忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

人と人との関係でも国と国との関係でも一方の「我慢」が必ずしも良い方向に働くとは限らない。いじめやストーキングをやっている加害者の方に被害者が我慢を見せたところで状況が改善するだろうか?むしろ事態は悪化の一途を辿ることだろう。国と国との外交も同じことだ。特に中国、韓国に執拗に毎日毎日罵詈雑言を投げかけられている日本の国民にとってはその我慢では相手の攻撃は止まらないことは知らない者はいないことだろう。

オーストラリアについては当ブログではその国家としての日本に対する非礼、そしてオーストラリアの国営チャンネルまでもが日本人観光客に失礼を超えた犯罪とも言える行為を数々してきて、しかもそんな卑劣な番組がオーストラリアでは苦情が殺到するどころか高視聴率だったことも批判したことがある。日本国内で日本のテレビ局が空港でオーストラリアからの観光客を狙って水鉄砲をかけたらどうだろうか?オーストラリアの都市にロケ班が赴いて牛肉をクジラの肉と偽って通行人に食べさせたらどうだろうか?オーストラリアの番組は「実は相撲レスラーの肉だ!」と食べた後の日本人の通行人の反応を放送している。

ハーグの国際司法裁判所の判決は皆さんご存知のとおり。「南極海での調査捕鯨は条約違反だ」との判決だ。あくまでも調査捕鯨という名目での捕鯨は科学的根拠に乏しいという見解であり、元々の日本側の苦しい言い分である「調査捕鯨」は通らないということだと当ブログは考える。クジラの胃の内容物を調査する為には殺すしかないのではあるが、そういった全てが調査の為であるとする日本側の主張は確かに苦しいとは感じていた。初めから日本には捕鯨をする権利があるし、譲歩に譲歩をして遂には出て来た調査名目での捕鯨がそもそもおかしい。ずっと日本は商業捕鯨をする権利がある。ましてや今回の法廷闘争、提訴したのはオーストラリアなのだ。冒頭で述べたとおり、延々と日本の捕鯨を批判し続けてきていくら日本が我慢を重ねてもその攻撃を弱めるどころか過激化していきシーシェパードの海賊行為にまで国を挙げて加担している国家だ。過激どころかテロ行為にさえ及んで代表は国際指名手配犯となっているシーシェパードに寄港地を与え、日本の調査捕鯨船団のレーダー情報などで協力までしているとんでもない国だ。

日本が反捕鯨国に食文化を奪われるいわれはない。日本の捕鯨に関わる人々が仕事を奪われるいわれもない。調査捕鯨ではなく商業捕鯨、つまり日本人が鯨を狩り、鯨の肉を食べる為の捕鯨を再開するべきだ。オーストラリアのアボット首相が4月5~8日に公賓として来日する。安倍総理との首脳会談は7日に予定されている。豪州が豪産牛肉の関税引き下げを求めている日豪の経済連携協定(EPA)交渉が実質合意できるか、その重要な会談の為だ。アボット政権は日本を提訴した政権とは異なるとはいえ、正直いってどの面下げて日本にやってくるのか?日本から鯨肉を食べる権利を着々と奪っておいてオーストラリア産の牛肉や小麦はじゃんじゃん買ってくれって、これ人間関係ならばとっくにぶん殴られているところだ。あくまでも外交であり、確かに日本は豪州産食品への依存度が高いので一気に豪州産食品を禁輸措置なんていう対応も現実的ではないし大人げないとは思う。ただ繰り返すがどの面下げてくるのか?とは思う。まるで日本の弱気外交が馬鹿にされているかのようで腹立たしい。

そもそも日本はハーグで本当に弱かった。法廷闘争というよりも日本が殴られっぱなしの裁判だった。完全に日本が悪のようになっていた感が否めない。鶴岡政府代表は報告後、記者団に「首相から、訴訟指揮にあたった私に対し、日本の主張が法廷において認められなかったことについて厳しい叱責があった」 と明かしている。この代表の態度がそもそもおかしい。総理から叱責されたことをマスコミにリークする程度の代表なのだ。そこはいくら叱責されても飲み込むべきだろう。その程度の覚悟で代表をやっていたということだ。そりゃここまでの完敗も頷ける。

日本はIWC(国際捕鯨委員会)を脱退するときが来た。日本が抜けたら資金難になるような委員会に延々と日本は属し、ずっと捕鯨国と反捕鯨国の歩み寄りに尽くしてきた。その結果がこれだ。我慢をしたところで相手が理解してくれるとは限らないのだ。菅官房長官は国際司法裁判所の判決を受けて「残念であり、深く失望しているが、国際法秩序、法の支配を重視する国家として判決に従う。今後の対応は、判決内容を慎重に精査し、真摯に検討する。」と述べている。そうだ。法律は守らなければならない。調査捕鯨を南極海で行うことはもうするべきではない。調査などという苦しい言い分はもう止めて商業捕鯨を再開するべきだ。鯨肉の消費量を激減させて豪州産牛肉の消費量を増やすなんて馬鹿丸出しだ。そんなことやっていてもオーストラリアは日本に感謝なんてしない。むしろ次の付け入る隙を探し出すことだろう。そうシーシェパードがクジラからクロマグロに守る対象をシフトしつつあるように「ゆすり・たかり」が染みついてしまった者たちはその発想から抜けられないのだ。そんな恐るべき傲慢な国や組織を相手にするときは毅然とした態度と揺るがない決意だ。日本は鯨肉を食べる。これを断固たる決意として世界に示す為にも商業捕鯨の再開だ。

拍手[40回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
どんなに話し合っても
理解し合えない部分ってのはどうしても残ると思うんですよね、人同士も、国同士も。主義主張は違っても違う価値観を尊重し合うことで壁は乗り越えられると思うんですが、『捕鯨=野蛮』というリスペクトには程遠い固定観念がある以上、いつか理解が得られるかもなどという幻想は捨てた方が良さそうですね。
りょみpapa| | 2014/04/03(Thu)23:25:41| 編集
無題
カンガルージャーキーをお土産に頂き『じぇじぇっ』と引きつつも、これはオーストラリアの食文化なんだと理解に努めたことがありました。
それなのにカンガルーは良くて捕鯨は野蛮という線引きは理解不可能です。

人間相手でも国でも、こちらが善意に解釈すれば相手もこちらを理解してくれるだろうというのは幻想ですね。

給食にクジラ肉がばんばん出た世代…ついでに言うと低学年の時は脱脂粉乳も(給食お残し禁止だったので鼻つまんで飲んでました)…鯨肉立田揚げは、あの時代の給食メニューの中ではおいしかった記憶があります。
10年くらい前、釧路のお寿司屋さんでクジラのたたきの握りを頂きましたが、牛のたたきのようでとても美味しかったです。
アルフ| | 2014/04/04(Fri)07:57:02| 編集
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]