忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

秋葉原でのAKBのイベントはあの殺人未遂事件から1週間で再開。万世橋警察署の私服警察官10名が警備に加わっての再開だった。AKS(運営)側は警備員を増員し金属探知機も設置したが結局は万世橋警察署は警備に加わらないわけにはいかなったようだ。なにしろあれだけ注目を浴びている事件から1週間でAKBの本拠地とも言える秋葉原でのイベント開催だ。模倣犯やら愉快犯やらが出る可能性はあった。警察としては民間のイベントとはいえ、なにもしないわけもいかなかったのだろう。

その秋葉原でのイベント再開のニュースで初めてハイタッチ会なるものを知った。イベント終了後にアイドルたちと来場者がハイタッチをするらしい。そのハイタッチ会は中止ということを一連のニュースで知ったのだ。10代も含む少女たちと中年男性たちとのハイタッチの光景、う~ん、酷い。お金が発生するイベントが故のハイタッチ。この世の地獄だ(苦笑)

まぁ、ハイタッチ会のことは置いておいて、そもそも警察の世話にならなくてはならないような状況下ではイベントを中止することは企業側のモラルというものだろう。お客様を危険に晒す可能性が高く、警察の仕事を増やすようなやり方は先ずは「中止」という選択が最優先されるべきだ。儲け損なうだとか、イメージだとか、そんなことは企業側が負うべきリスクであり、そんなリスクを回避したいが為にスタッフのみならずお客様の危険を承知でイベントを開催するその判断は間違っている。そもそも回避できるリスクを強行してまで被害者ぶって警察の手間を増やすことも企業倫理としては最低の部類だ。延々と警察官が動員されることを見越してのイベントなんて到底看過できない。警察官の数は有限だ。どこかの警備に集中されるとどこかの地域が手薄になる。いわば警察機能の私用は公共道徳に反する行為であり犯罪助長にもなるということだ。

ここまで警察官のAKBイベントへの“運営側は要請していないとはいえ半ば強制の動員”を批判してきた。もうすぐAKB総選挙という例の大型イベントは中止検討もされなかったのだろうか?番組を担当するフジテレビでは連日大々的に宣伝しており、他のメディアでも最近はほとんど見かけなくなったAKBグループのメンバーたちが総選挙の宣伝活動に勤しんでいる。殺人未遂事件があった直後にその殺人未遂の対象となったアイドルグループの2日間で14万人も集めるイベントを開催するらしい。どうかしている。

「7万人に金属探知機チェック」AKB48選抜総選挙、混乱必至でも厳重警備を貫く運営の狙い(ライブドアニュース)

↑ここでも調布警察署の警察官たちが警備に動員されることに触れられている。味の素スタジアムがある調布市の調布警察署としてはなにもしないわけもいないのだろう。スタジアム周辺のパトロールを普段よりも増員する模様。

企業が避けようもない事故や事件で警察の協力を得るということならばまだ理解できる。警察も公共サービスのひとつという考えとすれば、企業であろうが警察の(納税しているので広義では異なるが)無償の協力を得る権利は企業にもある。しかしながら、わざわざ事件の起きる可能性が高いイベントを開催しておいて、後付けで警察も警備に参加していることをそのまま受け入れてイベント中止という決断は行わないイベント運営側の開き直りはまさに税金泥棒の類いだ。そりゃ警察としてはイベントを開催されてしまえば警備を強化しないわけにはいかない。警察が警備についての様々な要請をしているイベントは常識的に考えれば「警察は中止して欲しい」と考えていると捉えるのが大人の倫理観というものだ。「じゃあ、警備を強化しよう!警察もどうせ協力してくれるんでしょ?」なんて態度、冗談じゃない!

今もって総合プロデューサーと称する秋元康氏は殺人未遂事件についても数々のイベントが内包している危険性についてなんの声明も発表していない。その程度の責任感ということだ。そんな無責任な大人たちの狂気のイベントに7万人もの人間が集まり、ただの売上競争を総選挙と呼んで熱狂。まともな判断のできる人間が誰もいないイベントだ。警察を巻き込んでのこういうイベントが許されるのであれば今後も警察の私用について際限が無くなってしまう。基本、イベントの警備は民間の警備会社で事故や事件を抑止できる範囲で行うべきであり、民間では予想される事件を防げないような危険なイベントの場合は中止という判断であるべきだ。

拍手[35回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
花火大会とかマラソン大会とか
公的な性格の強いイベントなら警察の警備も分かるんですが、アイドルグループのファンサービスイベントは本当に、民間警備会社に委託するか、マジックハンドか、動物園の「カワウソと握手」方式にして欲しいモノです。
りょみpapa| | 2014/06/06(Fri)08:20:46| 編集
自警団を作って勝手にやってくださいな。
AKBのファンの中から人材を厳選したらどうかと思うんですが。
格闘技の経験があり、なおかつ人間性にも問題はないと事務所側が判断したファンにボランティアで警備してもらえば、経費もかからず自己完結的にアイドルグループの活動を支持できるじゃないですか。
社会のごく一部の人しか興味を持たないアイドルグループのために、警察という公共の人的資源を浪費しないで欲しいです。やりたい人たちだけで勝手にやってください。関係ない人に迷惑かけないでください。・・・と、僕は言いたいです。
トニー| | 2014/06/06(Fri)22:33:06| 編集
警備どころか
総選挙後の調布市はカオス状態に・・・・。小金井までの道のりでちょっと迂回して夜中の飛田給を見ましたがピンクカッパが至るところに散乱していました。警備以前に先ずは運営会社と来場者のマナーという情けない状況です。
ミジンコ| URL| 2014/06/08(Sun)06:48:52| 編集
 カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]