忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

本日、皆さんご存知のようにW杯予選、対コートジボアール戦で日本中が盛り上がっていた。渋谷で混雑のどさくさに紛れて痴漢行為をするといった不届き者も僅かながらいたようだが、総じて皆が日本代表の試合に一喜一憂、敗れはしたが楽しい時間を過ごせたように見えた。ミジンコも家族や友人たちとパブリックビューイングを開催したビアホールで大盛り上がり。本田の一発の後の胴上げでおとべっち落下という悲劇に見舞われたがビール片手に大勢で観戦するW杯は楽しかった。勝ち負けも大事ではあるが皆がひとつのことに夢中になるそんな瞬間は滅多にあるものではなく、とても有意義な時間を過ごせた。そういう意味では敗れはしたもののザック・ジャパンに感謝している。

試合が終わりパブリックビューイング会場で残念万歳をして解散。その足で所用のあった小金井へと向かった。駅までの道のりも電車の中でもサムライブルーのレプリカユニフォームの人たちが大勢いた。みんなワイワイガヤガヤと試合の感想に触れ、悔しがりながらも楽しそうだった。スポーツ観戦はひいきのチームが負けた時のほうが話が盛り上がるものだ。

東小金井駅に着いたのは午後2時ちょっと前。集団的自衛権に反対する署名集めを駅前で行っていたと思われる老人たちが5~6名だったろうか、後片づけをしていた。署名用紙やボードだけではなく拡声器もあった。東小金井駅をご利用の方々には珍しくもない光景だ。あの駅では頻繁にそういう署名が行われているのだ。乗降客の多い吉祥寺駅などでは滅多に見かけないそういう署名活動を東小金井駅ではウンザリするくらい頻繁に見かける。残念ながら我が故郷の小金井はそういう活動が盛んなのだ。今にして思えば自分は妙な土地で育ったんだなと思う。母親が所属する小学校のPTAが日教組とやり合って週刊誌の記事になったことがあると大人になってから聞いた。母たちはなにか得体のしれないものから我々子供たちを守ろうと必死に頑張ってくれたのだ。菅直人の地盤であり、民主党政権前の小泉政権などで自民党がまだ支持率が高かったときに都内では小金井・武蔵野の選挙区以外では小選挙区は全て自民党議員が勝っていたが、我が地元だけは菅直人が当選していた。それから8年もかかり、その間に菅直人は首相まで経験してしまった後にやっとのことで菅直人が小選挙区で落選(※ その後、惜敗率で復活当選、いわゆるゾンビ議員に。)していた。要はそういう土地なのだ。地元をこのままで済ませまいと奮闘しているのが今のミジンコだ。実際、だいぶ小金井は変わってきているのだ。

話は戻ってその駅前での署名活動。活動に参加していたのは全て老人だった。一番若い方でも65歳は超えていそうな風貌。「日本を戦争ができる国にしない」といった定番のフレーズが沢山書かれたプラカードやビブス(上に羽織るやつ)が嫌でも目立っていた。あの老人たちはつまりお昼の間ずっと署名集めをして拡声器で駅前の人々に訴えかけていたのだろう。そのすぐ10m先の駅施設内(私有地なのでそこでは署名活動はできない)ではセレクトスーパー・ガーデン自由が丘によるワインの無料試飲会が行われていた。

別に日本人だからといってW杯の日本代表戦を観戦しなければならないわけではない。やっと活気づいてきた駅前、穏やかな日曜日の昼下がりにワインの試飲を楽しむ人々と「日本が戦争をする国になっちゃうよ!」と恐怖を煽る老人たち。なんという対照的な光景だろう。あの老人たちが熱中症になっていないか心配だ。W杯のあの予選の間中、ずっと太陽の下で署名集め、高齢者たちの身体に負担がないわけがない。

集団的自衛権 「生きる権利をふみにじって何が首相だよ」(田中龍作ジャーナル)←こういう集会も行われていた。その記事の終わりに安倍政権に憤った落合恵子さんの言葉が掲載されている。「ここまで市民を無視し、ここまで市民を冒涜する内閣を私たちはかつて見たことがあったか?ここで怒らなければ市民ではない。生存権、人格権、自分を生きる権利を踏みにじって何が首相だよ」←こう述べている。なぜかこういう人々は「国民」でも「日本人」でもなく「市民」と表現することに違和感を感じる。首相の言動についてその影響を受ける人々の総称として「市民」とすることはおかしな表現だ。「国民」や「日本人」、はたまた「日本国民」などの表現を使えない事情があるかのようだ。ソース元の記事にこの発言をした落合恵子さん、大江健三郎さん、澤地久枝さんの集会参加時の近影写真が掲載されているのだが、生存権、人格権、自分を生きる権利を踏みにじられたと称するのにはいささか無理があると感じた。

4年に1回のW杯を楽しんで笑顔で街を闊歩する家族や友人たちがいる。やっと街にできたワインも沢山販売しているスーパーマーケットの試飲会を楽しむ人々もいる。猛暑の中、日本が戦争に突入するかのように叫び、首相に罵詈雑言を並べ立てる人々もいる。今の日本が戦争をしたがっていると非現実的な暗示を自分にかけて周囲を巻き込んでまで不安に怯える日々を過ごすよりも、実は普段は大してサッカーに興味が無くともW杯の時は試合を観戦して一喜一憂する日曜日を過ごす方が自分好みの生き方だ。日本は戦争をしない。W杯でワーワーギャーギャー!そんな平和な日本でいいじゃない。

拍手[23回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
へー生きる権利を踏みにじられてたのかー(棒)
じゃあ憲法九条を持たず集団的自衛権を保持する世界中の国々の市民は、みな自国政権に踏みにじられ無視され冒涜されているのかー、大変だなー(棒)
りょみpapa| | 2014/06/15(Sun)21:49:34| 編集
 カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]