忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

早稲田大学が2日、都内の同大学内で会見を行い、STAP細胞を発見したと主張した理化学研究所の元研究者、小保方晴子氏の博士号を取り消したことを発表した。この件については早稲田大学は被害者ではなく、その後の日本の基礎研究に甚大な被害を与える博士を生み出したことへの非難は免れない。小保方氏の件以降、博士号そのものの信頼性は悪い方へ変化した。実際には圧倒的多数の研究者たちは期限付きの採用など不安定な立場の中、必死に、まさに不眠不休といった日々で研究に勤しんでいる。小保方氏のケースは異例中の異例だと思いたいのだが、これまでの早稲田大学の対応は博士号を与えるまでのプロセスについての疑問を払拭できているとは到底言い難い。第2第3の小保方氏は本当に存在しないのだろうか?という疑問は今までの早稲田大学の説明では払拭できていないと断じたい。

早稲田大学の対応にも疑問は残るが、小保方氏の博士号取り消しはしっかりと手続きを踏んだ至極真っ当な判断だった。その早稲田大学の決定について小保方氏の代理人を通しての弁を以下に掲載する。

小保方晴子氏(代理人を通じて)
「昨年、総長からは、指導過程および学位授与の審査過程に重大な不備・欠陥があったとの理由から、猶予期間を設けて論文訂正と再度の論文指導を受ける機会を与えるとし、これが適切に履行された場合には取り消さず学位を維持する、とのご決定を戴きました。私はこれに従い履行したにも関わらずの今回の決定には失望しています。」

小保方氏の代理人である三木弁護士はこの早稲田大学の決定を受けて法的措置の検討をしているそうだ。

小保方氏は博士だった時に文部科学省選出の学振特別研究員(日本学術振興会特別研究員)だった。学振特別研究員には当時でも3年で約1,200万円ほどの手当てがあったはずだ。3年でそれは決して多い金額ではないかもしれないが年400万円もあれば人は充分に生きていける。家庭を持つ会社員がその年収であることは珍しくもない。極めつけは理研時代だ。研究ユニットリーダーとして2年で約1,600万円の収入、そしてその研究自体にかかった研究費が数千万円規模で存在する。少なく見ても5,000万円は超える国庫からの負担があったのだ。更に言えば、萎える話ではあるが理研はSTAP細胞の有無を確認する検証実験をしなければならず、それを今年もやっていたのだ。それにかかった研究費も2,000万円ほどはかかっている。今年の時点でのSTAP細胞の検証なんてまさにお金をドブに捨てるような印象が強かったが、過去も今も小保方氏が「STAP細胞はあります」という発言を撤回し不正を認めないことには理研は検証しないわけにはいかなかった。小保方氏が「博士」であったからこそ支払われた税金を基にする研究費が数々存在するということだ。小保方氏が早稲田で博士号を取得できなければこういうことは起きなかった。

小保方氏は、上記の税金による負担を顧みてもまだ博士取り消し措置に対して「失望」と言えるのだろうか?小保方氏も彼女についている弁護団も早期に不正を認めていれば国庫への負担が軽減できるという考えは無かったのだろうか?小保方氏は今もまるで被害者のような言動に終始しているが、本当の被害者は不正で博士号を取得してありもしない万能細胞があると主張した偽研究者に延々と税金を湯水のごとく浪費されている国民のほうだ。

拍手[39回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
早稲田大に文句言いたい気持ちはちょっと理解
一度は博士課程を無事修了させ学位を授与し、
二度目はSTAP細胞騒動の余波で博士論文にも疑義が生じた時に早稲田大がチェックして「学位授与に問題なし」と断言し、
そして世間の風向き悪くなって「早稲田の学位って大丈夫か?」とまで言われるようになった後の三度目めの審査で、「検証したら不備があった、修正して再提出しなきゃ学位取り消し」

STAP細胞で問題があったから過去の学位授与に遡って取り消し、って、じゃあ学位とってなかったら「早稲田大学卒業」というのを取り消したの?世間が騒がなきゃそのままだったのでは? 二度まで学位OK出しといて、その後の様子見て「不備があった。取り消し」とは、学問的に正しい対応とはとても思えない。一度目、二度目でOKと判断した早稲田大学の責任はどうなんだと言いたい気持ちは私もあります。

ただ、学位が学会における運転免許証のような性格であることを考えると、重大事故で免許取り消しもありうるので、博士論文の不備云々ではなくその後の学術活動に問題あるため取り消し、というのはありかなと。学位授与にそのような取り消し規定があるのか知りませんし今回早稲田はそうは言っておらず、あくまで博士論文の学術的価値で審査したということなので、ならば博士論文受理後の行動で評価が揺れ動くのは論理的でない。


本来であれば最初から学位を出すべきではなかったし、最初に問題視されたときに学位を取り消せばまだ傷は浅かったと思います。
学位を与えるべきでなかった者に与えた早稲田大学は責められて然るべきだし、この早稲田の失態に損害を受けた日本人は文句言う権利があります。


また、学位が授与されなければ単なる大学院卒、修士のリケジョとして別の人生があったはずの小保方氏も文句言いたい気持ちは少し理解できますが、博士論文コピペもSTAP騒動も自分のやったことですからそれは自業自得だろうと。

法廷闘争?ふざけんな!という部分は激しく同意です。
りょみパパ| | 2015/11/03(Tue)22:37:11| 編集
学位取り消し自体は
国内のみならず海外の名門と称される大学機関でもまったく前例がないわけではないと記憶しております。その取得過程に疑義が生じ調査の結果、不正が認められた場合は学位取り消しは異例というほどではないはずです。取り消しまでに2度3度と査問会議が開かれることもどの大学でも共通しているようです。

りょみpapaさんのご指摘のように私も今までの早稲田の対応には疑問なので記事にも書いたように早稲田が被害者のようには思えません。批判が殺到した後でやっと重い腰を上げた感があり、当初はなんとか有耶無耶にしようとしていた感が否めません。

そんな色々と杜撰だった早稲田の対応ですが学位取り消しについて小保方氏側が訴訟を検討という脅迫めいた物言いには呆れ果てています。あのSTAP細胞問題の当事者がそれを言うか?という気持ちが強いです。あれだけの不正と甚大なダメージを日本の基礎研究界に与えておいて何を言っているんだ?とその厚顔無恥さに憤っています。まさに権利の履き違えです。訴訟する権利は確かに万人にあるのですが、問題を起こして長引かせて被害を拡大した張本人がやることかと・・・・。
ミジンコ| URL| 2015/11/03(Tue)23:15:50| 編集
やっとですね。
とりあえずは、氏の学位が取り消しになってほっとしたというのが本音です。多くの真面目に勤めている研究者の方々が氏と同じ土俵に乗せられてしまうのは不憫だと思っておりましたので。
ミジンコさんも記事で触れられていましたが、私は早稲田大学の罪のひとつは、氏や氏の弁護団に下記のような言い訳を出し得る根拠を与えたことだと考えております。

(小保方氏のコメント(URL参照)より、一部抜粋)
「前回の学位授与は、私の在学中に研究活動を指導し研究の進捗状況等の報告をさせて頂いていた教官の先生方らによって、正式な審査過程を経たうえで授与されたものです。しかし、今回の同じ研究科における再度の審査過程では、今回の修正論文は博士に値しないとされることは、前回の授与時判断と大きくかい離する結論であり、指導過程、審査過程の正当性・公平性について大きな疑問があります。」

そして、りょみパパさんもご指摘された通り大学の対応が不確かな理由で二転三転したことにより、「学術的な理由とはかけ離れ、社会風潮を重視した結論を出されたことは明らか(原文ママ)」などという逃げ口上を与える結果となりました。氏の理研への報告書と今回のコメントの全文に目を通してきて私が感じるのは、氏の主張の中で客観的な根拠としてすがれるのは早稲田大学が出した学位とNature誌の査読しかないのではないか?ということです。コメントを読めば氏に客観的な判断力が備わっていないことは明らかですが、この二つがあるために滑稽な主張が何度でもくり返され、税金と海外を含む多くの研究者の貴重な時間が浪費され続けています。もし弁護団の方に良心があるならば、こんな馬鹿げたことには一刻も早く終止符を打ってもらいたいです。
ぴかぴか| URL| 2015/11/04(Wed)00:36:26| 編集
早稲田大学の反論
「小保方氏のコメントは事実と異なる点や誤解がある」早稲田大学が「反論声明」を発表(URL)



小保方さんと見解の相違が大きいようですね。電話やメールでのやりとりという客観証拠があるそうですから、小保方弁護団も勝ち目のない訴訟に踏み込むかどうか。。。


りょみパパ| URL| 2015/11/04(Wed)19:04:57| 編集
 カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]