訪問した。父親がアメリカ人、母親が日本人の宮本さんは「人種差別でいじめられた経験があり、世界に人種問題を伝えたい。日本の良さもアピールしたい」と、11~12月ごろに開かれる世界大会への意 気込みを語った。

 宮本さんは昨年11月の長崎大会で県代表になり、今年3月の日本大会で各都道府県の44人の中から日本代表に選ばれた。県代表が日本代表になるのは2年連続。中学まで佐世保市で過ごしたという宮本さんは中村知事に「佐世保は生まれ育った街で、住みやすくて好きです」と笑顔を振りまき、中村知事は「世界大会で佐世保のことも自慢してください。県民も応援してます」と激励した。



この宮本エリアナさんには深呼吸をしてからもう1度、その時のいじめは人種差別が原因だったのかを考えてみて欲しい。そして人種差別の本質を考えても見て欲しい。

遠回しに言うつもりはない。なんでもかんでも人種問題とすることには同意しかねる。勿論のこと、いじめは許されない。人種差別も言語道断だ。どちらも許されないことではあるのに人間社会に常についてまわる深刻な問題だ。だからこそ、このいじめと人種差別を混同することは間違っていると強く主張したい。そうでないといじめ問題と人種差別の両方の本質を見誤り、どちらの問題解決も遠のいてしまう。

更にド直球で言えば、人間関係の問題、対立、複数の人間関係でどうしても折り合いがつかず反発し合ってしまったこと等、人種というよりも性格の問題が原因であることまで全て人種問題として語るべきではない。今回の宮本エリアナさんのケースが人種差別だったのか否かの判断までは当ブログではできないが、日本の佐世保の地で育まれた彼女の外見だけではなく内面の美しさ、ミス・ユニバースの国の代表として彼女が選出された日本の寛容さ、それを一番分かっている宮本さんご本人が世界に向けて最初に訴えたいことが「日本で人種差別でいじめられたこと」とは、なんともやるせない気持ちになる。

人間関係の対立、例えばただの喧嘩でも人種差別として捉えられなくもない。言ってしまえばキリがない。日本人同士でも喧嘩があればいじめもある。全部なんでもかんでも人間関係の対立を差別問題に置き換えることはどうかと思う。そこに本当に差別があっただろうか?人種が異なる者同士の対立が全て人種差別問題だろうか?当ブログの管理人は長い期間外国籍の女性と交際していたこともあるし、今の職場は外国人が多数だ。恋人との喧嘩から、仕事上の意見の相違まで今まで数え切れないほどあったが人種がどうのといった感情を抱いたことがない。恐らく喧嘩相手もみんなそうだったことだろう。あくまでも喧嘩や対立であってそこにはむしろ人種なんてことはアタマの片隅にもないことだ。きれい事でこういったことを述べているわけではなくて、これこそが外国人との垣根がない付き合いだ。当ブログをご覧の皆さんだって誰かと喧嘩したり難しい関係になったときに相手の外見だとか身体的特徴が気にかかるだろうか?それよりも先ずは相手の心の部分、性格やなにを言われたかが気になるのではないだろうか?いじめや喧嘩を強引に人種差別に持って行く人はここの捉え方がどうにも歪んでいると感じる。その方が自己弁護もしやすい上にいじめをしたという相手に人種差別主義者という貼り紙を貼れて気も晴れるのだろうが本当にそれは人種差別だったのだろうか?世界にそんな曖昧な人種差別を訴え、日本をまるで人種差別大国のように触れ回ることが正しいことだろうか?大いに疑問だ。

そもそも日本ではハーフと称される混血の人々はむしろ人気がある。この実情を知らない海外の人々が宮本さんの弁を鵜呑みにしてしまうことが心配だ。まるで純日本人しか認めないような国だと誤解されてしまうことは納得がいかない。ハーフであろうがウォーターであろうが、むしろ混血の人々は人気があり憧れの的だ。これが本当のところだ。

ここまで書いていて今更ながらに思い出したのだが我が家にもハーフがいたんだったw
正直、キパ子がハーフと言われてもピンと来ないのではあるが本当にハーフらしい。実の父親はアメリカ人らしい。でもミジンコの方がキパ子よりも英語が上手い。そう、旅行での英会話くらいは余裕でこなすが英語が話せるとまでは言えないキパ子は日々、そのことで苦労している。見た目的に英語を話せて当たり前という理不尽な判断をされて街やバーで日々英語で話しかけられているからだ。キパ子と同じバーにいてキパ子が謎の絶叫英会話で外国人のナンパに抵抗して、これまたアメリカ人とのハーフのゴリマッチョが謎の猛獣英会話でキパ子をガードする。ああ、そうだ、ゴリマッチョもハーフじゃん!そういうハーフな彼等も日本で育ち色々あっただろうが、そういえば人種差別を受けた云々の話は聞いたことがない。ハーフだから故のいじめがこの日本には一切ないとは思っていないし、ハーフとはいっても日本人ではない方の血の元の国・人種によっても相当に状況が変わることも承知している。だからこそハーフへのいじめも差別もまったくないとは考えていない。だからといって人間の対立を全て人種差別に持って行く姿勢にも同意しかねるのだ。結局は人間関係の問題なのではないかと思えるからだ。日本人が日本人と喧嘩したりいじめたりしても「日本人が日本人を差別した!」とはならない。

拍手[29回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
田舎の排他性
人と違う個性は排除しがちな田舎の風潮なんて、佐世保に限らずどこにでもあったと思います。ちょっと変わった個性、お金持ちっぽい習い事をしている、外見が日本人ぽくない、特異な才能がある。そんな些細なきっかけでいじめに遭うのは誰にでもどこででも起こりうること。彼女がその外見ゆえにそういうことに巻き込まれたであろうことは想像に難くないですが、それが人種差別かと言うと、そう言えなくもないとは思いますが、正直違和感あります。
りょみpapa| | 2015/04/07(Tue)23:44:09| 編集
個人的な話で恐縮ですが
実は僕、おじいちゃんがアメリカ、母がハーフのクウォーターです。
子どもの頃、何人かの人が僕を「外人」と言っていじめ(差別?)ました。母は日本に帰化しているし、父は普通に日本なので、国際法上では日本人なんですけどね。かくいう僕も、日本産まれの日本育ちなので、英語は片言でしか話せません。容姿に至っては「言われてみればそれっぽい」という人もいれば「どっからどう見たって日本人じゃん」と言う人も。中にはあからさまに疑ってかかり、「なぜそんな見え透いた嘘をつくのだろう。気持ちが悪い」と言わんばかりの視線を向けて来る人さえいる始末。母親を会わせれば済む話ですが、これがまた複雑な事情から親子の縁を息子のこちら側から切っているため叶わない話なんです。
自分の身体に流れている血を信じてもらえないというのは、ある意味でのいじめというか差別というか、なんとも言えないみじめな気持ちを感じるのであります。
トニー| | 2015/04/08(Wed)09:59:54| 編集
たった今、彼女のことを特集したニュース番組を放送していました
感想は「なんだかなぁ・・・」です。記事を書いたときと同じ気持ちです。むしろこの同じ日本人が「なんだかなぁ・・・」と思う虚しさを宮本エリアナさんが感じ取っていただければ、日本人として世界に先ず発信するべきことが「いじめ」や「差別」を受けたことではないと分かってくれるんでしょうが・・・・。

今見たニュース映像で地元の友人たちが番組に協力してくれていたりしているんですよ。ハーフへの偏見がないからという理由で中学3年生からアメリカに引っ越したと説明していましたが、これも「なんだかなぁ・・・」です。いちいち皮肉を言うのもなんですが、そのアメリカで今この時に最大とも言える社会問題は「黒人への白人警察官の対応」です。宮本エリアナさんが日本の警察官に不当な扱いを受ける可能性はほとんどないと思いますが、アメリカでは彼女をあからさまに差別する警察官がまったくいないとはいえないんですよ。彼女はアメリカで何を見て来たのかも疑問です。それで日本よりもアメリカの方が差別や偏見がないとはアメリカ生活も長い身としては正直いって「正気か!?」と言いたくもなります。
ミジンコ| URL| 2015/04/20(Mon)23:21:24| 編集
おかしな話
小学生の時のいじめを「差別」と、のたまうのは如何なものでしょうか?子供はどの国でも残酷なものです。
保護者や先生も一緒になってイジメていたのでしょうか?
それなら人種差別です。

中学生の時はイジメはなく、人気者だったようだし、おかしな話です。
今はむしろ仕事もあって順風満帆ではないですか?それなのに日本に差別?
ネット上の無責任な言葉を取り上げて「差別あり」とするのはあまりにも横暴で、日本人に対する偏見でしょう?!

最近は「日本人が差別をする」と思い込ませるキャンペーンでもあるのでしょうか?
確か、去年の人も「日本に女性差別がある」と同じようなことを言っていましたね。そうすると世界的に受けるのか、分かりませんけど。
同じ女性として、ものすごく違和感を感じます。

のり| | 2015/04/21(Tue)02:30:26| 編集
 カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]