忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今の日本では集団的自衛権を反対する人々が猛威を振るっている。街中でとんでもない大音響でデモを行い、官邸周辺でもドンチャン騒ぎ、焼身自殺未遂現場では誰も死んでいないのに献花がいくつもされ、日本語のおかしな反対運動まで展開される始末。



こういう独特な日本語の間違いに苦笑を禁じ得ない。なんだ結局のところ安倍政権の集団的自衛権容認を批判している集団ってのは日本人の為の日本を求めているわけではなく、他国が攻めやすい日本を望んでいるということだろう。それにしてもよくもここまで恥ずかしいチラシやポスターを作れるものだと呆れ果てる。とてもまともな大人の作ったものとは思えない低俗さと幼稚さを合わせ持つ異様なものだ。

野党だけではなく政権与党である自民党議員やOBたちからも集団的自衛権への批判は相次いでいる。そして冒頭から述べているように、なぜか国民や日本人とは自分たちを呼ばずにあくまでも市民であることに異様なこだわりを見せるデモ参加者たちがここのところまるで発狂状態だ。なんでも発狂という表現は放送禁止用語らしいのだがそういう言葉狩りを容認したとしても、デモの状態は発狂以外の適切な言葉が見当たらないほどだ。デモを近くで見て、その異常なまでのデモ参加者たちの興奮状態にはひいた。暴行容疑での逮捕者2名を出した特定秘密保護法案のときの国会前の大音響を伴う狂乱状態のデモにもひいたが、今回の官邸前などでのデモも主張していることがどんな内容であれ、聞く耳を持つ人々さえもドンびきさせるほどの狂乱状態はどうかしている。なにを叫んでいるのかも分からないほどの大音響並びに大興奮状態ではむしろこういう危険な人々が反対していること、もっと言えばこういう危険な人々が困ることなのだから、社会が平和に近づく良いことが進められているのだと思われても仕方がないことだ。主張の内容以前に先ずは他者に自分たちの言葉を聞いてもらうための節度というものがある。国会運営に支障をきたすような大音響デモや焼身自殺未遂現場を利用してのデモ宣伝などは言語道断だ。まともな大人のやることじゃない。

集団的自衛権を反対する人々が総じて言う言葉がある。まるで脅し文句のように日本が戦争に突入するかのように煽り、日本に徴兵制が復活するかのように大声で叫ぶのだ。大声で言えば現実になるわけではない。彼等は安倍政権がまるで軍事独裁政権のように例えるが、そんなことを言っている人々の誰も政府によって拘束も逮捕もされていないで毎日好きなだけ言論の自由を謳歌している。安倍政権が軍事政権とはまったく異なる平和的な政権である証明が日々の自分たちの自由なデモ運動によってなされているというのにデモ参加者たちはその現実からは目を背けて今日も荒唐無稽なことを叫ぶ。安倍総理への事実無根な誹謗中傷が言論の自由として許されるべきこととは思えないが、単に日本国の総理大臣は蚊トンボたちを相手にするほど暇ではないということだろう。

日本が戦争をするはずがないということを分かった上でそれでも集団的自衛権を反対する人々がいるということだ。つまりは日本が友好国、特にアメリカ合衆国からの信頼を損ねたほうがなんらかのメリットがある国に与する人々が反対しているということだ。現に中国と韓国は日本の集団的自衛権に反対している。それも猛烈な反対だ。日米同盟が強くなればなるほど自分たちの存在感が霞む国々が必死になっているということだ。国々とは言ったものの、いつものごとく、騒いでいるのは世界で中国と韓国の2国のみだ。日本と仲良くしたくて仕方がない北朝鮮ですら今回の日本の集団的自衛権容認は見なかったことにしたいようだ。なにしろ反対するもなにも世界中の主権国家が当たり前に持っている権利を日本がやっと行使しようという話なのだ。反対する方が無理がある。

日本人「日本が同盟軍の船に飛んでいくミサイルを落とせるときは落とせるようになったんだ。」

外国人「おい!今までそれができなかったのか!?」

↑中国と韓国がなんと騒ごうが世界の反応はこんなものだ。当たり前のことを当たり前にやろうとしているのになぜかデモ行進が起きているという摩訶不思議なことがこの日本では頻繁に起きる。しかもそのデモ行進を日本人が行っているのか?という問題まである始末。

反対派の思考がどうかしているのだ。集団的自衛権を政府が容認すると、なぜか日本が戦争に突入することになり、しかも徴兵制にまで至るというのだ。近代国家の戦争に於いて徴兵制なんぞは足枷にしかならない。今後の日本に徴兵制なんてあるわけがない。妄想での政権批判は左翼系活動家たちの恒例行事みたいなものだが少しは近代戦の基礎の基礎くらいは学んでから徴兵制を語るべきだ。そうすれば当ブログの管理人であり国内のどんな軍事評論家よりも軍事に精通している専門家が「徴兵制なんてあるわけがない」という理由をすぐに理解することができるはずだ。つまり徴兵制を持ち出して集団的自衛権を批判している者全てが近代戦の基礎の基礎も知らないで批判しているという無責任さということだ。そんな人々の言うことが信用できるだろうか?

集団的自衛権によって日本が危険に晒されるといったことは有り得ない。集団的自衛権を行為できない状態がこれ以上続けば日本が危険に晒されるということはある。つまり集団的自衛権を反対すればするほど日本は窮地に陥らせることができる、それが今までの日本だった。そんな日本のままで良いわけが無い。

拍手[41回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
>発狂以外の適切な言葉
・・・・『火病』ボソッ.....


>近代国家の戦争に於いて徴兵制なんぞは足枷にしかならない。


それ何て韓国?wwww


りょみpapa| | 2014/07/03(Thu)03:07:32| 編集
この日本…
うぁぁぁぁー!!ぎょぁぁぁぁー!!
世の中を…ぐぁぁぁぁぁー!!
変えたく、変えたくないんです!!
ひゃゃゃゃゃー!!中国、韓国の為にー!!
ぎゃぁぁぁぁー!!
日本人の問題じゃないんです!!
うゎぁぁぁぁぁー!!
中国、韓国の問題じゃないですか!!

怪しげな水飲み…
朱鷺| | 2014/07/03(Thu)07:03:59| 編集
あの会見もデモも、見ていて本当に気持ち悪かったです…

公共の電波に流さないで欲しいレベルの、見るに耐えない映像です。
ぴかぴか| | 2014/07/03(Thu)07:47:40| 編集
 カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]