忍者ブログ
| Admin | Write | Comment |
ブログを移転しました→ http://blog.livedoor.jp/marugoto_mijinko/ 今後は移転先でお会いしましょう。とっくに移転したブログに延々とコメントをつけても何も出ませんよ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

俳優ジョージ・クルーニー氏が「Je Suis Charlie(私はシャルリ)」と記載されたバッチを付けている姿をニュース映像で見た。驚いた。あれ程までにアフリカで起きている虐殺を食い止める為の活動に尽力している尊敬すべき人物でさえ、今起きているフランスで起きたテロへの抗議活動に(言葉は良くないかもしれないが)流されているということに驚いた。テロへの抗議は理解できる。イスラム過激派への怒りも人として当然だろう。しかしながら、テロを憎む人々が自分たちもシャルリだ、即ちシャルリー・エブド誌だと称する活動の広がりは止めるべきだ。

長年、当ブログをご覧の方々は勿論のこと、先日、当ブログに掲載したシャルリー・エブド誌の風刺画について率直な意見を述べた記事をご覧になった方々ならば、なぜに当ブログの管理人が「私はシャルリ」という言葉に敏感になり、またその表現が適切とは思えないことがご理解いただけることだろう。預言者ムハンマドを誌面で描くだけでも偶像崇拝を禁じているイスラム教への冒涜であるにも関わらず、あろうことかムハンハドを侮辱するイラストを数々掲載してきたのがシャルリー・エブド誌なのだ。先日の記事では風刺画と称すればどんな侮辱行為も許されるとは思えない気持ちを綴った。なにもシャルリー・エブド誌の(当ブログは風刺画とは考えていないが)風刺画に抗議していたのはイスラム過激派だけではなく、各国のイスラム教の指導者たちもムハンマドを侮辱するイラストの掲載を止めるように求めており、同誌がイスラム教徒への誤解を広め、差別が広がることを懸念していた。表現の自由だとか言論の自由だとか、そういった自由の理念を歪曲させて自分勝手な自由を作り出し、またその勝手な自由を振りかざして他者を延々と侮辱する行為をシャルリー・エブド誌はずっと続けて来たのだ。

先日の記事では、2点の風刺画(?)を掲載した。2点ともシャルリー・エブド誌に関連するものだ。シャルリー・エブド誌が再三再四に渡って掲載し続けた預言者ムハンマドを侮辱するイラストは取り上げなかった。理由は二つ。偶像崇拝を禁じているイスラム教への敬意を優先するべきだと考えたことと、シャルリー・エブド誌の一連のイラストが余りにも下品で酷いからだ。福島原発事故についての酷い風刺画(?)を掲載した理由は、当ブログをご覧の大多数である日本人ならばシャルリー・エブド誌でも描いていた風刺画家の他者の心を傷つけるやり方を理解しやすいと考えた。(掲載誌は異なるが同じ風刺画家が描いた)相撲取りが腕や足が3本に描かれている絵をどう捉えるのか、日本人とフランス人編集者たちとでは全く異なるのだ。もっと言えばあの絵でいかに日本人が傷つけられたのかをフランス人編集者たちは理解していない。そして故マイケル・ジャクソンが亡くなった直後の風刺画(?)も紹介した。当時、多くが白人編集者と白人風刺画家で占められるシャルリー・エブド誌編集部から、あんな「やっと白くなれたね」などという皮肉とイラストが生み出されたことに人種差別を感じたものだ。あんな差別的かつ故人を侮辱するイラストが風刺画と認められること、表現の自由というやつに含まれるなんてことはおかしい。表現の自由、言論の自由、報道の自由・・・・自由、自由とナントカの自由を振りかざせば故人を尊厳を傷つけて良いなんて自由は間違っている。

殺害されたシャルリー・エブド誌のステファン・シャルボニエ編集長は「ひざまずくより、立って死ぬ」と公言していた。言っていることは一見カッコイイのだが、事件が起きる前から「散々イスラム教を侮辱し続けておいて何を言っているのだ?」というのが当ブログの率直な感想だった。まるで何か正義の為に戦っているかのように語っていた編集長だったが、やっていたことは預言者ムハンマドを侮辱した下劣なイラストを何年間も再三再四に渡っての猛抗議を無視しての掲載だ。死ぬ時にひざまずくとか立っているとかいう問題ではなくて、イスラム教徒たちはイヤガラセを止めて欲しかったに過ぎない。子供の頃より親よりも大切にしろと教わった預言者ムハンマドが同誌では延々と侮辱されてきたのだ。それを止めるという行為にひざまずくも立っているも無いというものだ。また、この編集長はそういったイラスト掲載を止めない理由として他の宗教からは抗議が来ていないとしていた。これは嘘だ。正確には同誌の他の宗教とイスラム教との扱いは明らかに異なっていたのだから、他の宗教からの抗議の数の差異で語ることはアンフェアだ。同誌はイスラム教を集中攻撃しており、他の宗教はほとんど眼中になかったことは過去数年の誌面を見れば明らかだ。現に福島原発事故に絡めて日本を描いたイラストでは防護服姿のキャラクターたちが描かれており、宗教ではないが日本人には不愉快でしかないものがあった。前述のマイケル・ジャクソンのイラストなんて抗議以前の問題だろう。この編集長は「自分には妻子がいない」と称して恐れるものはないとしていた。そういう問題だっただろうか?言論の自由を阻もうとする敵と闘う編集長というイメージ作りをしていたようだが、いかんせん問題の本質は「侮辱的なイラスト掲載を止めてくれ」と言われ続けていたに過ぎない。妻子がいないから何だというのか?妻子がおらずとも家族がおらずとも多くの犠牲は出たじゃないか!もっとこの編集長に他者の気持ちを酌むことができればという思いがどうしても強い。

「私はシャルリ」でみんな納得なのだろうか?シャルリー・エブド誌のやってきたことが本当に正しいことだっただろうか?むしろ同誌はイスラムへの偏見を助長していた。預言者ムハンマドを事あるごとに侮辱していたことの根底にはイスラムへの差別があるのだと常々感じていた。フランスには各国首脳たちが集い、370万人ものデモがあった。あんな大規模なデモは見たことがない。しかし、あれは平和的なデモだろうか?当ブログの管理人は、あの大規模なデモがイスラム教徒には恐ろしい攻撃の始まりのように映ったのではないかと心配で仕方がない。ましてや「私はシャルリ」では、イスラムとの溝を深め、そして対立を激化させるだけだ。イスラム教を侮辱し続けた週刊誌に皆がなるというのか?そんな馬鹿な選択をするべきじゃない。テロが憎く恐ろしいからといって「私はシャルリ」などという愚かな流れに身を委ねるべきではない。

今10歳の子が20歳になるまでには10年もある。大人たち、すなわち社会がイスラム教徒との対立を煽るのではなく辛抱強くお互いを理解し認め合うことが自然な土壌を作っていくことがテロを防ぐ最善策だ。「表現の自由を守れ!」などと称してシャルリー・エブド誌が今までやってきたことを肯定するような流れを作るべきではない。確かにシャルリー・エブド誌はイスラム教を侮辱してきたのだ。デモ参加者たちも、テロを起こされたからといって開き直るのではなく、事実は事実として認めるべきだ。その上でイスラム教徒を含めた世界全体でテロが起きる状況を根絶する対策を考え取り組むべきだ。本来はその対策はもう分かり切っていることなのだ。テロ対策は教育だ。前述のとおり「(大人になるまで)10年もある」、そんな10歳の子に勉強する機会を与え、将来はその学力や志向性に応じた仕事に就ける社会を用意しておくことだ。勉強していくことでイスラム過激派の主張の矛盾を見抜き、欧米諸国の理不尽な要求が理不尽であるということを理解できるようになる。ズルい大人たちにとってはやり難くなるだろうが、勉強を積み重ねて嘘を見抜けるようになったイスラムの若者たちがテロの無い社会の構築に貢献してくれることだろう。

「私はシャルリ」なんて言っちゃ駄目だ。それはイスラムとの対立しか生み出さない。「シャルリも間違っていたがテロでは何も解決しない」、これがテロを憎む世界の人々が言うべきことだ。

拍手[56回]

PR
この記事にコメントする
name
title
color
mail
URL
comment
pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
secret (チェックを入れると管理人だけに表示できます)
無題
私も、あのジョージ・クルーニーの言動をニュースで見たとき、え?と思いました。

いかなる言論に対する抗議も、暴力をもってはするのは許されない、というべきなのは建前として認めざるを得ないのですが。。。

こういう時、このブログを見ていてよかったとつくづく思います。
hectickep| | 2015/01/13(Tue)07:49:35| 編集
暴力の連鎖
『私もシャルリ 』と言われたら、イスラム過激派としてはシャルリ本人と同じ様に遇せざるを得ず、結果としてイスラムに対する挑発、テロの誘発にしかなってないんじゃないかと。ミジンコさんが記事に書かれたことは当然至極で理にも情にも適ったものだ、と、フランスにもイスラムにも直接的な関わりのない第3者的立場からみるとそう思うのですが、そういう意見はフランスのジャーナリズム界、言論界からは出てきてないのでしょうか?「表現の自由 」を標榜するフランスでなら死者に鞭打つ異論でも許されると思うのですが。
りょみpapa| | 2015/01/13(Tue)08:09:28| 編集
 カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
 ブログ内検索

 今月のイチオシ
上手く育てられれば120kg超の巨大かぼちゃを収獲できます。なんと518円で2粒の種!頑張って育てれば120kg×2=240kg分のかぼちゃとなる可能性が!お得!

超巨大かぼちゃ 2粒
Luckyseed


 プロフィール
HN:
ミジンコ
性別:
男性
職業:
戦闘訓練を受けた経営者
趣味:
余裕をかましている悪党をギャフンと言わせること。
自己紹介:
詳しくはプロフィールをご覧くだされ。
 わらび☆かんがるー子


 契約戦隊     ハケンジャー


 バーコード
 英語学習教材
アルクの教材はTOEIC対策の過去の蓄積からいっても実践的です。価格も安く他の高価なのに効果は疑問な教材よりもずっと役立ちますよ。高い教材を買うくらいならばアルクの教材で段階的にステップアップしていった方がコストがそれほどかからずにスキルアップが望めます。特に就活前の学生さんたちによく質問されます。「TOEICを受けておいた方がいいですか?」と。企業に就職しようとしていて、受ける・受けないで迷っているなんて時点でどうかしています。TOEICは大学1年で受けておき自分の実力を知り、そこから就活前の3年間で自分のスコアに合った対策を立ててできるだけスコアを上げておく、この位の意識じゃないと。


キクタンTOEIC(R)
Test Score 600 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 800 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



キクタンTOEIC(R)
Test Score 990 例文音声
【英単語+例文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]



起きてから寝るまで英語表現700
オフィス編 完全改訂版
【英文テキスト付】
(アルク) [ダウンロード]


レベルごとに1~4まであります。3くらいからTOEICの勉強らしくなっていきます。電車の中で毎日読むだけでスコアが確実にUPするはずです。

究極の英単語
Standard Vocabulary List
[上級の3000語] Vol.3
[単行本(ソフトカバー)]
 アーカイブ
 最新コメント
[06/02 Rachel]
[05/31 管理人さんお大事に]
[05/28 Z竹]
[05/28 MAX]
[05/28 Z竹さん、自己紹介ですか?]
[05/27 Z竹]
[05/23 エンタ]
[05/23 シャレ?]
[05/12 T2]
[04/27 Benjamin2015]
 最近の注目記事
Copyright ©   【移転しました】時代をちょっとだけ斬る!   All Rights Reserved
Illustrated by わらび☆かんがるー子 Design by MMIT / TemplateB3  Powered by 忍者ブログ
忍者ブログ [PR]